« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の14件の記事

2006年8月26日 (土)

【時習26回3-7の会 0047】J司君からのmail&25日【3-7の会】ミニミニ同窓会開催報告他

■今泉悟です。【0047】号をお送りします。まずは鈴木J司からのmailをご紹介します。
From: jxxji suzuki [mailto:xxxx] Sent: Thursday, August 24, 2006 2:35 AM Subject: Re: 【再送信】【時習26回3-7の会 0046】~感動的だった!!高校野球決勝戦!『早稲田実業v.s.駒大苫小牧』~
■今泉君へ。あの試合はテレビで見て、私もかなり興奮しました。斎藤君は、進路をどうするか知りませんが、プロに入ってもエースになるだろう予感がします。多分、彼の人生はこれから「追っかけ」に悩まされることになるのでは?まあ、若いころの今泉君は斎藤くんより「いい男」(←筆者注:お世辞でも嬉しいよ。ありがとう!)でしたが。歳はとりたくないですね。お互いに(^-^)。
■話は変わりますが、白井T夫君とはお互いに結婚式で司会をした仲ですぐ連絡できる間柄ですが、他のクラスメートの皆さんにはずいぶん不義理をしています。お詫びとともにクラスメートの近況を知らせてくれる今泉君に感謝する次第です。なお、ご存知かも知れませんが、飯田G司君は海外で大いに活躍しているそうです(T社)。出世頭なる人も一見いるそうですが、私達のように天命を知る歳になったら妙な嫉妬はやめ、高校時代に戻って付き合いましょう。「そして誰もいなくなった」ときぐらい寂しいことはないはずです。まあ、長生き競争かな(^-^)。ちょっと矛盾?以上、とりとめのないメールを「寂しさのつれづれに」送ります。
From:xxunji suzuki [mailto:xxxx] Sent: Friday, August 25, 2006 12:10 AM
■今泉君へ。飯田G司君はタイに5年赴任した後、中国に3年の約束で赴任して頑張っているそうです。私もおかあさんから話を聞いただけなので、アドレスはわからず、連絡ができない状態です。数年後には同窓会に顔を出してくれるのでは(^-^;)。白井君は御津の宝ですので、そちらの方面での付き合いが多く、あまり高校の同窓会には興味がわかないようです。先の長い話ですが、この二人については還暦を過ぎるころには首に縄をつけてでも出席させます。私自身は来年とは言わず次回開催のミニミニ同窓会に悟君達の顔を見に行きたいと思っています。また、企画したときご一報ください。
■J司君へ、ゴメン。上記のmailを見たのが、昨日(25日)遅くで、渡辺S○子さんとミニミニ同窓会終了後でした。貴兄のofferがもう一日早ければsettingできたのに残念です。次回企画の際には必ずお声を掛けます。
■8月23日付【時習26回3-7の会 号外】ブログ(mail未配信)に掲載しましたが、時習館OBで美術の先生でもあった冨安昌也先生の個展が名豊ギャラリーで「冨安昌也 米寿を祝う展」が(9月3日まで)開催中でしたので、昨日から遅い夏休みが始まった小生、渡辺S○子さん・中嶋君(旧【3-2】)とのミニミニ同窓会の前に見て来ました。先生の絵は基本的に極めて写実的な絵で安心して見られる佳品ばかりです。油絵から水彩画まで「流石だな」と感心させられたひとときでした。添付写真(aaDSC0251)のポスターにある「モスタルの道具屋」などはまるで写真と見紛(まが)う程精緻にできています。お時間のある方は是非「一見の価値あり」です。
■さて、渡辺S○子さんとの【時習26回3-7の会】ミニミニ同窓会を昨日(25日)18時より豊橋駅西駅前の是是庵にて開催しました。この会には旧【1-4】で同級であった中嶋Y行君にも参加を小生からお願いしました。添付写真(aaDSC0257.0259)をご覧下さい。渡辺さんもほんと、若々しいですね。神奈川在住ウン十年で洗練され典型的都会人になられたようです。「若さと美貌の秘訣は?」との質問に、「昔、ソフトも少しやったけど、最近は専ら「水泳」。小中学校時代はpoolもなかったので泳げなかったのにね。泳ぎを始めた頃は平泳ぎだったけど、今ではクロールで500mを20~25分位かけてゆっくり泳ぐの。掛かり付けの先生(医者)もクロールがいいと言うのよ。」とのこと・・。このほか、昔のclassmatesの話などに花が咲き結局10時位まで楽しいひとときがあっという間に過ぎました。
中嶋君が医者の立場から「僕らは「若い若い」と言っても、50歳過ぎれば何が(突然)起きても不思議はない。体には気をつけないとね。」とadviseしてくれました。全くそのとおりですね。旧【1-4】では、すでに河崎T久君、鈴木T彦君、村田Y三君と3人も亡くなっています・・(合掌)。幸い我々【3-7の会】はみんな元気です!! みんながいつまでも元気に暮らしていけるよう日頃から健康管理と体力増強に努めなければ、と痛感したひとときでもありました。
■あっ、それから8月12日の同窓会・本会に出席された皆さん、「青春のうた」はいかがでした??感想をお聞かせ頂ければ幸甚です!(了)
Aadsc_0251_1 Aadsc_0257_2 Aadsc_0259

2006年8月23日 (水)

【時習26回3-7の会 号外】~処暑と思い出のトランプ&米寿の冨安先生~

■今泉悟です。次回の【時習26回3-7の会 0047】は8月26日辺りに出状予定です。お楽しみに・・・。

□■□そこで、今日はその予告編です・・。掲題(副題)のとおり、今日8月23日は二十四節気で言いますと「処暑」。ところが今日は暑さが処(おさ)まるどころかぶりかえしてしまいましたね。

  風落ちて「熱砂の溶くる」昼下り

  打水(うちみず)や炎天の「地の底までも」

でも、不安定な気圧配置ながら、夜空には秋の気配が感じられます・・

  風鈴や「風が夜空をかき鳴らす」

■□■今朝の日経新聞の春秋に載っていましたが、向田邦子さん(以下敬称略)が不慮の飛行事故で亡くなられて昨日8月22日で丁度25年が経ちました。その年昭和56年というと、我々はまだうら若き26歳。東北新幹線が開通する1年も前になるのですね。小生は、銀行員生活4年目で独身を謳歌していた時代でありました。向田邦子の作品は、「あ・うん」「思い出トランプ」「父の詫び状」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」と名作が目白押し。昭和55年「思い出のトランプ」に収録されている「花の名前」他2作で直木賞受賞。その「花の・・」に代表されるように彼女の短編(「花の・・」で文庫版で15頁)は、機智に富み小気味がいい珠玉の名品ばかり。そこで「花の名前」から一部分をご紹介します。この作品を読み返して見て「四半世紀前の自分であれば、我々の親の世代の話だから関係ないや」と思っていたのが「ついに自分達の番になったなぁ・・。」と、ちょっと複雑な心境です・・。

