« 【時習26回3-7の会 0274】~「01月17日『ポーラ美術館』を観て」「藤原正彦『名著講義』から「新渡戸稲造『武士道』を読んで」」 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0276】~「坂東眞理子『幸せの作法』、三浦朱門&曽野綾子『夫婦口論』、「五木寛之『人間の運命』から・・『幸福』とは・・??」 »

2010年1月31日 (日)

【時習26回3-7の会 0275】~「02月01日:『小坂井町の終焉→豊川市に編入さる』」「01月17日:『ポーラ美術館』を観て〔その2〕」「01月26日:『神戸港視察と兵庫県立美術館』」「細川護煕『私の履歴書[28]~小次郎は生きていた』から」

■今泉悟です。 皆さん如何お過ごしですか。 さぁ、今日も【2637の会】会報【0275】号をお送りします。
 今日も、【2637の会】や【時習26回】関連の記事はございません。

 まず、地元愛知県にお住まいの方はご存知だと思いますが、東西にお住まいの方々はご存知ないかもしれませんのでお伝えします。
 実は、今日01月31日で「宝飯郡小坂井町」が町としての83年余りの歴史に幕を閉じます。そして、「宝飯郡」もなくなります。
 ということは、T三先生宅のご住所も、明日から、宝飯郡小坂井町から豊川市に変わるのですね。
 因みに、町村制施行後の小坂井町の歴史は以下の通りです。

 1889年10月01日 町村制施行。宝飯郡小坂井村、篠束村、宿村、平井村が合併し豊秋村(とよあきむら)が設置された。
 伊奈村は単独で伊奈村を設置。
 1906年09月12日 豊秋村と伊奈村が合併し、小坂井村に。
 1926年09月12日 町制施行、小坂井町となる。

 因みに、豊橋がある東三河の地を昔から「穂の国」と言いますが、「ほ」=「穂(ほ)」=「宝(飯)(ほ(い))」=「豊(ほ(う))」の国であった。即ち、豊橋や豊川の「豊(ほ(う))」の字は「ほの国」の「ほ」から来たと言われています。
 小坂井町編入により豊川市は、人口18万3千人になります。
 豊川市が出来てからの歴史を少し紐解きますと以下の通りです。

 1943年06月01日 宝飯郡豊川町、牛久保町、八幡村、国府町が合併し、豊川市市制施行。愛知県下8番目、全国208番目の市となる。
 1955年04月12日 八名郡三上村を編入。
 1959年04月01日 宝飯郡御油町を編入。
 2006年02月01日 宝飯郡一宮町を編入。面積:65.44km2→102.05km2、人口:42,300世帯、121,000人→47,500世帯、137,000人。
 2008年01月15日 宝飯郡音羽町、御津町を編入。面積:150.71km2、推計人口:約57,200世帯、約162,000人へ。
 2010年02月01日 宝飯郡小坂井町(面積:9.92km2、人口:約7,000世帯、約21,800人)を編入。

【小生comment】
 今後は、東三河市の誕生に向けてどう進んでいくか、注目されるところであります。

■さて続いては、前《会報》でお約束した、「『ポーラ美術館』を観て」から〔その2〕をご案内させて頂きます。
 この美術館の収蔵品の豊富さと質の高さに驚愕したことは前号でお伝えしました。
 そこで、具体的に収蔵品目をご覧に入れたいと思います。
 図録の解説によれば、この collection の規模は、西洋絵画400点、日本の洋画280点、日本画160点、版画900点、彫刻30点、東洋陶磁180点、日本の現代陶磁200点、ガラス工芸790点、それに古今東西の化粧道具6,700点を含め、総数9500点、という。
 それでは、解説は抜きにして、理屈なしに名画の良さを堪能して下さい。

[01]アングル『男の頭部(ホメロス礼賛のための習作)』1827年頃
–––––––––––––––––––––[02]ドラクロア『ペルシアの王の贈物を拒絶するヒッポクラテス』1830年代(推定)
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[03]ドーミエ『三市民』1850年頃
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[04]クールベ『牡鹿のいる雪の風景』1866-69年頃
011827
021830
031850
04186669





[05]マネ『サラマンカの学生達』1860年
––––––––––––––––––––[06]マネ『ベンチにて』1879年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[07]ドガ『マント家の人々』1879-80年頃
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[08]ドガ『休息する二人の踊り子』1900-05年頃
051860
061879
07187980
08190005







[09]ルノワール『水浴の女』1887年
––––––––––––––––––––[10]ルノワール『ムール貝採り』1888-89年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[11]ルノワール『レースの帽子の少女』1891年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[12]モネ『サン=ラザール駅の線路』1877年
091887
10188889
111891
121877







