« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の5件の記事

2010年1月31日 (日)

【時習26回3-7の会 0275】~「02月01日:『小坂井町の終焉→豊川市に編入さる』」「01月17日:『ポーラ美術館』を観て〔その2〕」「01月26日:『神戸港視察と兵庫県立美術館』」「細川護煕『私の履歴書[28]~小次郎は生きていた』から」

■今泉悟です。 皆さん如何お過ごしですか。 さぁ、今日も【2637の会】会報【0275】号をお送りします。
 今日も、【2637の会】や【時習26回】関連の記事はございません。

 まず、地元愛知県にお住まいの方はご存知だと思いますが、東西にお住まいの方々はご存知ないかもしれませんのでお伝えします。
 実は、今日01月31日で「宝飯郡小坂井町」が町としての83年余りの歴史に幕を閉じます。そして、「宝飯郡」もなくなります。
 ということは、T三先生宅のご住所も、明日から、宝飯郡小坂井町から豊川市に変わるのですね。
 因みに、町村制施行後の小坂井町の歴史は以下の通りです。

 1889年10月01日 町村制施行。宝飯郡小坂井村、篠束村、宿村、平井村が合併し豊秋村(とよあきむら)が設置された。
 伊奈村は単独で伊奈村を設置。
 1906年09月12日 豊秋村と伊奈村が合併し、小坂井村に。
 1926年09月12日 町制施行、小坂井町となる。

 因みに、豊橋がある東三河の地を昔から「穂の国」と言いますが、「ほ」=「穂(ほ)」=「宝(飯)(ほ(い))」=「豊(ほ(う))」の国であった。即ち、豊橋や豊川の「豊(ほ(う))」の字は「ほの国」の「ほ」から来たと言われています。
 小坂井町編入により豊川市は、人口18万3千人になります。
 豊川市が出来てからの歴史を少し紐解きますと以下の通りです。

 1943年06月01日 宝飯郡豊川町、牛久保町、八幡村、国府町が合併し、豊川市市制施行。愛知県下8番目、全国208番目の市となる。
 1955年04月12日 八名郡三上村を編入。
 1959年04月01日 宝飯郡御油町を編入。
 2006年02月01日 宝飯郡一宮町を編入。面積:65.44km2→102.05km2、人口:42,300世帯、121,000人→47,500世帯、137,000人。
 2008年01月15日 宝飯郡音羽町、御津町を編入。面積:150.71km2、推計人口:約57,200世帯、約162,000人へ。
 2010年02月01日 宝飯郡小坂井町(面積:9.92km2、人口:約7,000世帯、約21,800人)を編入。

【小生comment】
 今後は、東三河市の誕生に向けてどう進んでいくか、注目されるところであります。

■さて続いては、前《会報》でお約束した、「『ポーラ美術館』を観て」から〔その2〕をご案内させて頂きます。
 この美術館の収蔵品の豊富さと質の高さに驚愕したことは前号でお伝えしました。
 そこで、具体的に収蔵品目をご覧に入れたいと思います。
 図録の解説によれば、この collection の規模は、西洋絵画400点、日本の洋画280点、日本画160点、版画900点、彫刻30点、東洋陶磁180点、日本の現代陶磁200点、ガラス工芸790点、それに古今東西の化粧道具6,700点を含め、総数9500点、という。
 それでは、解説は抜きにして、理屈なしに名画の良さを堪能して下さい。

[01]アングル『男の頭部(ホメロス礼賛のための習作)』1827年頃
–––––––––––––––––––––[02]ドラクロア『ペルシアの王の贈物を拒絶するヒッポクラテス』1830年代(推定)
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[03]ドーミエ『三市民』1850年頃
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[04]クールベ『牡鹿のいる雪の風景』1866-69年頃
011827
021830
031850
04186669





[05]マネ『サラマンカの学生達』1860年
––––––––––––––––––––[06]マネ『ベンチにて』1879年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[07]ドガ『マント家の人々』1879-80年頃
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[08]ドガ『休息する二人の踊り子』1900-05年頃
051860
061879
07187980
08190005