「花の名前」から・・

 五十に手が届こうというのに、張りのある背中は水を弾(はじ)いている。またひと廻り軀(からだ)が分厚くなったようだ。

 若い時分はこうではなかった。

 夫婦喧嘩ともいえぬ小競り合いで分(ぶ)がないとみると、夫は肉の削(そ)げた肩を見せ、足音も荒く奥へ寝に入ってゆくのだが、その背中は、

「それがどうした」

 と言っていた。

 そういう夜は、必ず隣りの寝床から手が伸びた。日付の替らぬうちに結着をつけ、優位に立って置かなくては納まらない性急(せっかち)なところがあった。闇の中で圧しひしがれながら、常子は新聞の隅に載っている角刀(すもう)の星取表みたいだと思った。ひとことも口をきかず、常子の左耳のところに溜めていた息を吐き、急に目方をかけてくる。自分の四股名(しこな)の上に勝の白星をつけてから眠るのである。

 だが、もうそんなことはない。

 ものの五分もすれば高鼾(たかいびき)が聞こえてくる。

 二十五年の歳月は、夫の背に肉をつけ、暮し向きのこまかいことも、言うだけは言うが結局常子の言いなりになっている。

(以下略)                         

□■□それから、8月22日の地元紙「東日新聞」に冨安先生の記事が掲載されていましたのでご紹介します。→→「冨安昌也さん 米寿を祝う展」が豊橋・名豊ビル6階の中部ガス名豊ギャラリーで22日から9月3日まで開かれています。その記事をご紹介します。添付写真をご高覧下さい。Dsc_0250a 中央の写真は、冨安先生と中部ガス会長の神野信郎氏。同氏は皆さんご存知のとおり旧【3-9】の神野T子さんのご尊父です。(了)

2006年8月21日 (月)

【時習26回3-7の会 0046】~感動的だった!!高校野球決勝戦!『早稲田実業v.s.駒大苫小牧』~

■今泉悟です。【時習26回3-7の会 0046】をお送りします。当面、自信を持ってmailを出状できるまでは、blogのみの掲示としたいと思っていました。実際、【0046】号は今週末位を予定していたのですが、掲題のとおり、感動的なニュースがありましたので、ついつい筆を取り、いや、キーボードを打鍵してしまいました。悪しからずご了承下さい。今日は、スポーツでは、今年春の冬季五輪の荒川静香以来の感動的ドラマでしたネッ。
■昨日の夏の甲子園決勝戦は、延長15回引き分け再試合後の今日も、駒大苫小牧の粘りは凄まじく、最終回の9回、2ラン・ホームランで4-3と後1点差に追いすがり「また逆転劇か・・」と思わせましたね。小生、ニュースのVTRでしか見ていませんでしたが、それでも、本当に久々に見ている我々に感動を与えてくれた清々しく素晴らしい高校野球でした・・。 感動を与えてくれた早実と駒大苫小牧よ、ありがとう!
■記録の面では、意外でしたが、夏の甲子園に第一回から参加している早稲田実業は、今回88回目にして初優勝なんですネッ・・。同校OBの王監督もさぞや喜ばれていることでしょう・・。
■スポーツの真剣な戦いは、筋書きのないドラマであり、掛け値なしに感動を与えてくれると言われますが、確かに感動的な名作だと思います・・。
■ところで、早稲田実業の斉藤投手は、冷静で端正な顔立ちで、一躍人気者になりましたね・・。小生には、駒大苫小牧の田中投手の負けん気の強そうな顔立ちの方が高校球児らしく微笑ましく感じられたのですが、小生の勤務先の店の女性達は、一様に早実の斉藤君ファンになってしまったようです・・。ソース顔の小生にしては、どちらかと言えば醤油顔の斉藤君にちょっと負けたかも・・。「なに?当然だ?」「・・どうも、これは失礼しました・・。」
【後記】■ちょっと、暗いですが、50歳という、節目を過ぎた我々には、とくに職業人として共感を呼ぶ詩だと思います。張九齢(ちょうきゅうれい(673-740))の「照鏡見白髪(鏡に照らして白髪を見る)」をお贈りします。
 照鏡見白髪     鏡に照らして白髪を見る  張九齢
 宿昔靑雲志   宿昔(しゅくせき) 青雲(せいうん)の志
 蹉跎白髪年   蹉跎(さた)たり 白髪の年
 誰知明鏡裏   誰か知らん 明鏡(めいきょう)の裏(うち)
 形影自相憐   形影(けいえい) 自ずから相(あい)(あわ)れまんとは
【大意】遠い昔の若かりし日には、大きな望みを抱いたものだが、挫折を重ねて今白髪をいただく齢になってしまった。あの頃、誰が考えたろう、鏡に向かってわれとわが身を憐れむことになろうとは。
では、また・・。(了)

2006年8月20日 (日)

【時習26回3-7の会 号外】~雑感~

■今泉悟です。今回は【時習26回3-7の会】のmailには載せずに、掲載しました。

■【時習26回 3-7の会】を「肩肘張らない、息の長い、かつ、素晴らしい会」として維持させて行くにはどうしたら良いか?? 今から来年の同窓会を云々するにはチョット早すぎるし・・、ここが思案の為所です。まずは、小生の好きな企業経営者、世界のホンダの創業者、本田宗一郎の言葉のご紹介から行こうかな・・。

■最近、本田宗一郎の「やりたいことをやれ(「一日一話」)」を読んだ。彼の言葉には、人生の生き様の本質を鋭く捉えた迫力と説得力がある。その彼の含蓄ある数々の話の中から「困ることの大切さ」「秘密を守る」をご紹介します。