[13]モネ『アルジャントゥイユの花咲く堤』1877年
––––––––––––––––––––[14]モネ『ジヴェルニーの積み藁』1884年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[15]モネ『ルーアン大聖堂』1892年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[16]シスレー『マルリーの水飼い場』1873年
131877
141884
151892
161873







[17]スーラ『グランカンの干潮』1885年
––––––––––––––––––––[18]Signac『オーセールの橋(Bridge at Auxerre)』1902年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[19]Cezanne『4人の水浴の女たち』1877-78年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[20]Cezanne『プロヴァンスの風景(Landscape in Provence)』1879-82年
171885
18signacbridge_at_auxerre1902
19cezanne4187778
20cezannelandscape_in_provence18798



[21]Cezanne『アルルカン(Harlequin)』1888-90年
–––––––––––––––––––[22]Cezanne『砂糖壺、梨とテーブルクロス(Sugar Bowl, Pears, and Tablecloth)』1893-94年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[23]Gogh『ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋』1888年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[24]Gogh『薊(アザミ)の花(Flower Vase with Thistles)』1890年
21cezanneharlequin188890
22cezannesugar_bowl_pears_and_table
23gogh1888
24goghflower_vase_with_thistles1890









[25]Gauguin『白いテーブルクロス(The White Tablecloth)』1886年
––––––––––––––––––[26]Lautrec『ムーラン・デ・ラ・ガレットにて(At the Moulin de la Galette)』1891年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[27]Redon『日本風の花瓶(Flowers in a Japanese Vase)』1908年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[28]Utrillo『シャップ通り(Chappoe Street)』1910年
25gauguinthe_white_tablecloth1886
26lautrecat_the_moulin_de_la_galett
27redonflowers_in_a_japanese_vase19
28utrillochappoe_street1910







[29]Modigliani『ルニア・チェホフスカの肖像(Portrait of Lunia Czechowska)』1917年
––––––––––––––––[30]Chagall『村のパン屋(Baker of Village)』1910年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[31]Chagall『町の上で、ヴィテブスク(Above the Town, Vitebsk)』1915年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[32]Chagall『私と村(I and Village)』1923-24年
29modiglianiportrait_of_lunia_czech
30chagallbaker_of_village1910
31chagallabove_the_town_vitebsk1915
32chagai_and_village192324









[33]Pascin『果物を持つ少女(Girl with a Plate of fluit)』1927年
––––––––––––––––[34]Leonard Foujita『自画像(Self-Portrait)』1929年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[35]Marie Laurencin『ヴァランティーヌ・テシエの肖像(Portrait of Valentine Tessier)』1933年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[36]Rouaoult『夕暮れ(Crepuscule)』1942年
33pascingirl_with_a_plate_of_fluit1
34leonard_foujitaselfportrait1929
35marie_laurencinportrait_of_valent
36rouaoultcrepuscule1942







[37]Picasso『海辺の母子像(Mother and child by the Sea)』1902年
––––––––––––––––[38]Picasso『葡萄の帽子の女(Head of a Girl in a Hat Decorated with Grapes)』1913年[
–––––––––––––––––––––––––––––––––––[39]Picasso『母子像(Motherhood)』1921年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[40]Picasso『花束を持つピエロに扮したパウロ(Paulo as Pierrot with Flower)』1929年
37picassomother_and_child_by_the_se
38picassohead_of_a_girl_in_a_hat_de
39picassomotherhood1921
40picassopaulo_as_pierrot_with_flow









[41]Picasso『花売り(Flower Seller)』1937年
––––––––––––––––[42]Picasso『草上の昼食(Le dejeuner sur l'herbe)』1959年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[43]Braque『ギターのある静物(バラ色の背景)()Still Life with Guitar(Rose Background)』1935年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[44]Vlaminck『シャトゥー(Chatou)』1906年
41picassoflower_seller1937
42picassole_dejeuner_sur_lherbe1959
43braquestill_life_with_guitarrose_
44vlaminckchatou1906






[45]Dufy『食道楽(Gastronomy)』1950年
––––––––––––––––[46]Kandinsky『支え無し(without Support)』1923年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[47]Miro『夜の人物と鳥(Personages and Bird in the Night)』1944年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[48]Dali『姿の見えない眠る人、馬、獅子(Invisible Sleeper; Horse, and Lion)』1930年
45dufygastronomy1950
46kandinskywithout_support1923
47miropersonages_and_bird_in_the_ni
48daliinvisible_sleeper







[49]De-Chirico『へクトールとアンドロマケー(Hector and Andromache)』1930年
––––––––––––––––[50]Rene Magritte『生命線(The Line of Life)』1936年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[51]小山正(しょう)太郎『濁醪療渇黄葉村酒』1889年([意]濁醪(どぶろく)が喉の渇きを癒してくれる黄葉の美しい村の酒店)
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[52]浅井忠『武蔵野』1898年
49dechiricohector_and_andromache193
50rene_magrittethe_line_of_life1936
511889
521898







