トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の18件の記事

2006年3月30日 (木)

【時習26回 3-7の会 0017】【同窓会開催に向けてのアンケート調査その3~未到着分およびその4】

■今泉悟です。申し訳ありません。【再々送】も文章が途中で切れてしまっています。現状、不具合の理由はわかりません。

■従いまして、今回、【0017】号として、掲題にあるとおり、【アンケート調査その3~未到着文およびその4】としてお送りします。なお、【その3~未到着分】については、「時習26回 3-7の会」ブログにすでに掲載されているものの原本ですので内容は同じです。ご迷惑をお掛け致しております。

* * * * * * * *

【同窓会開催に向けてのアンケート調査その3~未到着分】(略)

* * * * * * * *

【同窓会開催に向けてのアンケート調査その4】

■昨日から今日にかけて太田○宏君と伊東○弘君から返信mailが、そして渡辺○○子さんからe-mailが届きましたのでご紹介致します。

太田○宏君  ①9~12月 ②東京都 ③(-) 

伊東○弘君 ①特に希望はありません(今泉注:ということはいつでもOKということですね) ②豊橋市 ③メール(今泉注:伊東君のPC mail boxがいっぱいでエラーで返却されてしまっていることについて)の件では失礼しました。元気ですが、毎日、仕事に、子供の関係に忙しくしております。

渡辺○○子さん ①5~7 or 9~12月(うちは、お盆とお正月の休みがはっきり決まって無い仕事ですので、2,4は難しいです。) ②横浜市(場所は東京より横浜のほうが近いからいいですね。でもこれって、豊橋と東京2箇所でやるって事?(←今泉注:「そうですよ!」) 横浜には土方さんが居るから心強いけどね。)□■□(今泉注:渡辺さんからは従前にmailでアンケートの返事を頂戴していますので、その時のものをご紹介するとともに、昨日2~3回送信した【0016】号の不具合についてお尋ねがありました際のコメントも併せてご紹介させて頂きます。心強いエールを頂戴し大変嬉しく思います。それでは、渡辺さんのコメントです→)□次々に返事が返ってきて嬉しいですね。 私はメールでアンケート出したから良いか、なんてのんびりと皆さんの返事を興味深く読んでます。 今回のお便りですが下記の文で終わってます。うちのパソコンのせい?それともそちらのトラブル? 先日の土曜日、大学のクラス会がありました。 未だかつてない出席率でした。 皆さん子どもに手が掛からなくなり、自分の時間が持てるようになったんでしょうね。 うちも上二人は社会人、末っ子は大学生。 私はコーラス、ジム通いと好き勝手なことをして毎日過ごしてます。 始めた頃より手応え出てきたね。 悟君が定期的に頑張ってまとめてくれてるお陰です。3年の時はまとまらなかったけど、この歳になってまとまったら凄いね。頑張ろ=E (今泉注:e-mailありがとう。でも、はがきも出してネッ。)(了)

2006年3月28日 (火)

【時習26回 3-7の会 0016】【同窓会開催に向けてのアンケート調査その3】

■今泉悟です。【時習26回 3-7の会 0016】をお送りします。■今日も昨日に引き続きアンケート調査の途中経過をご報告致します。市川○○郎君、犬飼(石田)○子さん、牧原(金子)○○子さん、守田○洋君、以上4名の方からです。これで累計8件のはがき回収となりました。小生、3月期末月末近くで仕事が結構忙しいのですが、みんなの便りを見ると元気が沸き、疲れや眠気が吹き飛びます。きっとα波が身体中(実際は頭から)から出ているのでしょう。これから4名の方々のアンケート結果をご紹介します。まだ、はがきを出していない方、是非ご参考になさってください。なお、金子○○子さんだけmail addressがありません。「3-7」ブログを見て頂けたかなぁ? ■それでは、ご紹介致します。【同窓会開催に向けてのアンケート調査】■市川○○郎君 ①同窓会開催時期:8月お盆の1日&正月の1日 ②同窓会開催場所:豊橋市 ③近況等:幹事役よろしくお願いします。私に手伝うことがあればやれることならやりますよ。鈴木○司君も出たいと言っていました。(今泉:市川君ありがとう。お手伝いをお願いするかもしれません。その時は宜しく。貴君とは時習館1年4組時代からの朋友でしたね。) ■犬飼(石田)○子さん ①お正月は無理かも知れません(今泉注:ということは、正月以外は良いということのようです)。②豊橋市 ③平々凡々たる生活を送っています。点訳で唯一頭に刺激を与えている状況です。そして、水泳でストレス解消です。(今泉注:先日の峯田君と石田さんとのミニミニ同窓会の中でのお話~ 水泳は週3~4回、一回あたり500m以上は泳ぐそうです。美容と健康に水泳は大変いいそうです。また、最近、オペラに嵌っているそうで、昨年10月16日には浜松アクトシティで小澤征爾指揮のロッシーニ作曲「セビリャの理髪師」を見たそうです(これは小生も見ました。当日は知らなかったけれど、一緒のコンサートホールにいたのですね)。そして、今度は7月に同じ会場でベルリーニ作曲「ノルマ」を観に行かれるそうです。)  ■牧原(金子)○○子さん ①正月の1日 ②豊橋市 ③長女は昨年6月結婚。次女は、昨年ANAに就職(今泉注:小生も平成12年7月~平成14年6月までの2年間、名古屋市金山にあるANAの関係会社「全日空ホテルズ・ホテルグランコート名古屋」に出向していました。全日空は今年の大学生就職人気№1企業ですね。)。三女も東京で就職して、只今、二人でのんびり喫茶店を営んでおります。(今泉:金子真理子さんは、豊城中学校からの同窓。中学のブラスバンドで暫く一緒でしたね。金子さんはフルート、小生は下手なクラリネット。中学2年の時、「ドナウ河のさざなみ」を演奏したこと覚えています。)  ■守田○洋君 ①8月お盆の1日& 9~12月 & 正月の1日 ②豊橋市 ③(-) (今泉:守田君とは八町小学校、豊城中学校からの同窓です。時習館高校では弓道部で一緒でしたね。小生は途中で退部してしまいましたが、守田君は確か弓道部のキャプテンとして活躍されましたネ。)

【後記】■昨日のアンケートの中、金子○久君からのはがきでお父さん、お母さんが大変だとか。ほんと、大切になさって下さい。一日も早いご快癒を心よりお祈り致しております。小生は一昨年秋、残念ながら母を亡くしましたが、最後の1か月の看病の中での1週間、豊橋市民病院で添い寝をしてあげられたことを親不孝な自分なりに「良かったナ」と納得させています。 ■昨日に引き続き、美空ひばりの二曲目「愛燦燦」をご紹介します。作詞・作曲は小椋佳です。 □■□ 雨 濽々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして 人は哀しい 哀しいものですね それでも過去たちは 優しく睫毛に憩う 人生って不思議なものですね(以下略)(了)

2006年3月27日 (月)

【時習26回 3-7の会 0015】【同窓会開催に向けてのアンケート調査その2】

■今泉悟です。【時習26回 3-7の会 0015】をお送りします。■今日は、中山○敬君からのmailを紹介致します。返事が来ないと思っていたら「タイ国」に海外赴任していたのですネ。321日に帰国・帰省され返信mailをくれました。とっても嬉しいです。中山君、ありがとう。今度クラス会であったときはタイ語でスピーチして貰いましょう! 彼からのホンネのmail全文を紹介します。 ■また、アンケート調査も今日までに累計4通のはがきを回収できました。概要を中山君のmailの後にご紹介させて頂きます。

