« 【時習26回3-7の会 0144】~「26日:『白州正子』命日」「28日:『モーリス・ラヴェル』命日」「23日:『オスカー・ピーターソン』逝去」 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0146】~「時節は『小寒』・・」「【2637の会】の皆さんからの賀状紹介〔その2〕」「青春の歌から・荒井由実『やさしさに包まれたなら』」「西行『さびしさにたへたる人の・・』」 »

2008年1月 3日 (木)

【時習26回3-7の会 0145】~「【2637の会】の皆さんからの賀状紹介〔その1〕」

2636membersblog_3■今泉悟です。 【時習26回3-7の会】の皆さん!明けましておめでとうございます。今年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。
▼正月もあっと言う間に三箇日の最終日となってしまいました。皆さん夫々のお正月をある人は慌しく、ある人はゆるりと過ごされたことと思います。小生の休日は12月29日から今日までですが、それなりに忙しくあっと言う間に休日最終日を迎えてしまいました。(涙)(笑)
▼さぁ、今日も、いやっ、今年も【2637の会】会報を張り切ってお送りして参りたいと思います。引き続き宜しくご贔屓に・・。(笑)

■さて、今日【0145】号は、先日お約束致しました通り、【2637の会】membersの皆さんからの年賀状をご紹介致します。年賀状は今日3日までのところ、9通頂戴致しました。賀状を送ってくれた、市川君、伊庭さん、河合君、J司君、千賀君、中村君、二橋君、彦坂君、山田君(以上五十音順)、どうも有難う!! とても嬉しいです。今回は、初めて河合君から年賀状が届きました。河合君、賀状をどうもありがとう。同窓会でお会いできるといいですね。
▼ところで、皆さんからの葉書を纏めてみました。添付写真をご高覧下さい。そして、以下に、直筆のcommentを頂戴している方の中から、伊庭さんと二橋君の当該comment部分をご紹介します。(尚、少しピントがズレますが、添付写真を拡大してもご覧頂けますヨッ。(為念))

伊庭さん▼またお会いできる日を楽しみにしています。いつもmailありがとうございます。

【筆者comment】▼伊庭さんへ、こちらこそ、8月16日【2637の会】同窓会には万障お繰り合わせの上ご参加下さい。お待ちしています。ところで、写真の叢雲絞りの「ショルダーバッグ」、素晴らしい出来栄えですねぇ・・。忙しい毎日の中でも、素晴らしい趣味でキッチリと気分転換なされているご様子。敬服致します。m(_ _)m (笑)

二橋君】▼本年も宜しく。Mail通信はもっと短くして下され。貴兄に習って腹筋強化したら蹴上がりが再びできるようになりましたワッハッハッ

【筆者comment】▼↑↑↑↑↑二橋君へ、な、なんと、蹴上がりが出来る様になったん・・ウン????? スゴイじゃ~~ん! 若いですねえぇぇ・・ッ(笑)(←驚嘆!!)
▼小生も、腹筋だけは毎日欠かさず40~45分間連続で続ける様にしています。お蔭で体脂肪はグッと少なくなりました。ただ、皮下脂肪は駄目ですけどね・・。ある本で〔45歳からのアンチエイジング10カ条〕と題して、
〔①食事は食べ過ぎない ②アルコールは控える ③紫外線は避ける ④何事も前向きに考える ⑤禁煙する ⑥筋力を鍛える ⑦骨を丈夫に ⑧男性の更年期に注意 ⑨安易なホルモン補充療法は禁物 ⑩大豆イソフラボンを適度に摂る〕を挙げていて、「筋力を鍛える」の詳細では次の様に言っている。
 ☆★☆ 老化は足から、とよく言われますが、筋力トレーニングを行って、足腰を確り鍛えることが、アンチエイジングの重要な要素です。『筋肉の中でも、とくに大切なのが太ももの筋肉。この筋肉は膝の関節を支えるのに働く筋肉で、ここが確りすることで、膝関節への負担が減少し、膝痛を予防することができます』 また、お腹の奥にある、腸腰筋は、太ももを上げるときに作用する筋肉。ここが弱ると歩きにくくなり、躓き易くなります。また、筋力トレーニングは、肥満の予防や、骨粗しょう症の予防にも効果的。肥満は、腰痛や膝痛を引き起こすだけでなく、病気の原因にも。男性や更年期以降の女性に多い内臓脂肪型肥満は、生活習慣病を引き起こすので、とくに注意が必要です。筋肉トレーニングに加えて、有酸素運動、ストレッチなども一緒に行うとよいでしょう。 ★☆★
▼まぁ、二橋君! 勢い良く手足を伸ばした瞬間、『ゴキッ』と来たら、怖いですねぇ、恐ろしいですねぇぇ・・。お互い若くはないですから、無理せずほどほどにsteadyに参りましょう!(笑)

■【2637の会】memberの皆さん、8月16日の同窓会での再会を楽しみにしております。m(_ _)m

【後記】■今日の締め括りは、新春にあたり虚子の有名な句を一つ・・

 去年今年(こぞことし) 貫く棒の 如きもの  高浜虚子

【解説】▼大岡信『百人百句』より。「はじめてこの句に接したときのイメージだが、「去年今年貫く棒の如きもの」というのは、去年から今年にかけて一本の棒が貫いており、その一本の棒には、いろいろなところに出っ張りがくっついていて、ちょうど鬼ヶ島の鬼が持っている棒のようなイメージが浮び、その棒が一年を通じて貫いているという感じをもった。ところが、(中略)『去年今年』とは俳句の季語であることを知り、がっかりした。(中略)「去年今年」という季語でつくられた俳句はたくさんあり、(中略)虚子の(【筆者注】この『去年今年・・』の)句だけは破れているというか、季語が季語性を失ってしまっているところがあり、それが怪物性となっている。(中略)「去年今年」の句を読んだときに、俳句という最小の詩型で、これだけ大きなものを表現できるのはすごいと思わざるを得なかった(以下略)」
【筆者comment】▼この作品は昭和25年暮の作品で、虚子76歳の作。当時、鎌倉駅構内でこの作品に出会った川端康成が、背骨を電流が流れたような衝撃を受けたと、感動した模様を彼の随筆で表している。『去年今年』という季語の意味は、「一夜明ければ昨日は去年であり、今日は今年である。たちまちのうちに年去り年来るという、時の移ろいの速さに深い感慨を覚える言葉」である。人生、五十路の央に歩みを進めんとする我等には共感性のある季語である・・。この虚子の作品は、繰り返し詠むと、確かに野太い存在感の大きい傑作であることを実感できると思う。

では、また・・。(了)

« 【時習26回3-7の会 0144】~「26日:『白州正子』命日」「28日:『モーリス・ラヴェル』命日」「23日:『オスカー・ピーターソン』逝去」 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0146】~「時節は『小寒』・・」「【2637の会】の皆さんからの賀状紹介〔その2〕」「青春の歌から・荒井由実『やさしさに包まれたなら』」「西行『さびしさにたへたる人の・・』」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62974/9700795

この記事へのトラックバック一覧です: 【時習26回3-7の会 0145】~「【2637の会】の皆さんからの賀状紹介〔その1〕」:

« 【時習26回3-7の会 0144】~「26日:『白州正子』命日」「28日:『モーリス・ラヴェル』命日」「23日:『オスカー・ピーターソン』逝去」 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0146】~「時節は『小寒』・・」「【2637の会】の皆さんからの賀状紹介〔その2〕」「青春の歌から・荒井由実『やさしさに包まれたなら』」「西行『さびしさにたへたる人の・・』」 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