「困ることの大切さ」◆人間が、いろんな問題にぶつかって、はたと困る、ということは素晴らしい”チャンス”なのである。その人が過去に積み重ねてきた知識を総動員し、最良の手をうつ判断をしなければならなぬからである。思いあぐねて、人の手をかりることもあるだろう。そこで、自分の力の足りなさを自覚し、知恵や力をかしてくれる他人の存在を知るのもいい経験である。 そうした中で成長していくためには、素晴らしい友達をつくることのできる能力、謙虚に他人にものをたずねることのできる性質が必要であろう。ところが、これらはいずれも今日の教育から学びとるのはむずかしい。私は、こういう能力こそ生きた能力だと思う。

「秘密を守る」◆人生の幸福を支える大きな要素の一つに、人間関係があると思う。これがなかったら、実に人生は無味乾燥なものだと思う。私は人間関係の最も基本的で、最も洗練されたものが友情だと思う。いうまでもなく、人間関係を支えるものは相互の愛であり、信頼であり、尊敬である。 私はこれをひっくるめて一言でいえば、秘密を守ることだと思う。なぜかといえば、私はそれが社会のルールや人間もモラルに反する内容の秘密は別だが、そうでない限り秘密を守るという行為の中に、その人の人格の要素となっているさまざまな精神的なものがにじみ出ていると思うからである。お互いに秘密を持ち、守りあう量で、人間関係の質が判断できると思う。(了)

2006年8月17日 (木)

【時習26回3-7の会 0045】~山中さん、下浦さん、中村君、原田君のmailと声です~

■今泉悟です。【0045】号をお送り致します。山中さん、下浦さん、mailを本当にありがとう。こうして皆さんからmailを頂戴すると、【時習26回3-7の会】幹事をやっていて良かったと心底喜びと充実感を感じます。お二方、こちらこそありがとう。

■それから、Y子さん、【時習26回3-7の会】はこれでオシマイではありませんよ。流石に巡幸速度に戻しますから、回数は週一ペースにする予定です。が、続けます・・!!! 

■さらにそれから、16日夜、小生、【3-7】時代大変仲良くさせて頂きながら未だ連絡がとれない中村H章君と原田M史君に電話を入れてみました。こちらもご紹介させて頂きます。そうしたら、今日(17)原田君から待望のmailが届きました!!! 原田君、ありがとう!!これからも宜しくネッ。 

■渡辺S○子さんからもmailが届きました。彼女とは、25日、ミニミニ同窓会を開催予定です。 ~ 以下、順にご紹介致します。続けて、読んで応援して下さいね。

山中(高木)さん : Sent: Sunday, August 13, 2006 16:19 To: 今泉悟 Subject:無題
昨日はありがとうございました。お疲れだったでしょう。今泉君のバイタリティには本当に頭が下がります。これからも宜しくね。
筆者注:こちらこそ、遠路同窓会に参加して下さってありがとう。これからも宜しく!!)

(筆者注:山中さんへの御礼mailに下浦さんからのmailをお知らせしたら・・)(山中さんから→)下浦さんへ「数少ない関西組ですね。次回お会いできるのを楽しみにしています。」(・・とのmessageが届きました・・。)

■下浦(原田)さん : From: yxx shimoura [mailto:xxxx.jp]  Sent: Monday, August 14, 2006 10:15 PM To:今泉悟 Subject: おつかれさまでした。

今泉くんへ 青春再来!みんないい顔してましたね。本当にご苦労様でした。この2ヶ月間、楽しい配信ありがとうございました。数々のウンチク、勉強になりました。来年、楽しみです。下浦(←筆者注:引き続き宜しくネッ。一度、ほんと、あなたの和太鼓の演奏を見たいです・・。)

■中村H章君 :(筆者注:電話での一コマ)(同:中村君)本当、久しぶりだね。小生、今、尾張旭市に住んでいてね・・。勤務先は日進市の今は小学校。みんな元気そうでなによりだね。(同:12日に出席してくれた12名の名を伝えると)高木さん?懐かしいなぁ、彼女とは僕、中学校が豊川南部中で一緒だったんだよ。ほんと懐かしいなぁ・・。(同:【時習26回3-7の会】ブログを見てくれるようお願いすると・・)わかった。でも僕はPCオンチでe-mail addressもまだないんだ。でも、そのうちmailするよ。みんなに宜しく伝えてね・・。・・と、懐かしい声が電話も向こうから聞こえて来ました。何十年ぶりかの会話でしたが、話をしているうちに18歳のときの中村君の顔が浮かんで来ました。

■原田M史君 :(筆者注:電話での一コマ)(同:原田君)やぁっ、悟(ゴォ)かぁ・・。懐かしいなぁ。はがきを貰っていたけど、シカトしちゃって悪かったなぁ・・。(同:小生からmaii addressを教えて欲しい旨お願いすると・・)わかった。教えるよ。前は「東京の時習26回」のHPを見てたんたが、最近は鼻をつく記事が多くて見ていないんだ・・。悟(ゴォ)も元気そうでなによりだ。これから宜しくなっ。(同:小生からの電話を貰った)最初は、何(・・?)だったけれど、悟とこうして話しているうちに、昔のオマエの顔が浮かんで来て、ホント懐かしいよ。なに?中村に電話??あいつぅ、元気にやっとるかぁ?(同:12日の同窓会のmemberを紹介すると・・)なにっ?彦坂??懐かしいなぁ!・・と、懐かしい原田君の声が電話も向こうから聞こえて来ました。(同:原田君からはe-mail addressを教えて頂けましたので、「原田君、これからあなたもmail版【時習26回3-7の会】の正式memberです」よ。これで、mail登録者は小生を含め29名になりました。皆さんのご協力に感謝致します。(o;)/ 

■(同:今日17日、原田君からmailが届きました。早速、皆さんに紹介させて頂きます。ほんと、【時習26回3-7の会】の一員で良かった・・。ほんと、みんな、いいやつばかり・・。幹事冥利につきます・・。)

From: HARADA Mxxxx [mailto:xxxxx]  Sent: Thursday, August 17, 2006 8:17 PM To: 今泉悟 Subject: 原田です。電話どうもありがとう。

◆今泉悟 様  原田です。 昨日は電話をいただきどうもありがとうございました。 (声を聞くというか、会話したのは実に何年ぶりだろうか。) まずは、音信不通状態にしてしまって申し訳なし。 こういう取りまとめは大変なもの。貴兄のご努力には頭が下がります。 (こういうオレみたいな奴がいるもんな・・・。) 3-7のクラス会、盛り上がったようですね。 写真拝見のところ、皆お元気な様子で何よりです。 (皆、良い雰囲気醸してるね。ただ思うのは、輪郭ってのは変わらないもんだなぁ、ほんとに。) とりあえず今回は悟君(さとるくん)に重ねて感謝です。 筆不精者、キー不精者ですが、今後ともよろしくお願いいたします。( m(__)m )以上/原田M