■それでは、中山君からのmailをご紹介致します。

□■□■ Subject: 中山です( March 26, 2006 11:28 PM )   □今泉君 中山です。3/21日本への出張で自宅に寄った折、貴君からの手紙を拝見しました。正直なところ、最初は「また何かイベントでもやるのかな、本当に時習館というのは大袈裟な高校だな」と思いましたが、手紙を読み、3-7の仲間どうしの会と分かると懐かしさも手伝い、こうしてメールを書く気になりました。50歳にもなると、過去を振り返ることが多くなっているように感じます。  □さて、貴君の手紙に小生宛のメールが届かなかったとありましたが、理由はメールアドレスが間違っていたからです。きっと、小生が出したはがきの字が汚くて名簿作成の人が間違えたのでしょう。ただし、今は正しいアドレスでも届きませんが。  □それでは久し振りなので、近況を報告します。名簿作成の頃は30年振りに故郷に戻り、当社の新城工場に勤務していました。2年半勤務したところで、昨年10月にバンコクにある関係会社に出向してきました。新城工場は三相誘導電動機(モータ)を作っており、今の会社は10年前からモータをOEM供給しています。そんな関係でこちらに来ました。ちなみに単身赴任です。新城も単身赴任でした。仕事はタイ人相手で、必ずしも順風満帆とは行きませんが、生活はそれなりにエンジョイしています。タイは日本人に対する評価が高く、日本食の店も多くあり、総じて暮らしやすい国です。  □休日はやはりゴルフをすることが多いのですが、顔の色が変わってくる割にはスコアが変わらず、悔しい思いをしています。また、今週からはタイ語の勉強を始める予定です。タイに来る前に1週間研修を受けたのですが、こちらに来て普段は通訳がいるので殆ど忘れてしまいました。  □長々と書いてしまいました。今回のことであらためて思ったのは、高校の頃は大学を出たら地元に就職して新城で暮す、とぼんやりと思っていたけれど、こんなふうになるとは・・・ □それでは、皆さんによろしく  

【同窓会開催に向けてのアンケート調査】□千賀○始君 ①同窓会開催時期:5~7月 ②同窓会開催場所:豊橋市 ③近況等:第1・2土曜日はいろいろと仕事で忙しいので、それ以外が希望。土曜日の方が都合が良いかなー。 □鈴木○司君 ①8月お盆の1日 or 正月の1日 ②豊橋市 ③会社を2000年でリタイヤし、自宅でかって気ままにすごしています。  □金子○久君 ①5~7月、9~12月 ②豊橋市 ③(~略~)の予定で、今年はいろいろなことがありそうです。  □二橋○彦君 ①9~12月 ②横浜市 ③(―)

【後記】■最近歳をとったのか、美空ひばりの曲が結構いいなと思うようになった・・。なかでも「川の流れのように」と「愛燦燦」はフォーク調でス~ッと耳に入り込んで来る。歌詞もまたいい。今日はまず「川の流れのように」をご紹介します。あまりに有名な曲なので「そんなことしなくたっていいよ」という声が聞こえてきそうですが、まぁ、我慢して聞いてやってください。  □■□ 知らず知らず歩いて来た 細く長いこの道 振り返れば遥か遠く 故郷(ふるさと)が見える でこぼこ道や曲がりくねった道 地図さえない それもまた人生 あぁ 川の流れのようにゆるやかに いくつも時代は過ぎて あぁ 川の流れのように とめどなく空が黄昏に染まるだけ □ 生きることは旅すること 終わりのないこの道 愛する人 そばに連れて夢探しながら 雨に降られて ぬかるんだ道でも いつかはまた晴れる日が来るから あぁ 川の流れのようにおだやかに この身をまかせていたい あぁ 川の流れのように移りゆく 季節 雪解けを待ちながら ・(中略)・ いつまでも青いせせらぎを 聞きながら (了)

2006年3月25日 (土)

【時習26回 3-7の会 0014】【同窓会開催に向けてのアンケート調査その1】

■今泉悟です。東京ではもう桜の開花宣言が出たそうです。二十四節気でいう春分(今年は3月21日)から清明(同4月5日)にかけては、梅・桃・桜をはじめ種々の花木や、菜の花、最近はめっきり見なくなった蓮華草等の春を彩る草花が今を盛りと競い合って咲く、一年の中でも心が爽快になる大変いい時期ですね。 ■今日、掲題の【同窓会アンケート調査】の第1陣が到着しました。鈴木○司君と千賀○始君からです。お二人ともe-mail addressを教えてくれましたので、今回【0014】から宛先に加えさせて頂きました。一方、伊庭○○子さんと藤川○勇君が「宛所不明」で帰って来てしまいました。藤川君の現住所は小生心当たりがありますので何とかなりますが、伊庭さんは、卒業30周年記念名簿記載の住所(豊橋市柱六番町)には住まわれていないことが判明しました。ご存知の方があれば教えてください。はがきを出し直したいと思います。 ■「3-7の会」ブログはここ→ URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/ ← をクリックしてみて下さい。【後記】小生の勤務地渥美半島も、風こそ強いですが、それが止むと、ホワ~ッと暖かくなります。菜の花畑は(添付写真にあるように二月にはすでに)満開ですし、昨日昇った蔵王山頂からは春霞で霞んだ三河湾や太平洋が眺望でき、何とも言えぬ趣ある春の風景です。昨年10月01日、蔵王山頂にフランス料理レストラン「ル・ムーラン・ブラン(Le Moulin-Blanc)」がオープンしました。蔵王山頂にある「白い風車(添付ファイルのzaou1.2.3ご参照)」という意味ですが、パリ(Paris)・モンマルトル(Montmartre)の「ムーラン・ルージュ(Moulin-Rouge)(赤い風車)」を捩(もじ)ったネーミングですネ。夜景の眺望は大変素晴らしく味もまずまずでした。お近の方は一度お立ち寄り下さい( http://www.aichima.net/drive/atsumi/05/index.html )。(了)

2006年3月22日 (水)

【時習26回 3-7の会 0013】【①朗報:竹内○也君と二橋○彦君からの便りが届きました! ②3-7クラスメイト全員に同窓会アンケート調査の往復はがきを出状しました!!】

◎今泉悟です。【0013】を配信します。今日は、掲題のとおり朗報をまずお届けします。□□□最初は竹内○也君からのmailです。19日の杉浦○○子さんを囲んだミニ同窓会で再会。E-mail addressを聞き、今回から皆さんとの仲間入りです。これからも宜しく!

今泉悟君  申し訳なかった。昨日メール出した後に気づいたんですが、添付の写真のサイズが大きいままだったので左端の人しか見ずにうっかり勘違いしてしまいました。

竹内 ○也  Wednesday, March 22, 2006 1:01 AM

Tuesday, March 21, 2006 8:51 PM □優勝しちゃいましたね ~ 今泉悟君へ ■日曜はお疲れ様でした。(筆者注:杉浦○○子さんを囲んでのミニ同窓会の)写真早速送っていただきありがとう。 でも私に関係のない写真ばかりだったけど、これは適当に3枚送っているわけですか? 今日はWBCの決勝で予想外にも優勝しましたが、見てました? WBCのやりかたなどに疑問があったし、1次予選の頃はあまり気にしてなかったのですが、2次予選からは夢中になって見てしまいました。

■(上記のmailに対する小生の返信mail → )■mailをありがとう。これから【時習26回 3-7の会0013】号以下、毎回送信させて頂きます。□WBCは残念ながら見られませんでしたが、ニュースで見ました。感動ものですね。イチローがあんなに興奮していたのは見たことがありません。それほど感動的でした。それにしても王監督は立派ですね。彼の言動はいちいち頷けるんだな。ほんと、人格者だ。日本のONはやはり飛びぬけて素晴らしい。彼らに続くのは松井くらいかな。□今後とも宜しく。明日、【時習26回 3-7の会】アンケートの葉書を出状します。この件も宜しく。 以上

□□□次は、二橋保彦君からのmailです。

今泉殿  ■葉書ありごとう。 ご苦労様です。 時々貴兄のmailは拝見しておりますが、小生ほとんどそちらに行く予定もなく。 不精しておりました。機会ありますれば是非遊んでやって下さい。 取敢えず第一信です。  二橋