[53]黒田清輝『野辺』1907年
––––––––––––––––[54]黒田清輝『菊』1912年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[55]藤島武二『女の横顔』1926-27年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[56岡田三郎助『あやめの衣』1927年
531907
541912
55192627
561927









[57]和田英作『薔薇』1926年
––––––––––––––––[58]岸田劉生『麗子坐像』1919年
–––––––––––––––––––––––––––––––––[59]佐伯祐三『アントレ・ド・リュー・ド・シャトー(Entree de Rue du Chateau)』1925年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[60]荻須高徳『ジャン・ジョレス界隈。ジュマップ河岸(Jean Jaures along theBank of Jemmape)』1958年
571926
581919
59entree_de_rue_du_chateau1925
60jean_jaures_along_the_bank_of_jem







[61]梅原龍三郎『麗雲』1940年
––––––––––––––––[62]安井曾太郎『中国風景』1944年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[63]安井曾太郎『薔薇』1954年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[64]岡鹿之助『掘割』1927年
611940
621944_2
631954
641927







[65]熊谷守一『きび畑』1960年
––––––––––––––––[66]前田青邨『牡丹』1961-63年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[67]東山魁夷『リーベの家』1963年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[68]杉山寧『水』1965年
651960
66196163
671963
681965a



[69]杉山寧『洸』1992年
––––––––––––––––[70]エミール・ガレ(Emile Galle)
––––––––––––––––––––––––––––––––––[71]ガレの花器–––––––[72]ガレの花器&瓶
691992
70emile_galle
71
72







[73]ガレの花器––––––[74]ガレの花器–––––––[75]ガレの花器––––––[76]ガレの花器
73
74
75
76







[77]ガレの花器––––––[78]ガレの花器
77
78


【小生comment】
 如何でしたか? mailか何かで感想をお聞かせ頂ければ幸甚です。


■続いては、『神戸港視察と兵庫県立美術館』についてです。
 実は小生、先週01月26日(火)に、仕事で某団体主催の神戸港視察に行って来ました。
 「日本を代表する港」と言えば、「関東の横浜港」と「関西の神戸港」というくらいは皆さんもよくご存知のことと思います[添付写真[101]~[105]ご参照〕。
[101]神戸港の3島〔左上:ポートアイランド、左下:神戸空港、右上:六甲來ランド〕
––––––––––––––––[102]巨大なgantry crane
––––––––––––––––––––––––––––––––––[103]居並ぶガントリークレーン(gantry crane)
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[104]gantry carneを使い積荷作業をするcontainer-ship
101
102gantry_crane
103gantry_crane
104gantry_carnecontainership








[105]HAT神戸にある「人と防災未来センターと兵庫県立美術館」Map
105hatmap

 ただ、最近の世界の海運業界の流れは大きく変貌していることはご存じない方も少なくないと思いますので最近の状況をちょっとだけお伝えします。
 現代の世界の物流は、コンテナ貨物の取扱いでその規模をみてみますと、神戸港は、1980年には、米国:ニューヨーク/ニュージャージー、オランダ:ロッテルダム、香港に次ぎ世界第4位であったのですが、2005年には、一位のシンガポールから、香港、中国:上海、中国:深セン、韓国:釜山、台湾:高雄・・・とずっと順位を下げ32位に低迷しています。
 シンガポールをはじめとする東アジア主要港の台頭により国内主要港の相対的な地位低下が止まらないため、我国でも「【東京湾】東京港3,727,300TEU(国内1位)(スーパー中枢港湾)・ 横浜港3,203,871TEU(国内2位)(スーパー中枢港湾)・川崎港30,189TEU(国内28位)、【伊勢湾】名古屋港2,630,517TEU(国内3位)(スーパー中枢港湾)・四日市港166,492TEU(国内11位)(スーパー中枢港湾)、【大阪湾】神戸港2,040,285TEU(国内4位)(スーパー中枢港湾)、大阪港1,950,006TEU(国内5位)(スーパー中枢港湾)・堺泉北港-9,459TEU(国内46位)」が失地挽回すべく注力中である。
 これら日本のスーパー中枢港湾も、取扱数量は、世界1位のシンガポール23百万TEU、第2位の香港22百万TEUより一桁少ない。如何に東アジアの国際ハブ港湾がこの四半世紀で巨大化しているかがお解かり頂けたと思います。
【小生注】TEU=Twenty feet equivalent unit の略で、20フィートコンテナ換算個数。