■それから、渡辺S○子さんが、25日豊川の実家に帰省されることを聞きつけ、彼女に連絡してみました。S○子さんから「ミニミニ同窓会、できたらいいね」とありましたので、心当たりをあたってみたのですが、25日は、8月とは言え、民間で言えば給料日の週末ということで、みんな忙しそう。彼女も翌日は金沢方面に旅行されるとのことで、遅くまでは無理のようでしたので、S○子さんとは旧【1-4】でも同級の小生、一計を案じました・・。畏友の旧【3-2】中嶋Y行君(彼も旧【1-4】)を引っ張り出し、急遽、旧【1-4】クラス会に切り替え、小生と須美子さんは【3-7の会】を兼ねて挙行しようと企てました。となると、同じく旧【1-4】&【3-7の会】の女性で豊橋在住のmemberがあと一人いる・・。ということでS○子さんにお願いして林K子さんに電話して貰いました。S○子さん、25日は宜しくね。

■渡辺S○子さん : From: "watanabe" <xxxxx> Date: Wed, 16 Aug 2006 22:10:02 To: <xxxxjp>Subject: Re: 825日の件 

こんばんは。(中略) 林さんにお電話しました。 8時半だったのですが、まだ仕事中との事で長電話は出来ませんでした。 結論から言うとその時間は仕事が入っているから無理。 生徒さんとの話し合いで時間を変えることが出来たら行けるかもしれないけど・・・。 そうなったら今泉君に電話すると言ってました。 何度も誘ってくれてありがとう(筆者注:今春、浜松で峯田君と犬飼(石田)R子さんとミニミニ同窓会をやった折り、R子さんが林さんにミニ同窓会参加に声を掛けてくれたこと言っていると思われます・・)。懲りずに又誘って下さい、とも言ってましたよ。 じゃあ1-4のミニミニクラス会しましょう。 でも中島君私のこと覚えてなかったみたいだけど、いいのかな?(筆者注:大丈夫、暗記力の大天才の中嶋君ですよ。しっかりS○子さんのこと覚えていますよ。中嶋君は旧【1-4】時代、「桜田淳子?って、何組の娘()?」と言ってclassmatesから笑われたことで、一念発起。雑誌「平凡」と「明星」を買って一晩でマーカーを塗って暗記し、翌日、我々classmatesの前で当時のアイドルを全部諳んじ、みんなを驚天動地させたという逸話の持ち主ですからネッ。) 1x時xx分着の新幹線で行きます。楽しみにしています(筆者注:須美子さん、こちらこそ宜しく。ミニミニ同窓会を楽しみにしています。☆☆【急告】☆☆もし、825日、夕方18時からご都合がつく方がいらっしゃれば今泉までご一方下さい(携帯090-4193-9560 e-mail address : si8864@nifty.com )。)

【後記】■25日から小生、遅い夏休みが始まります。今年は長男が下宿している仙台に陣中見舞いに行って来ます。そして松島で久しぶりに釣り、さらに蔵王のお釜、平泉の中尊寺を見に行く予定です。でも、行く前から、夏バテ気味で・・。(了)

2006年8月15日 (火)

【時習26回3-7の会 0044】~田中H直君からmailがありました!!!

〔 ↓◆昨日8月14日夜作成したブログです。昨日、ブログに添付するのを失念しました・・ 〕
■今泉悟です。昨日のmailに引き続きのmailです。「今泉は何処まで狂っているんだ???」とお思いでしょうが、チョット待って下さい。掲題にあるように、田中H直君から昨晩mailが届いたんです!!!!
峯田君、ありがとう貴兄のご高配で、田中君とまさに何十年ぶりかコンタクトが取れました。本当に嬉しいです。こうして【時習26回3-7の会】の仲間が増えていくことが、小生、万年幹事をやっていてどれ程の励みになることか・・・。ほんと、嬉しいです・・。
■そこで・・!!、諸兄にお願いがあります・・・。峯田君が紹介してくれたように、まだmail版【時習26回3-7の会】のmemberでないclassmatesとコンタクトがあり、ご紹介頂ける方がいらっしゃいましたら、是非、ご一報を・・
■・・と、思っていたら、渡辺S○子さんから、今日mailがあり、彼女がclassmatesの女性で連絡がつく残りのお一方鈴木Iさんに電話して下さったのです。Iさんは、mail版【時習26回3-7の会】の仲間にはまだ時期尚早のようですが、小生、息の長~~い、クラス会にしていく心構えは、聊かも変わりありません。Iさん!、いつでもWelcomeですよ・・。お待ち申し上げております。と、言う訳で、田中君からのmailに続けて渡辺S○子さんからのmailもご紹介させて頂きます。
From: xxxxxxx@xxxxx.jp [mailto:xxxxx@xxxxxxx.jp]  Sent: Sunday, August 13, 2006 11:13 PM To: si8864@nifty.com Cc: xxxx@mtd.xxxx.ne.jp Subject: 【生きてるゾッと!!】
■今泉様  ご無沙汰しております。田中 H直です。 今朝、峯田くんから電話をもらい、昨日時習館3年7組の同窓会があったとの連絡を受けました。久々ながら相変わらずの若い声で一気に高校時代に頭がワープしてしまい、ようやくメールする気力が湧き上がりました。
■同窓会の案内は頂いていたのですが、無精で返信を溜めてしまい連絡を怠っておりました。気にはなっていたのですが、多忙にかまけて大変失礼しておりました。ご容赦下さい。
■昨日の同窓会の様子は、例のブログ「時習26回3-7会」にて拝見させて頂きました。皆さん年をとられたものの昔の面影が残っていて、楽しそうで何よりでした。幹事ご苦労様様です。
■当方、朝6時半の電車で都内に出勤し終電間際で帰る日々が未だに続いており、寄る年波で通勤が苦痛になってきたこの頃です。高3~小3まで4人の子供にスネをかじらせるために日々是決戦状態で、毎日起こる出来事に公私ともに緊張の連続です。返信無精の言い訳がましいですが。。。
■なかなか豊橋に帰るチャンスが最近少ないので同窓会にはいつ行けるようになるか判りませんが、まずはメールにて消息をお知らせします。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■続いて、渡辺S○子さんからのmailです。
From: watxxxx [xxxxxxxx@xxxx.xx.xx]  Sent: Monday, August 14, 2006 5:52 PM To: 今泉悟 Subject: 鈴木Iさん
今日は東京で停電があって大変だったようですね。 初めテロ?なんて思ったりしたけどこの時期にねえ。 簡単に首都の機能は麻痺してしまうんですね。
実は昨夜、Iさんに電話してみました。 彼女だけ連絡取れてないんですよね、女子の中では。 ひょっとしたら25日会えるかな?なんて思ったのですがダメでした。 毎日お忙しいようで、郵便物も見てないとか。 友達との付き合いが苦手らしく、集まりには出たくない様子でした。 でも調剤薬局で正社員としてお仕事されてるらしいですよ。 元気なのが分かって良かったです。
【後記】■12日の同窓会にご出席の皆さんへ、今日、お約束のCDが出来ました。今日、田原郵便局から発送致しましたので、早い方は明日辺り到着していると思います。同窓会・本会(一次会&二次会)写真枚数(重複分を含め250枚強)、母校時習館高校の今(早咲きの花の碑ほか、重複分含め54枚)、前者はジックリみると20分ほどかかります。が、皆さんの表情が機微に触れる処まで表現されていると思います。一生の記念になるのでは、とカメラマン今泉は心密かに自負しています(当然と言えば当然ですが、カメラマン今泉の写真が少ないのが残念です!!)。 
■時節は、二十四節気で言いますと、立秋も過ぎ、もうじき処暑(今年は8月23日)。処暑とは「暑さが処(とま)る、処(おさ)まる」の意です。この頃になると流石に夏の熱気の猛威も衰えを見せ、秋の気配を感じさせます。ここでまた小生の好きな漢詩を一つ・・。大変有名な詩、朱熹の偶成をお送り致します。
  偶成            (南宋) 朱熹
少年易老学難成   少年老い易く 学成り難し
一寸光陰不可軽   一寸の光陰 軽んずべからず
未覚池塘春草夢   未だ覚めず 池塘(ちとう)春草(しゅんそう)の夢
階前梧葉已秋声   階前の梧葉(ごよう) 已(すで)に秋声(しゅうせい)
【大意】若い時代は移ろい易く、学問というものはなかなか成就しない。 それ故、ほんのちょっとした時間すらも、疎(おろそ)かにしてはならない。 池のほとりに春の草が萌え出した楽しい夢から、いまだ覚めきらぬうちに、早くも庭先の梧桐(あおぎり)の葉を落とす秋が来たことに驚くのだ。 (了)