◎続いて、【3-7クラスメイト全員にアンケート往復はがき本日出状しました!】の件です。PCをお持ちのこのmailをご覧になっている方々には重複するアンケート調査ですが、まだ、連絡がとれていないクラスメイトおよびPC先でもまだお返事を頂戴していない方々から貴重なご意見をはがきでお返事を頂戴したいと考えた次第です。ぜひともご協力下さい。

【後記】曽野綾子「『いい人』をやめると楽になる」から ~ □□確かに人生では、脅しがきくことがないではありません。しかしそれよりもっときくのは、自分が見守られている、支持されているという実感です。友達も親も兄弟も自分を信じて期待して待っていてくれる、と思う時、さぼっていた心も奮起するのです(「聖書の中の友情論」)。 (小生、曽野綾子さんのこの言葉を大切にこの「時習26回 3-7の会」をクラスメイトから支持されるものにして続けて行きたいと思います。)(了)

2006年3月21日 (火)

【時習26回 3-7の会 0012】【朗報 : クラスメイトの声がさらに2つ! & 『時習26回 3-7の会』ミニミニ同窓会 & ○○千鶴子さんを囲んで時習26回ミニ同窓会 開催報告】

Subject: FW: 【時習26回 3-7の会 0012】【朗報 : クラスメイトの声がさらに2つ! & 『時習26回 3-7の会』ミニミニ同窓会 & ○○千鶴子さんを囲んで時習26回ミニ同窓会 開催報告】

■今日は、ほんと、嬉しいお知らせと行事の報告があります。  ■先週末の18日から昨日19日の二日間は目まぐるしく、むちゃくちゃ楽しいひと時でした。  ■というのは、①18日に市川○○郎君と犬飼(石田)○子さん、から返信mailが届いたこと。  ■19日は、②予定どおり峯田君と再会できたのに加え、③昨日連絡のあった犬飼○子さんと3人で浜松アクトシティ桃花林で何十年振りかの再会を果たしたこと。  ■同じく19日は、ミニミニ同窓会の後、小生は、④旧3-10○○千鶴子さんを囲んで、時習26回生のミニ同窓会に参加できたこと。さらに、ここで、⑤旧3-7では竹内○也君に再会できました。近々彼からmailを貰う予定です。■また、峯田君が旧3-7では石田○博君と田中○直君に連絡をしてくれると言ってくれましたし、○子さんからは林○子さんに連絡を取ってくれました。  ■それでは、18に市川君と犬飼(石田)さんから頂戴したmailをご覧下さい。それから、添付資料に峯田君、犬飼(石田)○子さん、小生(今泉)のスナップ写真(操作を間違えてオートがマニュアルとなっていたためボケてしまいました、ゴメン)及び、昨日の千鶴子さんを囲む時習26回生25名のスナップを添付します。  ■それでは、市川君からご紹介します。From: 市川○○郎 ご無沙汰しています。幹事役ご苦労様です。メールアドレスの件ごめんなさい。3月はじめに1枚目のはがきが届いてその日に返信したのですが届いてなかったようですね。また葉書をもらったのでおかしいと思い調べました。すると自分の携帯にもメールが届かないではありませんか。Outlookの送信済みトレイに入っておりエラー表示もないので大丈夫と思い込んでいました。実は今年になってからパソコンを買い換えてメール設定も自分のPCのアドレスに送ってちゃんと戻ってきたので大丈夫と思い込んでました。メーカーの宣伝の受信メールは毎日のように入ってくるのでよもや送信ができないなんて思ってもいませんでした。自分のPCからはメールをほとんど送らないので気がつきませんでした。こんなこともあるのですね。Outolookをもう一度設定しなおして自分の携帯にも受信できましたので今度は大丈夫だと思います。最初にもらった葉書のアドレスは以前のPCのそれも最初のプロバイダーのものでしてもう何年もまえに別のプロバイダーに替えていました。大変失礼しました。これからもよろしくお願いします。 ■次に犬飼(石田)○子さんからのmailです。 From: 犬飼 ○子 [mailto:reiko****@yahoo.co.jp] Sent: Saturday, March 18, 2006 12:09 PMTo:今泉悟 Subject: 連絡遅くなりました   ■こんにちわ。犬飼(石田)○子です。 葉書をいただいて本当に驚きました。 毎日、メールを確認しているのですが、全く気づきませんでした。ごめんなさい。 最近迷惑メールが多く、迷惑メールに振り分けられたものは、ほとんど確認もしないで削除していたので、たぶんその中に入っていたものと思われます。   ■プログをざっとですが、読ませていただきました。 高校時代の友人とは今、連絡を取っていないのですが、何人かの顔を懐かしく思い出しました。ところで、明日3/19、浜松で峯田君(眼鏡をかけてたかな?)と会うのなら私も参加していいかしら? 浜松駅なら家から30分で行くことができますので。もしお邪魔でなかったなら。連絡先は、090-3956-****です。なお、夫は峯田君の名前もよく知っているようです。梶村君は同じ消化器内科なので何回も話をしたこともあり、高校の同窓生だと知って驚いていました。From: 犬飼 ○子 [mailto:reiko****@yahoo.co.jp] Sent: Monday, March 20, 2006 10:39 PM To:今泉悟 Subject: ありがとうございました。   ■昨日は、突然の申し出にもかかわらず、快くお仲間に入れていただき、ありがとうございました。ご馳走様でした。峯田君にもよろしくお伝え下さい。   ■懐かしい名前が次から次へと飛び交い、久し振りに高校時代を思い出し、楽しい一時を過ごすことができました。早速、昨晩、林○子さんに報告がてら長電話をしてしまいました。恭子さんにも久しく会ってなかったのですが、近いうちに浜松で会う約束をしました。これも今泉君のおかげですね。残念ながらパソコンは使っていないそうです。では、まずはお礼まで。(了)

2006年3月15日 (水)

【時習26回 3-7の会 0011】【朗報 : クラスメイトの声がさらに1つ! & 『時習26回 3-7の会』ブログをつくりました!!】

■今泉悟です。【0011】号を取り急ぎ配信します。先週末、菰田○己君から嬉しいmailが届きましたのでご紹介致します。何度mailしてもエラーで戻って来てしまっていたので、そうした数名の方宛に先日葉書を出状してお願いしたところ、先々週辺りより金子君、山田君、そして今回の菰田君と次々に返信mailが到着した次第です。みんな誠実な方ばかりで感謝いたしております。ますます「3-7の会」を盛り上げて行きたいと強く感じました。(_)/ 金子君の場合は、mail addressの一部表記がハイフンとアンダーバーの違いで届かなかった訳ですが、菰田君の場合は彼の自宅のPCが不調であったことが判りました。これ等のエラーは「想定内」のものでしたけれど・・。

■今度の日曜日の19日の昼、峯田君とクラス会打合せの件で会う予定です。 彼ともう何十年会っていないかナ。懐かしさがこみ上げてきます。

■それから、今回、『時習26回 3-7の会』ブログをつくりました。一度ご覧下さい。

ここ→ URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/ ← をクリックしてみて下さい。これまでの【時習26回 3-7の会】のバックナンバーが立ち上げから今回の【0011】分まで掲載してあります。3月8日、12日、13日、そして今日とに分けて載せました。個人情報保護の観点から固有名詞は一部を省略してありますが、関係者にはわかる程度の省略としました。

■それでは、菰田君からのmailです。

□菰田です。   

□まことに申し訳けありません。現在自宅のパソコンが不調で現在メール受信ができておりません。 直すまでは会社の方で結構ですのでメールください。
****************************************
株式会社D社 ITS製造部○○○理2課  菰田 ○己  
TEL: 0***-73-86** FAX: 0***-73-29**    Mail: kazumi_komoda@*****.co.jp
****************************************
□尚、自宅のメールアドレスも変更予定です。 使えるようになりましたら連絡いたします。