 小生、神戸港の湾内を視察した後、HAT神戸にある「人と防災未来センター」(添付写真[106]ご参照)で、阪神淡路大震災の疑似体験をしました。

[106]神戸港から見た「人と防災未来センター」
106

 あの大震災の日から今月17日でもう満15年が経ったのですね。平成07年01月17日午前05時46分。神戸&淡路での建物・構築物の倒壊を再現するコーナーや、震災で肉親をなくされた少女(当時15歳)の震災時の体験談、等を改めて見聞きし、暫く言葉を失いました。

 そして、このセンターで解散した小生、徒歩1~2分のすぐ傍にある「兵庫県立美術館」に立ち寄りました。昨年1月以来、丁度一年ぶりの訪問となりました。あの小磯良平記念室がある美術館です。『T嬢の像』と『斉唱』をご覧下さい。一年ぶりに見る二つの絵は、やはり素晴らしかったです。何か、昔の憧れの片思いの彼女に巡り合えた様な、年甲斐もなく心がときめきました。(笑)
 今回は、NikonD90で撮影しました。勿論、三脚・フラッシュなしで。手前味噌ですが、意外とよく撮れていると思います。
 尚、兵庫県立美術館では、「ジプリの絵職人『男鹿和雄』展」が開催されており、子供連れの家族や若い couple で平日にも拘らず企画展 couner がごった返していました。男鹿和雄の作品は、「宮崎駿に男鹿和雄あり」と言われるくらい、宮崎駿作品の背景画を受け持ち、見る者に郷愁( nostalgie )と真実性( reality )という魅力を与え続けています。約600点の作品が展示されており、壮観でした。


[107]兵庫県立美術館入口
––––––––––––––––[108]小磯良平『T嬢の像』
––––––––––––––––––––––––––––––––––[109]小磯良平『斉唱』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[110]ジプリの絵職人「男鹿和雄」展
107
108t_
1091941_
110








【後記】■今日の締め括りは、今月の《会報》【0272】号でもご紹介させて頂いた「細川護煕『私の履歴書」から、今日はその第28回目~小次郎は生きていた』から」です。では、どうぞ・・

 〔前略〕南北朝以来、幾たびも戦乱があったが、細川家はほとんど火災などに遭わなかったので、学術的にも価値のある古文書などが約8万点、枚数にすると数百万枚、美術品も約7千点余りある。
 国宝、重文なども相当含まれているが、そうしたものがほとんど今日まで残っているのは奇跡の様な話だ。〔中略〕随分と興味を惹かれる様な記録もある。
 例えば、三代・忠利が小倉の藩主だったとき、あの有名な巌流島の決闘が行われた。吉川英治さんの小説では、佐々木小次郎は、宮本武蔵の櫂を削って作った木刀で打たれて絶命するのだが、門司城代で、その後武蔵を城内に匿(かくま)った沼田延元の記録によると次の様だったという。
 武蔵に打たれた小次郎は、恐らく脳震盪を起こして気を失うが、暫くして蘇生する。師匠の果し合いの現場を見にやって来た武蔵の弟子達がそれを見てこれは大変だと止(とど)めを刺したということが書かれている。武蔵に関する記録は細川家に伝わるものが唯一の公文書だから、こうなると話が大分変わって来る。
 細川家は記録を大事にする家で、江戸時代265年間、担当者が毎日欠かさずつけていた日記もある。それによると、忠臣蔵の討ち入りの日、つまり元禄15年の12月14日は、歌舞伎や芝居、映画などでは必ず雪が降っているが、その日誌によると雪ではなく曇りだったとある。
 討ち入りの後、大石内蔵助ら17人は細川藩の下屋敷に預けられるが、他の藩が浪士達を犯罪人扱いしたのに対し、細川藩では武士の鏡として手厚く持て成した。三食とも二汁五菜のご馳走だったため、長い間食うや食わずで過ごして来た浪士達は、流石に胃につかえた様で、もう少しお膳を軽くして頂きたいという内蔵助の要望書が残されている。〔以下略〕

【小生comment】
 武蔵と小次郎の決闘の仔細、忠臣蔵の日の天候等々、今迄の常識とは違う新しい史実を発見した。 何か得した気分になる。こういうことってワクワクしますね。
 では、また・・。(了)

« 【時習26回3-7の会 0274】~「01月17日『ポーラ美術館』を観て」「藤原正彦『名著講義』から「新渡戸稲造『武士道』を読んで」」 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0276】~「坂東眞理子『幸せの作法』、三浦朱門&曽野綾子『夫婦口論』、「五木寛之『人間の運命』から・・『幸福』とは・・??」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【時習26回3-7の会 0274】~「01月17日『ポーラ美術館』を観て」「藤原正彦『名著講義』から「新渡戸稲造『武士道』を読んで」」 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0276】~「坂東眞理子『幸せの作法』、三浦朱門&曽野綾子『夫婦口論』、「五木寛之『人間の運命』から・・『幸福』とは・・??」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