2006年8月13日 (日)

【時習26回3-7の会】同窓会・本会《速報》

Adsc_0001_1 Adsc_0019_1 Adsc_0027_1 Adsc_0120_1 Adsc_0160_1 Adsc_0162_1 Adsc_0215_1 Adsc_0232_1 Dsc_0145a_1 Dsc_0150a_1
Adsc_0147
■今泉悟です。先ほど(昨日、12日夜)、【時習26回3-7の会】同窓会・本会を滞りなく開催し、終了しました。12名のclatssmatesがブラウンズに予定どおり集い、さらに2次会も所用のある市川君を除く11名がスナック司に集いました。
■添付写真は、市川君を除く11名と偶然司に居合わせた【時習26回3年5組】の菅沼R雄君、スナック司のママを加えた13名の記念写真です。ほんと、懐かしく、楽しいひと時でした。別れのとき、来年の8月11日(或は18日)の再会を約して、各々、家路へと・・。
■幹事をやって、こんなに嬉しいことはありません・・・。皆さん、来年、また、会いましょう。そして、今年、会えなかった、皆さん、来年は必ず会えることを心からお祈りします。
■齢(よわい)を重ねると、無性に、同期の仲間に会って、自分の存在を確かめ合いたくなりますネッ。
■因みに、今日、集った仲間12名は、以下のとおりです。敬称略。五十音順。市川Y一郎、伊東M弘、井上N生、伊庭RE子、今泉悟、金子T久、菰田K己、竹内T也、彦坂T孔、牧野M孝、峯田H幸、山中(高木)K子、の各氏です。 皆さん、ご多忙中ありがとう。来年をまた会いましょう。
■このブログでは、mailに添付した2枚(2次会での全体写真(上述)、12名の「寄せ書き」)の他、参加者皆さんのスナップを9枚、合計11枚掲載しました。じっくりご覧下さい。同窓会の詳細は、追って、ご報告させて頂きます。
■因みに、スナップ写真を収録したCDも後日お送り致します。全部で247枚。ノーカットでお送りするつもりです。1枚1秒のペースで見て行っても4分以上要する大作(?)です。出席された皆さん、楽しみにしていて下さいネッ。(了)

2006年8月11日 (金)

【時習26回3-7の会 号外5】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。昨日、同窓会・本会前は状況に変化がなければこれが最後と申し上げましたが、若干situationが変わってきましたので、今日もご報告申し上げます。

■その1.今日、20時10分、千賀S始君から「やはり、明日は病院の勤務の関係から出席が難しい」との電話連絡がありました。残念ですが、次回の参加をお待ちしています。

・・・で、今回の参加者は11名でconfirmされるところですが・・、最後の可能性をかけ、小生の豊城中学校時代からの同窓生である、伊東M弘君と藤川T勇君に電話してみました。
■その2.伊東君に電話した処「明日は、仕事の関係から出席できるか微妙だけれど、明日昼迄に出欠の電話をするよ・・」と返事を頂きました。伊東君、朗報をお待ちしています。その後、小生宅の郵便受けを見たら、伊東君から同窓会への「欠席」の返事のはがきがあったことに気付いたのです・・。「伊東君、申し訳ない。断った後の今泉からの電話で・・」彼には20時30分頃自宅に電話を入れたのですが、彼はまだ、彼の会社に居ました・・。自宅の電話に出たのは、奥様のT子さん(旧姓市川T子(【時習26回3年9組】)さんです)。奥様と少し(時候のご挨拶)だけお話させて頂きました。T子さんは、確か・・、犬飼(石田)R子さんと大学と学部が同じでしたよね・・。それから、mail addressの件、これからは、貴兄の会社の方に配信させて頂きます。
■その3.藤川T勇君に電話させて頂きました。明日の同窓会は都合が悪く、欠席されるそうですが、次回の同窓会には是非参加して下さいね。それからmail addressをありがとう。これからの貴兄もmail版【時習26回3-7の会】の仲間です。これから、ず~~っと、宜しくね。
【後記】■本当だったら、伊東君、藤川君の他にも、電話連絡して、出席確認したいところですが、電話を両氏だけにさせて頂いたのは、時間の都合とともに、両氏が中学時代からの誼であるということでお許し下さい。次回は、また、全員にご案内させて頂きますから・・・。
■あっ、それから、伊東君へ、会場はブラウンズですから。ボレロでないので(為念)。電話0532-54-8255です。
■藤川君で、【時習26回3-7の会】のmail仲間は小生を入れて27名。cover率60%にまでになりました。皆様のご協力に感謝申し上げます。(了)
From: 藤川 [mailto:fjmelec@ybb.ne.jp]  Sent: Friday, August 11, 2006 8:27 PM To: si8864@nifty.com Subject: テストメールを兼ねて 
ご無沙汰しています。 同窓会の件は気にしつつ、忘れていました。 2,3年体調を崩していて、最近復帰したところで遅れを取り戻すべく、あせっているところですが何とか元気にしています。
皆様によろしくお伝えください。 藤川T男