■峯田君からのmailです。

■今泉君  ■ご苦労様です.  ■19日(日)の日中なら都合がつきます。 19日に昼食でもたべながら話しませんか。 私の携帯です。090-5456-○○○○ 時間を教えてくれれば(筆者注:浜松)駅改札でまってます。おそらく顔をみればお互いわかると思いますが、わたしはだいぶ髪が白いです。 楽しみにしています。  峯田

■【後記】曽野綾子「『いい人』をやめると楽になる」から・・。

□人間は辛いことがあっても、楽しいことがあれば、みごとに心を切り換えて生きて行くことができる。付き合いの世界が拡がれば、特定の人の「毒」を強く感じずに済む。自分の運命を客観的に見ることもできるようになるし、自分を傷(いた)目つける人に対しても自然に寛容になる。~「神さま、それをお望みですか」より~ (了)

2006年3月13日 (月)

【時習26回 3-7の会 0010】バックナンバー

Subject: 【時習26回 3-7の会 0010】【朗報 : クラスメイトの声がまた2つ!!!】

■今泉悟です。【0010】号は今週末に出状しようと思っていたのですが、先週末から今日にかけて山田○義君と金子○久君から嬉しいmailが届きましたので早速ご紹介致します。  ■峯田君、クラス会打合せの件、もう少し待っていて下さいネ。小生自体が3月に入り期末月ということで多忙になり、mail作成が覚束無くなってしまっています。時間を見つけ連絡を入れさせて頂きます。 ■東京方面の皆さん、そちらの方面での開催も真剣に考えていますので、協力して下さい。出かけて行きますよ。小生自身、東京に6年( ~ 世田谷区給田および杉並区下高井戸、新宿区新小川町)、埼玉都民(狭山市)3年、仙台市4年、関東以北に通算13年居住していましたので、東京方面は第2の故郷として愛着があります。ただ、クラス会の日程等はまだ全く白紙の状態ですから、先日、出状させて頂いたアンケートにお答え頂ければ幸甚です。今後の参考とさせて頂きます。引き続きいろいろとご意見下さい。 ■それでは、お待たせしました。金子君と山田君のmailです。ご覧下さい(金子君、山田君、ご紹介させて頂くことをご了解下さいネッ)。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   * 

 To: 今泉 悟  Subject: 時習館 第263-7金子です  

■今泉様  ■ご無沙汰いたしております。貴兄からはがきをいただいた先週は雑用でゴタゴタしており、連絡が遅れてしまいました。申し訳ありません。  ■さて、同級会の立上げにご尽力いただいているようで、ありがとうございます。同級会の立上げには賛同いたします。貧乏暇無し状態ですのであまり役には立てないと思いますが、お手伝い出来そうなことがあれば言ってください。 ■メールアドレスの件ですが、今回送信させていただきましたこのアドレスで再トライしてください。「アンダーバー」と「ハイフォン」の違いではないかと思います。会社での業務上のアドレスですが、出勤時は必ずメールチェックしますので、連絡用としては確実です。自宅のアドレスは女房と兼用ですし、毎日はチェックしていないので見落とす可能性があります。参考までに自宅のアドレスも下記いたしますが、メインは会社のアドレスへご連絡願います。  ■自宅メールアドレス: (省略) 以上よろしくお願いいたします。

********************************************      

(株)M社   2製造部     金子○久  

********************************************

   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

■山田○義です。 先日はいろいろお世話になりました。 ■メールは今までやったことがなく、返事が遅れてすみませんでした。メールアドレスは変わっていませんので、何らかの不具合が生じているものと考えます。アンケートの件については、また考えてみたいと思います。 では、また!   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *
【後記】曽野綾子「『いいひと』やめると楽になる」~  ■私はものの考え方は不純がいいと思う。むしろ小さなことでは不純を許すほうがいいと思う。人間には、自分を疚(やま)しく思う部分が必要だ。自分は正しいことしかしてこなかった、と思うような人になったら、周りの人が迷惑する。自分の内面の美学や哲学には不純があってはならないけれど、生きて行くための方途については誰も理想どおりにはやっていないのだから、その誤差をおおらかに許せる人のほうが好きなのである。(了)

【時習26回 3-7の会 0009】バックナンバー

Subject: 【時習26回 3-7の会 0009】【~『啓蟄』 いよいよ春の到来ですね~】

■今泉悟です。【時習26回 3-7の会 0009】をお届けします。  ■もう間もなく、二十四節気でいう『啓蟄』です(今年は36日)。寒さも緩み、生き物達が、土の中から這い出て来る、新しい季節の到来です。  ■先週から咲き始めた我が家の梅の花がほのかな甘い香りを漂わせて春を告げています。 

■前回【時習26 3-7の会 008】号以降、お二人から大変嬉しいmailが届きましたので、ほぼ原文のまま掲載いたします。峯田君と彦坂君からです。ほんと、持つべきものは、友ですネッ。 加えて今回は・・、  ■守田君からmailを貰う前、この「3-7の会」の先行きを心配してくれていた渡辺さんからの励ましのmailも一部後紹介させて頂きます。渡辺さん、また了解なしで掲載してゴメンね。  ■彦坂君のいうとおり、肩肘張らず軽い気分で「3-7の会」が続いていければと思います。  ■峯田君からは「クラス会打合せに会ってもいい」とのコメント。ほんとただただ感謝です。奥様まで心配させてしまい、小生、責任の重大さに身の引き締まる思いです。具体的な打合せの日取りはこれから峯田君と連絡をとり決めていこうと思います。  □これからも徐々に皆さんとの交流が深まって行ければと考えている次第です。

  □ほんとうに嬉しいです。まだ、ご意見・mailを出されていない方、一行コメントで結構ですから 是非、お便り下さい。 お待ちしております。  (o)/ □それでは、以下のとおり、ご紹介致します。

         *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

(↓■渡辺さんからのmailです。( )内は筆者注。)

                                06/02/20  21:39

いつも楽しく読ませていただいてます。 私でお手伝いできることはしますが、全然戦力にはなりませんよ。 (中略)3月)19日、(時習26回のミニ同窓会は)豊橋で盛り上がってきて下さい。 (中略)でもこれ(アンケートの開催場所について)って、豊橋と東京2箇所でやるって事? 横浜には土方さんが居るから心強いけどね。

ところで、皆から少しは反応あるの?山田君、峯田君以外の声を聞いてない気がするんだけど。 (~ という渡辺さんのmailの翌21日、前回ご紹介した守田君からのmailが届きホッとした次第 ~)

         *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

(↓■続いて、峯田君からのmailです。)

                                            ‘06/02/28  22:23

今泉 悟君

■すみません.嫁さんに言われていたのですが,少し忙しくて(或いは年のせいかな)返事をするのを忘れてしまいました. 喜んでお手伝いさせてもらいます. (中略)都合を付けますので,一度お会いしましょう. 楽しみにしています.本当にゴメン.  峯田 

         *   *   *   *   *   *   *   *   *   * 

(↓■おしまいは、彦坂君からのmailです。深夜2時前の便り、恐縮致しております。判決文を起草してでもいたのかな?)

                                           06/03/01  01:56

今 泉 悟 様       

                    彦 坂 ○ ○

■いつも楽しいメールをありがとうございます。 精力的なメール作成にはさすがと思いますが,忙しいという気分もあって,言い出しっぺは大変かなというところで,様子見をしておりました。 懐かしさもあり,肩ひじ張らずにイージーな気分で,進んだらいいかなと思いますが,さりとて誰かまとめ役がいないと続かないし,どうしたものでしょうか。 どこまでできるかわかりませんが,やれるところから具体化するのがいいかなと。 今日はこの程度で

         *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

【後記】【曽野綾子:~「いい人」をやめると樂になる~から】

■「親しき仲にも礼儀あり」の真意    □親しき仲にも礼儀あり、というのは、友達同士の関係をいっているのだろう昔は思っていたが、今では夫婦・親子の間で必要なことなのだ、と思うようになった。  ■私達はたぶん一生、誰にも甘えて無作法をしてはいけないのである。そんなこと疲れるでしょう、と言う人もいるが、むしろきりっと気分を張り詰めて、配偶者にも成長した子どもにも、立ち入りすぎた非礼をなさない、と決心するほうが、かえって楽なのかもしれない。 「自分の顔、相手の顔(講談社)」(了)

【時習26回 3-7の会 0008】バックナンバー

Subject: 【時習26回 3-7の会 0008】【~感動的だった!荒川静香のフィギュアスケートの演技~】

■トリノ五輪(Torino Olympic)初の日本のメダルが金! しかもフィギュアスケートでアジア初めての金! 実に感動的でしたネ! 彼女の演技を見て久々に「ゾクゾクッ」と来ました。ミスの無い完璧な(或は完璧に見せた)演技。 見ていて、聴いていて「これは凄い!」と思いました。 正直胸が熱くなりました。 演技に使われた曲目もヴェルディ(Giuseppe Verdi)と並び称されるイタリア・オペラ最高の作曲家プッチーニ(Giacomo Puccini)最後のオペラの傑作作品、歌劇「トゥーランドット(Turandot)」から韃靼(ダッタン)元国王ティムールの息子カラフが歌う名曲《誰も寝てはならぬ》が流れた瞬間、ほんと、「これは行ける!」と感動を呼び正直彼女の勝利を予感しました・・。 期待に違わぬ荒川静香の素晴らしい演技と甘いプッチーニの曲が見事に融合し見る者を心底魅了しました。イタリアにおいて同国の誇り(=英雄)プッチーニの作品をあれ程見事に演じ切れば観客のstanding ovationがあったのも当然と頷けます。

■さて、今日は、またまた嬉しいお知らせです。旧3-7の仲間守田君からの返信mailが届きましたのでその一部を紹介致します。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

悟君  守田です。

□連絡遅くなり大変失礼をば致しました。 メールはそれとなく拝見しておりましたが・・・、この所、少々お疲れモードというか、ハタマタ「鬱」?なのか~~~ ハハハ… どうも「気」が乗らず、返信も疎かにしておりました。 「気分を害して!」連絡しなかったのでは無いので「気」を悪くしないでくださいね~。   □さてさて、悟君のパワーには敵いませんな~ 積極的とは行かないかも知れませんが、参加はさせて頂きますよ・・・!(中略)そう、、、時習館の話ですね・・・?  □お記憶の通り、(中略) 高校時代の思い出はあまり良いものではありませんでした。 でも、卒後25周年の同窓会辺りからはそんなイメージもすっかり消え、ゴルフ会も楽しみで参加させて貰ってます。  □只、「3-7」と言われても正直あまり印象に残ってなく記憶もイマイチって感じです。どんなメンバーだったのかすら思い出せない位でしたが、悟君の送ってくれた集合写真を見て何となく記憶を取り戻せそうかな~~~ってとこです。 まとまらない話でゴメン。 今日はこの辺で。 (中略) PS. 最近時習館のラグビー部結構頑張ってるんですよ~。 先日も岩田球技場へ応援に行ってきました。 南山高校を64対0で圧勝!!! 気持ちよかったよ~。  では、又。       以上

【後記】■今、この間紹介した文庫本のうちの曽野綾子「『いい人』やめると楽になる」を読んでいる。この本は彼女のエッセイ集のうち珠玉のコメントをオムニバス(omunibus)的に著しているもので、一つひとつのコメントが頷けるものばかりである。これからこの「時習26回 3-7の会」mailにもいくつか引用して行きたいと思う。早速今日もその中から一つ・・。

□□□ 人は必ず誰かに好かれ、誰かに嫌われている □□□

人間の中には、必ず排他的な心理がある。 人はかならず誰かに好かれ、誰かに嫌われている。それをいちいち気にする必要はあまりないように思う。 嫌われている人の心はあまり乱さないほうがいいからそれとなく遠ざかり、自分と気が合うと言ってくれる人と感謝して付き合う。 それが自然ではないかと思う。嫌う相手に好きになれ、と強制するほうが私は惨(みじ)めで浅ましくていやだ。 ~ 「自分の顔、相手の顔(講談社)」

■ほんと、僅かでもいい。既に応援をしてくれている仲間と今回の智洋君のように旧「3-7」の仲間が胸襟を紐解いてくれることが、小生にとって至上の慶びである。ありがとう!  ■(従前から)繰り返して言っているが、「人生一度しかない。僕らはどういう因果か知らぬが、時習館26回の同窓生として同じ学び舎に一年(或は1~2年時代を含めればそれ以上)一緒に生活した輩(ともがら)である。」 我々が将来、その人生を終えるとき、「ほんと、生きてて良かった」と言える自分達でありたい。 それを実現してくれる ~肩書きのない友人との~ 繋がりが同級生だと思う。  ■人生80~90年時代が当然のように到来した現在、定年延長があったとしてもこれから四半世紀以上は肩書きのない人生が待っている。 この未曾有の長寿社会において、時習館の同期生であることをお互い矜持に思い、切磋琢磨して行ける間柄にして行きたいと思う。  ■みんなの意見が聞きたい。 一部の方からは既に頂戴しているが、引き続き前回のアンケートの回答を頂きたい。 是非ともご協力をお願いします。 (了)

【時習26回 3-7の会 0007】バックナンバー

Subject: 【時習26回 3-7の会 0007】【井沢元彦講演会~キリスト教v.s.イスラム教~】

□今泉悟です。 □一昨日、勤務地田原の商工会創立120年記念講演会で「逆説の日本史」等で有名な名古屋出身の小説家井沢元彦の話を聴きましたので紹介します。  □演題は「歴史が教える経営戦略」でしたが、要旨は「歴史を知れば現代世界起こっている事象に明るくなり経営にも役立つ」。例として「今、全世界で騒動となっている(僕らが学生時代にはマホメットと呼んでいた)預言者ムハンマドの風刺画問題」を挙げ解説。その問題の根底にあるのは「(~宗教問題に疎い日本人にはその本質を理解できていない~)【イスラム教とキリスト教】の歴史的な相克」であることを彼なりに面白く説明したものでした。

【概要】①イスラム教も、キリスト教も、ユダヤ教と同じ「旧約聖書」を経典とする兄弟宗教でいずれも一神教。②一神教は排他的で他宗教を排撃する性向がある。③イスラム教は、経典「コーラン」でキリスト教を痛烈に否定【コーランは言う『三位一体(=神・(神の子)イエス・聖霊)』は屁理屈だ。イエスや彼の母親も物を食うただの人間だ、と】。④キリスト教は、ダンテの「神曲(地獄編)」で、預言者ムハンマドを地獄に落ちた醜い亡者として表し、中世以降の欧州人の世界観に大きな影響を与えた。⑤現在世界人口63億人。うちキリスト教信者21億人。イスラム教徒12億人。この2大宗教が経典等の本源的な処で相手方を攻撃している。だからこの問題は将来的にもなかなか解決しないだろう。⑥宗教オンチの日本人には問題の深刻さが理解できてない。もっと関心を持つべきだ。・・てな、内容でした。

【後記】■ご当地豊橋でも巷間で、昔から鬼祭り(211)が過ぎると春がやってくると言われておりましたが、今日219日は二十四節気でいう『雨水』。我が家の梅の木も蕾が大きくふくらみ春到来を予感させます。■それでは、これからe-mail送信先の皆さんに個別に「3-7の会」同窓会についてご意見を伺いたいと思いますので、個別に返事を下さい。待っています(o)。(了)

【時習26回 3-7の会 0006】バックナンバー

Subject: 【時習26回 3-7の会 0006

■さて、今日は・・。小生、正月2日に銀行の統合準備で出勤した振替休日を取得し、久しぶりにひとりで一日をゆっくりと過ごしました。そして、本屋「精文館」に行き、文庫本を購入して来ました。①川北義則「40歳から伸びる人、40歳で止まる人」②曽野綾子「『いい人』をやめると楽になる」③三浦敬三「100歳、元気の秘密」④斉藤茂太「いくつになっても『輝いている人』の共通点」⑤寺島靖国「JAZZピアノ・トリオ名盤500」の5冊です。いずれも立ち読みして気に入った本です。