2006年8月10日 (木)

【時習26回3-7の会 号外4】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。【時習26回3-7の会】同窓会・本会も、あと2日になりました。さあ、最後の準備に向け頑張るぞっ!!
■さて、今日は・・、朗報が2件半あります。
朗報その1:今朝、6時50分、牧野M孝君から小生の携帯に突然電話が入り、12日の同窓会に参加下さる旨連絡がありました。牧野君、ありがとう。貴兄からの電話、晴天の霹靂です。が、本当に嬉しいです。それから、mail addressも教えて貰いましたので、今日のこのmailから牧野君もmail版【時習26回3-7の会】の仲間入りです。宜しくお願いしますね。
朗報その2:今日、井上N生君から電話があり、12日の同窓会・本会に出席下さる旨連絡がありました。井上君、ありがとう。再会を楽しみにしています。
朗報(?)その2.:検討中の千賀S始君に電話して、出欠の確認をしました。できたら出席したいそうですが、当日まで解からないとのことで、解かり次第、小生かブラウンズに直接連絡を下さるそうです。(←筆者注:千賀君へ、食事手配の関係から、ブラウンズ(0532-54-8255)へは、できたら明日11日20時までに出欠の可否を連絡下さいネッ。最悪、当日午前11時までに直接ブラウンズ(その時間は姉妹店ボレロが受付ます)宛に出欠の確認電話をお願いします。その際、恐縮ですが、小生にも携帯に電話下さい(090-4193-9560))。それでは千賀君、宜しくお願いします。
■□■ 【時習26回3-7の会】同窓会・本会へのご案内《最終版》 ■□■
□1.開催日時  平成18年8月12日(土)18時~
□2.場   所  ブラウンズ 豊橋市松葉町3-70 ℡0532-54-8255 地図は「ブログ:7月17日【0038】号」をご参照下さい。
□3.会   費  5000円
□4.二次会もご用意してあります。スナック司(つかさ) 会費4000円(女性2000円) 奮ってご参加下さい。
【後記】■参加者が、なんとか2桁となり、幹事として正直「ホッ」としています。皆さんとの再会を楽しみにしております。お約束の青春のうた他CD全21曲も人数分ご用意してあります。楽しみにしていて下さい。
■それから寄せ書きの件ですが、新規にご参加下さる方が5名ほどいらっしゃいますので、プレ同窓会に引き続き執り行いたいと思います。コメント(寸評)をご用意しておいて下さい。
■もし、明日、今日と状況が変化なければ、今日のmailが同窓会・本会前の最終版となります。それでは、12日の再会を楽しみにしております。 (了) (^o^;)/

2006年8月 9日 (水)

【時習26回3-7の会 号外3】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。今日、金子(哲)君から12日の【時習26回3-7の会】同窓会・本会への出席確認のmailが届きました。
■ほんと、嬉しいです。金子君は、以前、彼からのmailでご紹介したように母上を亡くされてから、今度は父上の入院・手術で本当に大変だったのですネ・・。
■お父上のご容態が落ち着いたのであればいいのですが・・。12日は、暫し現実を横に置いて、昔のclassmatesと語らい、心を癒して下さい。
■それでは、金子(哲)君からのmailをご紹介致します・・・。
■From: t_xxxxx@mj.xxxxxx.co.jp [mailto:xxxxxxxx@mj.xxxxxx.xx.jp]  Sent: Wednesday, August 09, 2006 6:44 PM To: 今泉悟 Subject: Re: 【時習26回3-7の会 号外】同窓会・本会への誘い □■□今泉様  出欠の返事が遅れ申し訳ありません。 8月12日は予定通り出席させていただくつもりです。 7月28日に父親が手術を受け術後の容体が二転三転しておりましたが、ようやく落ち着き、当面は一安心と言ったところです。 3-7の会発足当初、「手伝えそうなことがあれば言ってください。」とメールに書いたような気がしますが、手伝うどころか返事も遅れる状態で申し訳なく思っております。 それでは12日に。
【後記】■井上君、千賀君、できましたら明日中に、ご連絡頂ければ有難いです・・。(了)

2006年8月 8日 (火)

【時習26回3-7の会 号外2】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。今日もまたmailで申し訳ございません。出欠の最終確認の都合上、今暫くご理解下さい。
■石田義博君よりお返事のmailが届きましたので、お知らせします。
■今回は、「当日所用があるため欠席」されるそうです。大変残念ですが、次回参加をお待ちしております。
■以下に、石田君からのmailをご紹介致します。
-----Original Message-----
■From: 石田 義博 [mailto:yoxxx@xxx.com] Sent: Tuesday, August 08, 2006 1:18 PM To: si8864@nifty.com Subject: RE: 【時習26回3-7の会 号外】同窓会・本会への誘い
■今泉君  頻回のメールと皆さんの便りを楽しませていただいております。本当にご苦労様です。 同窓会ですが、当日はやはり用事があり、今回は失礼させていただきます。返事が遅れて申し訳ありませんでした。 小生は日進市に住み、知多半島の半田市の市民病院に整形外科医として勤務しておます。今年、一番下の娘も大学に入学し、長男は昨年から就職し、次男は大学4年生で就職も決まり、何となく肩の荷が下りた感じで、先日妻と二人でアメリカ、カナダに旅行に行ってきました。 普段は仕事のストレスを、週3~4回のテニスで発散しております(仕事より疲れる?)。 機会がありましたらまた参加させていただきます。 石田 義博 