■今日は、その中から1つご紹介します。

□斉藤茂太「いくつになっても『輝いている人』の共通点」~日本人と出生率はなぜ低くなったのか~  ■女性の社会進出が広まった結果、結婚年齢が高くなり、一人の女性が産む子供の数も少なくなってきている。(中略)昔のように「女性は、いい配偶者を見つけて、できるだけたくさんの子どもを産んで育てるのが幸せの道」という生き方がすべてではない。(中略)もう一つの側面がある(中略)。それは、子どもが欲しくてもできない「不妊症」の増加である。(中略)原因のない不妊症というのは、(中略)機能としては子どもを作れるのだが、なんらかの理由からからだのほうがうまく働いていないということである。私(斉藤茂太)は、その理由をストレスだと考えている。(中略)精神的なストレスが原因で子どもができない場合(中略)、ホルモンのバランスが崩れてしまうこともある。(中略)もう何年も頑張ったけれども諦めたなどと言っていた人にひょっこりと子どもができることがある。「子どもを作らなくては」というストレスから解放されて、ホルモンが正常に戻ったのである。

【後記】①ことほど左様に、人間とは精神的に微妙に、sensitiveにできているのですネッ。②突然ですが!!・・3-7の同窓会をいつ開催しましょうか?ご意見を下さい。同窓会と言えば、時習26会で杉浦弘幸君が319日豊橋でミニ同窓会開催に向け準備を進めています。3-10の杉浦千鶴子さん主演・テネシー・ウィリアムス原作「欲望という名の電車」の公演の後、彼女を迎えて会を催すそうです。勿論、小生は参加致します。また、翌週325日には東京ふろう会(小出ゆかりさんの声掛けで)杉浦さんの公演観劇と同窓会を予定しています。また、ローカル版では、3-3の谷山君が花田小学校6年の同窓会を3-6の大谷昌代さんや3-9の小林香代子さんらと企画しているそうです。

□旧3-7のクラス会を是非やりましょうヨ。このmailを配信している皆さんには、後日個別に声掛けしたいと思いますので、心の準備をしておいて下さい。(_)(了)

2006年3月12日 (日)

■【時習26回3-7の会 0005】バックナンバー

【時習263-7の会 0005■2月3日()~4日()に横浜市青葉区にある○○○○あざみ野研修所(添付資料省略)に行ってきました。同研修所の隣地で「劇団四季」の建物が大規模に建築中。久しぶりの首都圏訪問で身も心もリフレッシュできました(o)/。研修で同じ班になった仲間にH支店(現西東京市)やHa支店、川崎駅前支店の旧BTMUFJの店長がおり、支店周辺の近況等につき色々教えて貰いました。そう言えば、行き帰りに歩いたあざみ野駅周辺(添付資料「あざみ野二丁目周辺」参照)は、名古屋市で言えば、地下鉄東山線終点「藤が丘」の辺りに似ていますネ。  ■今日、あるセミナーで【面白くてちょっと怖い話】を聞きました。そのセミナーの題目は「今後の貸し家動向について」。その内容とは――、今後、人口減少で貸家需要は減少するのがこれまでの一般的な見方だったのですが、実際は、単身者及び子供なし夫婦向けの高付加価値【賃貸】マンション需要が大都市・地方ともにドンドン増加するというのです。というのは、これからは「若者の晩婚化」だけでなく、「非結婚者」即ち、結婚を求めない女性(will not marry)達が増加、それに比例して結婚できない男性(cannot marry)も増加。一方、「熟年離婚も増加の一途」。離婚数は、現在の年間11万人から早晩40万人へと増加の見通しで、カップルの離婚により単身者向け賃貸アパート需要が増加。さらに若い既婚者は、今後は分譲マンションを避け、高付加価値賃貸マンションに長期居住するという。賃貸を希望する女性曰く「①自己所有住宅を共有すると、将来、離婚するような場合、手続きが煩雑。②将来、いつ、離婚があっても賃貸なら処分が簡単。【新しい出会いのチャンスを大切に】残して置きたい。」。こういう発言が少なからずあるという( *_* ;)。ここで、場内から参加者の笑い声が起きたが、講師曰く、「笑っている今日ご出席の男性の皆さん。奥様には最低限のサービスを今からでもして差し上げて下さい。さもないと、退職金を貰った途端「離婚届に印鑑を押して下さい」って話は絵空事ではないのですヨッ。」(― 松坂慶子と渡哲也競演のドラマ「熟年離婚」を思い浮かべた人も多いのでは? ―)「平成19年4月からは離婚の際に夫婦の年金を分割できるようになり、分割された分は妻の年金として、妻が死ぬまで妻の口座に振り込まれる。だから、離婚はもう暫く待って!と虎視眈々と待っている奥様もいらっしゃるようで。」(了)

【時習26回3-7の会 0004】バックナンバー

Subject: : 【時習26回3-7の会 0004】

【はじめに】■みんな~! また今泉悟の登場です。「オマエも物好きダネ~」とは言われても、めげずに「ほなっ、【第4弾】行きまっせ!」 □「そろそろ誰かお話して欲しいところでありますが――。」「ウン?オマエの話題の提供の仕方が上手じゃない。もっと面白い話題はないんか?」てな声が聞こえて来そう・・。「はい、反省致します。( -_-;)/」「最近のお笑い芸人でも、何度でも話を聞きたいのと、もう出るナーッつうのがいるもんな。」~ 個人的好みでいうと、(名前を聞いているだけなので表記が間違っているかもしれませんが)「オリエンタルラジオ」と「レギュラー(あるある探検隊)」と「Ungirls(アンガールズ)」ってところが面白ベスト3かな? みんなの意見はどうかナッ?聞きたいなぁ。(^^)      

■【昭和48年の時習26回3年7組にタイム・スリップ!!】~ 『昔日の一情景』をお楽しみ下さい。~ □小生がクラスの「卒業アルバム」を作る際に撮影したスナップ集です。理屈抜きに楽しんでご覧下さい。但し、写真は全員分撮れていません。写っていない伊庭さん、石田さん、ゴメンナサイ。(_ _)□みんなどんな風に取れているかナッ? 前々回掲載した渡辺さんと峯田君の写真は容量節約のため割愛します。ただ峯田君は別のスナップがもう一枚写っていましたので、それを載せました。*
■どうですか?みなさん! 菰田君、金子君、林君、市川君、彦坂君、土方さん、守田君、村田君、二橋君、伊東君、中山君、みんな写っていますよ。写っていた方々、感想をお寄せ下されば幸甚です。(´o`)/                     

【後記】■今日、前回お話したように、小生、本日、中嶋良行、谷山健、両氏と旧引佐町の龍潭寺(りょうたんじ)、奥山方廣寺(半僧坊)、二俣城を巡って来ました。 
■なお、小生、来週は月末の週であること、加えて2月2日は名古屋終日出張、2月3~4日は神奈川県あざみ野へ研修出張等々で仕事が溜まっていますので次回【時習26回3-7の会 0005】の発刊は1~2週間後を予定しております。「ウン?誰だ?『これで暫く迷惑メールが来なくてせいせいする』なんていっている人は?!」・・では、それまでの間に皆さんからのmailが届くのを心待ちしております。最敬礼! m(_ _)m  
■何も怖くなかった♪♪~ ただあなたのやさしさが 怖かった♪♪~ ~ ◇雨だれが一粒頬に 見上げればお寺の屋根や 細い道濡らして にわか雨が降る わたしには傘もない 抱き寄せる人もない 一人ぼっち泣きながら 探す~ *南こうせつをはじめとする幾多のフォークソングや小柳ルミコ、天地真理らが活躍した昭和48年、第一次オイルショックで日本中が大騒ぎした時代でもあった。 
■小生自身、高校三年生の1年間は受験勉強に追われ、浮いた話もなく過ぎた1年であった。自らアクションを起こさなかった訳だからそれまでと言えばそれまでだが、何と味気なかったことか・・、歴史にイフが許されるならば、もう一度、時間をリセットして、想いを伝えたかった人に「もし×××~を」伝えていたとしたら、今はどうなっていただろう? なんちゃってネ~~ッ! 変わっていたかもしれないし、何も変わっていなかったかもしれない――。 と、眼前にセピア色の3-7の教室が頭に浮かび、青春の甘酸っぱい芳しい香りが一瞬広がったような・・。いずれにしても遠い昔日の儚い・お・も・い・で・・。 
■やっぱりこのあと、鉄三先生のスナップ写真と小生の大学受験用に撮影して写真を見てもらおーっと!「勝手に」追加でメールさせて頂きます。
■では、みんなの写真の感想mailを楽しみに待っているからネッ。返事を頂戴ネッ。(みんなの写真割愛)
【追加:T先生の教室でのスナップ写真】です。
■先生は、小生の記憶によると生年月日は昭和○○年○月○○日だったから、現在満62歳の筈。だから写真(省略)に写っている先生は若干30歳(昭和48年秋当時)の若き先生だったんだ~~! それにしても誰が書いたんでしょうねえ。教室は後ろの黒板まで数学の算式でビッシリ!! みんな、本当に勉強したんだ~。現代の子供達に「お父さん・お母さん達も一所懸命勉強したんだゾ」と言える自信が沸いて来るような情景ですネッ。
■また、春先からGWあたりに先生をみんなで訪問しようか? 参加する人「この指とまれ!」で、小生までmailを。希望者がいればほんとに計画・実行したいと思います。(了)

【時習26回3-7の会 0003】バックナンバー

Subject: 【時習26回3-7の会 0003】
■みんな~! 元気ですか?とは言っても、前回から2~3日しか経っていないのであまり変わりはないですヨネッ (*^_^;) 。今回も「勝手に」【第3弾】をお送りします。
■今日は、小生の近況等につきご報告します。  □小生は、現在、(平成17年7より)○○○○○○○(就任当時は○○○)銀行○○支店に勤めております。(中略)
■【最近の趣味・動向】□旧3年2組の中嶋○行君(○○病院○○部長)と旧3年3組の谷山○君(○建築設計事務所)の3人で城跡・古戦場・寺院・温泉巡りをしています。直近では12月3~4日に熊野古道・那智の滝・十津川村・高取城址・栄山(えいざん)寺に行ってきました。明後日29日は日帰りですが、近場で二俣城址・奥山の半僧坊、竜潭寺、和の湯(袋井市)に行って来る予定です。(添付写真に昨年春に山中温泉で撮った3人組の写真を貼付しておきます(省略)。)
【後記】■ところで、今日1月27日は、小生が尊敬するW.A.Mozartの生誕250周年の誕生日です。「モーツァルトのメロディーは人間の脳波に良い刺激を与える」とかで今、若者にすごい人気だそうです(添付メール「日経新聞記事」ご参照)。彼は作曲の際、頭に「流れ注ぐように」浮かんだメロディーをただ譜面に写すだけであったため、彼の直筆譜面は訂正が全くと言っていいほどなかったそうです。片や楽聖ベートーベンの譜面は修正だらけとかで、モーツァルトの天才ぶりが彷彿と窺われます。 
▼(~これもどうでもいい話ですが、聞いてやって下さい~)小生とクラシック音楽との出会いは、中学3年夏休みの宿題でクラシック音楽鑑賞感想文が出されたことが契機となり、大池にある文化会館レコード視聴室で聴き始めて以来35年間の付き合いです。なかでも、モーツァルトは大好き(因みに、旧2年8組担任のI先生もMozartの大ファン)です。そこで、ご迷惑でしょうが、『ベスト・オブ・モーツァルト』の向こうを張って、小生の「勝手な」推薦曲20曲をご紹介します。感想でも聞かせて頂ければ幸甚です。もし、聴きたい曲があれば、気軽にmail下さい。MDかテープ、ご希望の方にダビングしてお送りしますよ。   
【α波が出る ~ 元気が出る清々しい曲 ~】
①2台のピアノのためのソナタ 二長調 K448 ~ 第1楽章  
②交響曲第41番 ハ長調 K551 ジュピター ~ 第4楽章  
③ホルン協奏曲第1番 二長調 K412(386b) ~ 第1楽章  
④フルート協奏曲第1番 二長調 K313 ~ 第1楽章  
⑤歌劇「フィガロの結婚」~ 序曲
 & ケルビーノのアリア「恋とはどんなものかしら」  
⑥弦楽四重奏曲第14番 ト長調 K387 ~ 第1楽章  
⑦同 17番 変ロ長調 K458 狩り ~ 第1楽章  
⑧弦楽五重奏曲第3番 ハ長調 K515 ~ 第1楽章   
【α波が出る ~ 安らぎの曲 ~】
⑨アヴェ・ヴェルム・コルプス K618 (全曲で数分のミサ曲の小品) 
⑩クラリネット五重奏曲 イ長調 K581 ~ 第1楽章  
⑪交響曲第17番 ト長調 K129 ~ 第2楽章 アンダンテ  
⑫ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K467 ~ 第2楽章 アンダンテ  
⑬オーボエ四重奏曲 ヘ長調 k370 ~ 第1楽章 アレグロ  
⑭ディベルティメント第17番 二長調 K334 ~ 第3楽章メヌエット 
【α波が出る ~ 哀愁に充ちた曲 ~】
⑮ヴァイオリンソナタ第28番 ホ短調 K.304 
⑯協奏交響曲 変ホ長調 K.364 ~ 第2楽章 アンダンテ  
⑰交響曲第25番 ト短調 K183 ~ 第1楽章  
⑱交響曲第40番 ト長調 K550 ~ 第1楽章  
⑲ピアノ協奏曲第23番 イ長調 k488 ~ 第2楽章 アダージョ  
⑳ピアノソナタ第8番 イ短調 k310 ~ 第1楽章 アレグロ・マストーソ   
▼前回お話しましたように、T.S.先生の今年の年賀状を添付します。里山を散策されている由。お会いしていませんが、元気にお過ごしのようです。(了)

【時習26回3‐7の会 0002】バックナンバー

Subject: 【時習26回3-7の会 0002】
■こんばんは、今泉悟です。今日は、とても気分がいいです。3-7の仲間から返事のメールが着ました。ご本人の承諾なしでゴメンナサイですが、とっても嬉しいので「勝手に」掲載させて頂きます。2通ありますので、順不同でご案内します。
■悟君お久しぶりです.ビックリしました.大変懐かしかったです.私は現在○○○○大学で耳鼻科の医者をしています.同窓の件大賛成です.時習館の同期生(鈴木○也君呼吸器外科 /山本○夫君腎臓内科/ 梶村○良君消化器内科)もみんな○○○○大学にいます.後輩も大勢いて一大勢力です.お会いできる日を楽しみにしています.
峯田
■お久しぶりです。渡辺○○子です。●○子ではありません、念のため。(中略)今回の件、面白そうな企画だとは思うのですが、(略)・・。(中略)でもやってみなくちゃ分からないですよね。悟君から一方的な配信になっても、それはそれで嬉しいものです。
■何の取り柄もない専業主婦ですので話題が大して無いのですが、私で協力できることはします。頑張って下さい。それにしてもずいぶん引越ししたんですね。私は26年間ずっと厚木です。引越しは大変でしょうが、ちょっと羨ましい気もします。いろんなとこの美味しいもの食べられていいな、なんて単純な理由ですけどね。
■お仕事の方は如何なんですか?厚木も、厚木支店と本厚木支店の二つが駅前にあります。うちはまだ○○銀行時代のカードです。50歳は若い様で身体の変わり目、更年期世代。お身体大切に。
【後記】■峯田君、渡辺さん、ありがとう。みんなが元気にしているのを聞いて嬉しいですネ。この「3-7の会」をドンドン活発にして、昔の懐かしいできごとや、現在、みんなが取り組んでいること、悩んでいること等を持ち寄って、元気に明日を迎えるための『活力源』にしましょう。■それから、試みに、添付ファイルに3-7当時のクラス記念写真と秋の学園祭準備の頃に撮影した渡辺さんと峯田君それぞれの教室での白黒のスナップ写真を添付しておきました。セピア色の世界ですが、デジタル1眼レフカメラで接写してみました。どうです? いずれも1MB以上の容量なのでPCの年式によっては添付ファイルが開かないかも知れません。その旨お知らせ下されば、容量を加工して落として再度添付します。次回は鉄三先生の今年の年賀状を添付しようかな。(^o^)/ バイバイ!