【後記】■出欠の確認です。出席予定の井上君、金子君、出席で宜しいですよね。 ■千賀君、出欠を教えて下さい。お返事をお待ちしております。(了)

2006年8月 7日 (月)

【時習26回3-7の会 号外】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。「今日もかぁ?・・」とお嘆き(?)の方もいらっしゃいますでしょうが、今暫くの辛抱です。今週末がclimaxですから・・。今日は要点だけ・・。
■彦坂君から「出席」の確認mailと、守田君から「欠席」のmailが来ましたので、その儘ご紹介します。お二人へ、お返事をどうもありがとう!!
■金子(哲)君、井上君、「出席」で宜しいですよネ。
■石田(義)君、千賀君、「出欠」のお返事をお待ちしています。
・・・それでは、ご紹介します・・・
■From: 彦坂T孔 [mxxxxx:XXXXxxxxx@xxxx.com]  Sent: Sunday, August 06, 2006 4:28 PM To: '今泉悟' Subject: 暑中見舞い 2006/08/06
 今泉悟様   千葉県柏市  彦坂T孔
■暑中お見舞い申し上げます。 ご無沙汰してますが,お元気ですか。 (ブログをみればすこぶる元気なことはよくわかりますが。) 12日は予定通り出席したいと思いますので,
よろしくお願いします。 久しぶりで本当に懐かしいですね。  愛知県は本当に暑そうですが,ご自愛ください。
・・・  ・・・  ・・・
■From: 守田 T洋 [xxxxxt-xxxxx@xxxxxxx.cc.jp]  Sent: Monday, August 07, 2006 10:08 AM To: 今泉悟 Subject: Re: 【時習26回3-7の会 0042】同窓会・本会への誘い
守田です。  いつもいつもメールご苦労様です。 12日の本会ですが都合悪くなってしまいました。 親戚の盆行事へのお付き合いが発生してしまいました。 従来は両親が行なってきたお付き合いも、最近は私の出番が増えてくるようになってきましたが、これも仕方ない事かと思います。我々も其れなりの年齢になってる訳ですからね。 残念ですが、又の機会に・・・。
今泉君や菰田君とはGOLF会を通じて偶には会えるけど、今回は久々に峯田に会いたかったな~ 一番出世の大学教授様に!ハハハ。
ところでブラウンズの社長は今泉君の中学の後輩、しっかり値切って良い料理出してもらってくださいね。 (了)

2006年8月 6日 (日)

【時習26回3-7の会 0043】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。昨日【0042】号を配信して、「今日もう【0043】号かい?」ってお思いの方もいらっしゃると思いますが・・、『そうなんです。今日【0043】号をお送りするのにはいくつか訳があります。万年幹事の話を是非聞いてやって、いや、読んでやって下さい』!!!
■まず、その1つ、以下に鈴木J司君からmailが来ました。■12日の同窓会・本会は家族旅行で出られなくなったそうで大変残念です。が、次回の参加を楽しみにしております。彼がmailに書いてくれたように『息の長い会』を目指しますので、力まず自然体で小生の性根が尽きるまで続ける所存です。応援願います。ところで、J司君のmailにあるように、彼がお話したい方々が何名かいらっしゃるそうです。なので、もし彼からmail等連絡があったら気楽にお話に乗って上げて下さいネッ。参考迄に、彼の了解を得た上で、この【0043】号発信前に彼と小生とのmail交信をそのまま載せます。
 * * * * *
■□■J司君へ、classmatesへの配信を了解してくれてありがとう。早速【0043】号にて配信させて頂きます。
From: j**** suzuki [*****:*******2007@***.**.jp]  Sent: Sunday, August 06, 2006 1:06 PM To: 今泉悟 Subject: Re: 【時習26回3-7の会 0042】同窓会・本会への誘い 《 前略、全文載せて下さってかまいません。よろしく。草々 》
■J司君へ、今泉です。昨日、貴兄に返信mailを打ってから、再度、考えました。やはり、貴兄が送ってくれたmailをclassmatesに全文配信しようと思います。小生の勝手をお許し下さい。
■貴兄にとっても、classmatesは気が置けない(気遣いしなくてよい)輩ですよね。【時習26回3-7の会】は、まさにそういう仲間達の集まりにしたいと思っています。
■J司君が、気楽にmailや電話で連絡ができるよう、きっとみんなも気持ち良く迎え入れてくれると確信しています。現在、小生がmail送信しているclassmatesは、小生以外24名に達しています(伊東君はmail box一杯で返送されて来ていますが・・)。
■mail送信しているclassmatesは以下の24名の方々です(卒業アルバムの名簿順:敬称略)。
□■□石田(義)、市川、伊東、井上、金子(哲)、菰田、白井、鈴木(淳)、千賀、竹内、中山、二橋、林(政)、彦坂、峯田、村田、守田、山田、伊庭、犬飼(石田(玲))、山中(高木)、下浦(原田)、今井(土方)、渡辺 (1月19日に15名の方々に配信し始めてこんなに増えました・・)。
■拝啓、今泉君にはご多忙中にも関わらず、ご足労をおかけし、恐縮しています。 私事ですが、2000年12月8日に勤めていた会社をリタイアし、2002年10月1日に「スズシン」という事業体を設立し、もうすぐ4年が過ぎようとしています。 事業自体は可もなく不可もなく細々と順調に推移しています。 ■高校時代からみなさんお気づきだったはずですが、42歳で不治の難病に罹っていることに気づき、以来、教育事業以外自分を活かす道がないことを悟った次第です。 ■しかし、コペルニコス的発想で、自分を活かす道さえ間違えなければ、人類の進化の形態の一つだというのが私の主張です。まだ、主治医の告知はありませんが。 ■今回の本会は家族旅行のため、欠席させていただきます。近々、またの機会があれば参加したいと思います。息の長い会であることを願いつつ今回の不参加をお詫び申し上げます。■□■ただ、メールを送っていただくと連絡をとってお互いの近況などを語り合いたい方が何人か見えます。卒業25周年から月日の早いもので早7,8年経っています。私自体は激変しましたが、皆さんは恙無くお過ごしでしょうか。敬具(←筆者注:J司君へ~、この【0043】号で、24名のclassmatesにお知らせしましたので、from now on...気軽にmailしてあげて下さい。ただ、みんなも忙しい人が多いので、小生のように毎日mailを見られている訳ではないのでは、その点はご了承下さい。
■そして、その2:石田(義)君、千賀君、守田君へ、先程、同窓会会場の「ブラウンズ」から、「人数の最終確認を11日(木)までに連絡が欲しい」と電話がありました。したがって、ご多忙中恐縮ですが、11日木曜日までに出欠の連絡(mail or phone)を下さいネッ。電話でも結構です。自宅:0532-64-6151 勤務先(三菱東京UFJ銀行田原支店 D.I. 0531-23-3221) 携帯090-4193-9560
■さらに、その3:客寄せPandaではありませんが、万年幹事から参加される皆さんへプレゼントを用意させて頂きました。プレゼント①【青春のうた【時習26回3-7の会】060812】CD全21曲(1.あの素晴らしい愛をもう一度 2.神田川 3.誰もいない海 4.心の旅 5.結婚しようよ 6.岬めぐり 7.学生街の喫茶店 8.あの日にかえりたい 9.22歳の別れ 10.雨の物語 11.夢の中へ 12.遠い世界に 13.空よ 14.戦争を知らない子供たち 15.冬が来る前に 16.卒業写真 17.赤ちょうちん 18.川の流れのように 19.愛燦燦 20.北の国から~テーマ 21.Barber's Adagio)を出席の皆さんにもれなくプレゼントさせて頂きます。今もmailを書きながらこのCDを聞きながら気分は学生時代に・・。19曲までは全てオリジナル曲で、当時聞いたメロディそのもので本当に懐かしいですよ。20曲目の「北の国からのテーマ」はさだまさしの曲をロシアの天才Trumpeterナカリャコフの演奏で。最後の21曲目「BarberのAdagio」はバーバーの弦楽四重奏曲が原曲で、映画Platoonのテーマ音楽で有名です。寝る前に聞くと、α(アルファ)派が出て暑く寝苦しい夏の夜もぐっすり安眠に誘ってくれる名曲です。以上全曲79分ものです。参加される方、楽しみにしていて下さい。プレゼント②参加者全員の色紙(これは前回のプレ同窓会で好評でしたが、今回新たに参加される方がいらっしゃるので、やろうと思いますが、「また、やるの~~ッ?」という方もいるかも知れませんので、皆さんのご意見を頂戴して実施するか決めたいと思います。)
■以上、同窓会・本会について、思いつく儘に書き連ねました。それでは、8月12日(土)18時00分「ブラウンズ」にてお待ち申し上げております。(^o^;)/(了)