【時習26回3-7の会 0001】バックナンバー

Subject: 【時習26回3‐7の会 0001】
■時習26回3-7 今泉悟です。早速、第1号を配信します。小生の呼び掛けに1名の方から賛成のメールを頂戴しましたので、勇気100倍で第1回目を「勝手に」始めたいと思います。(^_^;)
【雑感 ~ 永遠に若くありたい ~】
■最近、三笠書房知的生きかた文庫の中で2冊の本を読んだ。この本により小生の人生観は大袈裟に言えば変わった。その本とは、①佐藤富雄:「運命は「口ぐせ」で決まる」と、②斉藤茂太:「いい言葉は、いい人生をつくる」だ。①では、「運命」や「ツキ」は自分の日頃からの「口ぐせ」から来ている。したがって、物事をポジティブに考え、適えたいことをいつも「口ぐせ」にすることにより本当に実現できる、或は、自分の人生・運命をいい方向に変えられる、とう言うもの。②は、「成功した人生かそうでないかを分けるのは、振り返ってみたとき、「楽しかった」と即答できるかどうかだと思う」~日々起こることを楽しんでしまえる力。それこそ、人生を成功させる原動力なのではないだろうか。そして、その力をもっていなければ、いつの時代も、生きていくのは、なかなか大変なのではないか~ というもの。何れも説得力のある、魅力的な本であった。
■「運命は『口ぐせ』で決まる」~「老化」に対して偏見を持っている人は要注意 ~ では、次のように述べられています。【「新しい加齢モデルでは、死ぬ直前まで生命力は成長を続け、突然、死が訪れる(中略)生活していくうえで弊害となる心身の機能の低下や老化は、昔考えられていたようには起こらず、機能は死の直前まで高い水準に維持され(中略)言語能力や人格などは、生涯発達する(中略)それには、まず、年をとることや年齢に関する偏見を捨てること(中略)そして、年齢に関係なく、何にでも挑戦する心が大切(中略)。いろいろな経験を積み重ねていくうちに、新しい自分を発見したり、成長して豊かになったりしている自分を感じる(中略)」。~ 興味を覚えた方には、ご一読を是非お薦め致します。1冊2~3時間で読了できます。
■ご存知ですか、日本人の平均寿命は男78.3歳、女85.2歳。さらに言えば、現在60歳の平均余命は男21.93歳、女27.40歳。今50歳の我々は、今後、男で30年、女で40年近く生きて行かなければならない、所謂「長生きする(経済的)リスク」があると言うことを。また、年金が先細りとなる近未来、今まで以上に我々は健康面で元気に生きて行かねば60歳以降の人生を経済的・精神的両面で安心して生きて行けなくなる言うことを。
■そこで、これから我々が習得したり、技に磨きを掛けて行くものを探して行こうと思いますが、参考に旧3-7の諸兄の今手掛けられているもの、これからやろうとしているものをご紹介下さいませんか。このメールの小生宛、或は全員宛で返信頂ければ幸甚です。
□次回は、小生の近況についてお知らせしたいと思います。
【後記】そう言えば、先日、旧3-7の山田○義君と高校卒業以来の再会を果たしました。小生が勤務する○○○○○○○銀行○○支店に昨年11月に女性の役付者が転勤をして来たのですが、私が「年と時習館OBであること」を知った彼女が「実は山田○義は従兄弟ですが、ご存知ですか?」と尋ねられ、高校2~3年に亘り同級生の旨伝えたところ彼の近況を教えてくれました。彼は現在豊橋○○○にある○○○病院で老年課部長に就いているということで、先日、31年振りに彼と再会し、旧交を温めました。彼は彦坂君と同じ中学の出身なのですってネ。(筆者注:個人情報保護の観点から一部固有名詞は伏せてあります) [了]

2006年3月 8日 (水)

【時習26回3-7の会 0000】バックナンバー紹介

Subject: 「時習26回3年7組の会(仮称)」を立ち上げませんか? 2006/01/19 (木) 22:44
市川○○郎様、伊藤○弘様、犬飼(石田)○子様、伊庭○○子様、今井(土方)○○子様、金子○久様、菰田○己様、中山○敬様、二橋○彦様、林○司様、彦坂○孔様、峯田○幸様、村田○久様、守田○洋様、渡辺○○子様
各位
【ご挨拶】突然のメールで申し訳ありません。時習26回3年7組の今泉悟です。このメールは、「祝 卒業30周年 時習館26回生名簿」及び「ゴルフ同好会(時習26回)会員名簿」にe-mailアドレスの記載ある諸兄宛に配信させて頂きました。
【主旨】旧3-7の仲間でe-mail等を媒介にした(所謂異業種)交流会&同級会を立ち上げ、続けて行く。
【申出経緯】今回、小生が勝手にこの企画を思いたった経緯を簡単に申し述べますと、
①小生、昨年3月末に31年振りに豊橋に帰り、実家に永住することになったのですが、(31年間に名古屋→西名古屋(旧西春町)→刈谷市→仙台市→東京都杉並区→仙台市→東京都世田谷区→埼玉県狭山市→名古屋市瑞穂区→名古屋市東区→東京都国分寺市(住居は新宿区新小川町)→名古屋市東区→豊田市→豊橋市(現在)と居を変えて来た経緯から、)今でも各地区・各方面の方々と幅広く交流を進めたい。平たく言えば、豊橋の中だけに埋もれていたくない(豊橋市在住の諸兄、ゴメンナサイ)。
②現在、我らは50歳となった(なる)訳ですが、老け込むには余りにも若すぎる。かと言って、60歳になってから「さあっ、何をやる?」では少々遅すぎる。60歳の定年(or第一線からのリタイア)までの間に何か新しい自分の生きがいを見つけたい。或は、現在やっているもの(趣味や打ち込んでいるもの)に一層の磨きを掛けて行きたい。
③そのためには、各界で活躍している人々から貪欲に色々なことを吸収したい。
④幸い、時習26回生の諸兄は、まさに今、各界の第一線で活躍している真只中にいる(法曹界、医学界、その他各種産業界etc)。
⑤こうした豊富な人材のいる同級生の仲間と色々意見交換できたら、自分の人生の幅と奥行きがぐ~っと広がるのではないか。と思った次第が、申出経緯の大要です。そして、その延長線として、一年に1~2回、時間の許す範囲で皆さんがお住まいの地で、最大公約数で行きますと東京と当地豊橋での開催となるのでしょうか、同級会を開くなどして旧交を温められたらいいなと考えます。 今回は、最初に申し上げましたとおり、上述したとおり小生が把握できたe-mailアドレスをお持ちの方のみに配信させて頂きました。が、この輪がだんだんと広がって行ったらいいなと思います。当面は、一方的にe-mailを配信致しますが、何かご意見を頂戴できれば幸甚と考える次第です。取り敢えずは、思いつくまま申し述べさせて頂きました。乱筆乱文ご容赦下さい。   敬具

トップページ | 2006年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