2006年8月 5日 (土)

【時習26回3-7の会 0042】同窓会・本会への誘い

■今泉悟です。【0042】号をお送りします。「【時習26回3-7の会 0042】同窓会・本会」がいよいよ1週間後に迫って参りました。そろそろ参加される皆さんから最終確認を頂戴したいと思いますが、如何でしょうか?とは言え「ギリギリまでわからない」方もいらっしゃるかと存じますので、そういう方はその旨お伝え下さい。会場の「ブラウンズ」に人数の最終確認を遅くとも前日11日(金)には伝えたいと思います。
■現状、出席を表明して下さっている方々はご覧の10名です(五十音順)。
①6月24日「プレ同窓会」で【同窓会・本会】出席を確認できている方 : 市川君、伊庭さん、今泉、菰田君、峯田君、山中(高木)さん
②事前のはがきアンケート、mail等で出席を表明している方 : 井上君、金子君、竹内君、彦坂君
■そして、現状、出席を検討中の方は4名です(同)。 : 石田(義)君、鈴木(淳)君、千賀君、守田君
尚、出席を検討中で出席できなくなった方では、犬飼(石田)さんが最近mailを下さいました。残念ですが、次回の参加を期待しております。犬飼さんからのmailをご紹介致します。
From: 犬飼 玲子 Sent: Wednesday, August 02, 2006 11:22 PM Subject: 欠席します■クラス会は申し訳ありませんが、欠席します。 最近、忙しく家にいる日がなく、プールにもなかなか行けません。 あれこれと一度にやり始めた(筆者注:また、何を始められたかご紹介下さいネッ)ので、少しハードですが、充実しています。 12日は楽しい一時をお過ごし下さい。
■【時習26回3-7の会 0042】同窓会・本会開催のご案内
■開催日時  2006年08月12日(土) 18時00分~20時30分 → 二次会もご用意してあります
□開催場所  ブラウンズ 住所豊橋市松葉町3-70 ℡0532-54-8255 (地図:添付資料をご参照下さい)
■会   費  5000円  (2次会参加の方は+4000円 → 2次会は「司」(0532-55-3881)を予定)
□■□出席を検討中の方へ ■このmailの返信で、出欠のご回答を頂戴できれば幸甚です。期近までお返事ない場合は、再度、確認のmailをお送りする予定です。32年ぶりの同窓会です。都合のつく方は是非参加下さい。朗報をお待ち致しております。 
■【後記】今週8月1日、豊橋市は市制100周年を迎えた。当日、地元新聞「東愛知新聞」の記事の一部をご紹介します。■豊橋市は100年前のきょう、全国62番目、県内2番目の市として誕生した。同年(1906・明治39)はわが国が、日露戦争に勝った翌年である。当初の市人口は37,600人余りで、面積は20平方キロみ満たなかった。(中略)昭和7年、下地、高師など、隣接する5町村を併合。人口は14万人に増え、活気あふれる『軍都』『蚕糸の町』として、全国に知れ渡るようになった。戦前を知る人たちは「浜松よりも豊橋の方がにぎやかだった」と口をそろえる。 ■【豊橋が日本一】①edible flower(食用花)、大葉、ハーブ等全国シェア1位。edible flowerは全国シェア9割。年間290万パックが出荷される。大葉は同2000トン、全国シェア3割を生産。 ②次郎柿:年間6600トンで日本一。大正初期静岡県森町で育てられた苗木を石巻小野田町に移植したのがはじめ。その後、蚕都・豊橋を支えた桑畑が柿畑に変わって行った。 ③うずら卵:全国シェア6割。21戸の農家が300万羽を飼育。240万個/日を生産。大正10年頃より飼われるようになった。 ④三河港:輸入自動車の台数・金額ベースで13年連続全国一。輸出自動車でも台数は名古屋に次ぎ2位だが、価格は昨年一位に。ほかに、ゼリーや高級筆、等が全国一。 意外と全国一のものがあるのですね・・。(了)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