[09]ルノワール『水浴の女』1887年
––––––––––––––––––––[10]ルノワール『ムール貝採り』1888-89年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[11]ルノワール『レースの帽子の少女』1891年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[12]モネ『サン=ラザール駅の線路』1877年
091887
10188889
111891
121877







[13]モネ『アルジャントゥイユの花咲く堤』1877年
––––––––––––––––––––[14]モネ『ジヴェルニーの積み藁』1884年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[15]モネ『ルーアン大聖堂』1892年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[16]シスレー『マルリーの水飼い場』1873年
131877
141884
151892
161873







[17]スーラ『グランカンの干潮』1885年
––––––––––––––––––––[18]Signac『オーセールの橋(Bridge at Auxerre)』1902年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[19]Cezanne『4人の水浴の女たち』1877-78年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[20]Cezanne『プロヴァンスの風景(Landscape in Provence)』1879-82年
171885
18signacbridge_at_auxerre1902
19cezanne4187778
20cezannelandscape_in_provence18798



[21]Cezanne『アルルカン(Harlequin)』1888-90年
–––––––––––––––––––[22]Cezanne『砂糖壺、梨とテーブルクロス(Sugar Bowl, Pears, and Tablecloth)』1893-94年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[23]Gogh『ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋』1888年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[24]Gogh『薊(アザミ)の花(Flower Vase with Thistles)』1890年
21cezanneharlequin188890
22cezannesugar_bowl_pears_and_table
23gogh1888
24goghflower_vase_with_thistles1890









[25]Gauguin『白いテーブルクロス(The White Tablecloth)』1886年
––––––––––––––––––[26]Lautrec『ムーラン・デ・ラ・ガレットにて(At the Moulin de la Galette)』1891年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[27]Redon『日本風の花瓶(Flowers in a Japanese Vase)』1908年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[28]Utrillo『シャップ通り(Chappoe Street)』1910年
25gauguinthe_white_tablecloth1886
26lautrecat_the_moulin_de_la_galett
27redonflowers_in_a_japanese_vase19
28utrillochappoe_street1910







[29]Modigliani『ルニア・チェホフスカの肖像(Portrait of Lunia Czechowska)』1917年
––––––––––––––––[30]Chagall『村のパン屋(Baker of Village)』1910年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[31]Chagall『町の上で、ヴィテブスク(Above the Town, Vitebsk)』1915年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[32]Chagall『私と村(I and Village)』1923-24年
29modiglianiportrait_of_lunia_czech
30chagallbaker_of_village1910
31chagallabove_the_town_vitebsk1915
32chagai_and_village192324









[33]Pascin『果物を持つ少女(Girl with a Plate of fluit)』1927年
––––––––––––––––[34]Leonard Foujita『自画像(Self-Portrait)』1929年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[35]Marie Laurencin『ヴァランティーヌ・テシエの肖像(Portrait of Valentine Tessier)』1933年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[36]Rouaoult『夕暮れ(Crepuscule)』1942年
33pascingirl_with_a_plate_of_fluit1
34leonard_foujitaselfportrait1929
35marie_laurencinportrait_of_valent
36rouaoultcrepuscule1942







[37]Picasso『海辺の母子像(Mother and child by the Sea)』1902年
––––––––––––––––[38]Picasso『葡萄の帽子の女(Head of a Girl in a Hat Decorated with Grapes)』1913年[
–––––––––––––––––––––––––––––––––––[39]Picasso『母子像(Motherhood)』1921年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[40]Picasso『花束を持つピエロに扮したパウロ(Paulo as Pierrot with Flower)』1929年
37picassomother_and_child_by_the_se
38picassohead_of_a_girl_in_a_hat_de
39picassomotherhood1921
40picassopaulo_as_pierrot_with_flow









[41]Picasso『花売り(Flower Seller)』1937年
––––––––––––––––[42]Picasso『草上の昼食(Le dejeuner sur l'herbe)』1959年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[43]Braque『ギターのある静物(バラ色の背景)()Still Life with Guitar(Rose Background)』1935年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[44]Vlaminck『シャトゥー(Chatou)』1906年
41picassoflower_seller1937
42picassole_dejeuner_sur_lherbe1959
43braquestill_life_with_guitarrose_
44vlaminckchatou1906






[45]Dufy『食道楽(Gastronomy)』1950年
––––––––––––––––[46]Kandinsky『支え無し(without Support)』1923年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[47]Miro『夜の人物と鳥(Personages and Bird in the Night)』1944年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[48]Dali『姿の見えない眠る人、馬、獅子(Invisible Sleeper; Horse, and Lion)』1930年
45dufygastronomy1950
46kandinskywithout_support1923
47miropersonages_and_bird_in_the_ni
48daliinvisible_sleeper







[49]De-Chirico『へクトールとアンドロマケー(Hector and Andromache)』1930年
––––––––––––––––[50]Rene Magritte『生命線(The Line of Life)』1936年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[51]小山正(しょう)太郎『濁醪療渇黄葉村酒』1889年([意]濁醪(どぶろく)が喉の渇きを癒してくれる黄葉の美しい村の酒店)
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[52]浅井忠『武蔵野』1898年
49dechiricohector_and_andromache193
50rene_magrittethe_line_of_life1936
511889
521898







[53]黒田清輝『野辺』1907年
––––––––––––––––[54]黒田清輝『菊』1912年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[55]藤島武二『女の横顔』1926-27年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[56岡田三郎助『あやめの衣』1927年
531907
541912
55192627
561927









[57]和田英作『薔薇』1926年
––––––––––––––––[58]岸田劉生『麗子坐像』1919年
–––––––––––––––––––––––––––––––––[59]佐伯祐三『アントレ・ド・リュー・ド・シャトー(Entree de Rue du Chateau)』1925年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[60]荻須高徳『ジャン・ジョレス界隈。ジュマップ河岸(Jean Jaures along theBank of Jemmape)』1958年
571926
581919
59entree_de_rue_du_chateau1925
60jean_jaures_along_the_bank_of_jem







[61]梅原龍三郎『麗雲』1940年
––––––––––––––––[62]安井曾太郎『中国風景』1944年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[63]安井曾太郎『薔薇』1954年
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[64]岡鹿之助『掘割』1927年
611940
621944_2
631954
641927







[65]熊谷守一『きび畑』1960年
––––––––––––––––[66]前田青邨『牡丹』1961-63年
––––––––––––––––––––––––––––––––––[67]東山魁夷『リーベの家』1963年
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[68]杉山寧『水』1965年
651960
66196163
671963
681965a



[69]杉山寧『洸』1992年
––––––––––––––––[70]エミール・ガレ(Emile Galle)
––––––––––––––––––––––––––––––––––[71]ガレの花器–––––––[72]ガレの花器&瓶
691992
70emile_galle
71
72







[73]ガレの花器––––––[74]ガレの花器–––––––[75]ガレの花器––––––[76]ガレの花器
73
74
75
76







[77]ガレの花器––––––[78]ガレの花器
77
78


【小生comment】
 如何でしたか? mailか何かで感想をお聞かせ頂ければ幸甚です。


■続いては、『神戸港視察と兵庫県立美術館』についてです。
 実は小生、先週01月26日(火)に、仕事で某団体主催の神戸港視察に行って来ました。
 「日本を代表する港」と言えば、「関東の横浜港」と「関西の神戸港」というくらいは皆さんもよくご存知のことと思います[添付写真[101]~[105]ご参照〕。
[101]神戸港の3島〔左上:ポートアイランド、左下:神戸空港、右上:六甲來ランド〕
––––––––––––––––[102]巨大なgantry crane
––––––––––––––––––––––––––––––––––[103]居並ぶガントリークレーン(gantry crane)
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[104]gantry carneを使い積荷作業をするcontainer-ship
101
102gantry_crane
103gantry_crane
104gantry_carnecontainership








[105]HAT神戸にある「人と防災未来センターと兵庫県立美術館」Map
105hatmap

 ただ、最近の世界の海運業界の流れは大きく変貌していることはご存じない方も少なくないと思いますので最近の状況をちょっとだけお伝えします。
 現代の世界の物流は、コンテナ貨物の取扱いでその規模をみてみますと、神戸港は、1980年には、米国:ニューヨーク/ニュージャージー、オランダ:ロッテルダム、香港に次ぎ世界第4位であったのですが、2005年には、一位のシンガポールから、香港、中国:上海、中国:深セン、韓国:釜山、台湾:高雄・・・とずっと順位を下げ32位に低迷しています。
 シンガポールをはじめとする東アジア主要港の台頭により国内主要港の相対的な地位低下が止まらないため、我国でも「【東京湾】東京港3,727,300TEU(国内1位)(スーパー中枢港湾)・ 横浜港3,203,871TEU(国内2位)(スーパー中枢港湾)・川崎港30,189TEU(国内28位)、【伊勢湾】名古屋港2,630,517TEU(国内3位)(スーパー中枢港湾)・四日市港166,492TEU(国内11位)(スーパー中枢港湾)、【大阪湾】神戸港2,040,285TEU(国内4位)(スーパー中枢港湾)、大阪港1,950,006TEU(国内5位)(スーパー中枢港湾)・堺泉北港-9,459TEU(国内46位)」が失地挽回すべく注力中である。
 これら日本のスーパー中枢港湾も、取扱数量は、世界1位のシンガポール23百万TEU、第2位の香港22百万TEUより一桁少ない。如何に東アジアの国際ハブ港湾がこの四半世紀で巨大化しているかがお解かり頂けたと思います。
【小生注】TEU=Twenty feet equivalent unit の略で、20フィートコンテナ換算個数。

 小生、神戸港の湾内を視察した後、HAT神戸にある「人と防災未来センター」(添付写真[106]ご参照)で、阪神淡路大震災の疑似体験をしました。

[106]神戸港から見た「人と防災未来センター」
106

 あの大震災の日から今月17日でもう満15年が経ったのですね。平成07年01月17日午前05時46分。神戸&淡路での建物・構築物の倒壊を再現するコーナーや、震災で肉親をなくされた少女(当時15歳)の震災時の体験談、等を改めて見聞きし、暫く言葉を失いました。

 そして、このセンターで解散した小生、徒歩1~2分のすぐ傍にある「兵庫県立美術館」に立ち寄りました。昨年1月以来、丁度一年ぶりの訪問となりました。あの小磯良平記念室がある美術館です。『T嬢の像』と『斉唱』をご覧下さい。一年ぶりに見る二つの絵は、やはり素晴らしかったです。何か、昔の憧れの片思いの彼女に巡り合えた様な、年甲斐もなく心がときめきました。(笑)
 今回は、NikonD90で撮影しました。勿論、三脚・フラッシュなしで。手前味噌ですが、意外とよく撮れていると思います。
 尚、兵庫県立美術館では、「ジプリの絵職人『男鹿和雄』展」が開催されており、子供連れの家族や若い couple で平日にも拘らず企画展 couner がごった返していました。男鹿和雄の作品は、「宮崎駿に男鹿和雄あり」と言われるくらい、宮崎駿作品の背景画を受け持ち、見る者に郷愁( nostalgie )と真実性( reality )という魅力を与え続けています。約600点の作品が展示されており、壮観でした。


[107]兵庫県立美術館入口
––––––––––––––––[108]小磯良平『T嬢の像』
––––––––––––––––––––––––––––––––––[109]小磯良平『斉唱』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[110]ジプリの絵職人「男鹿和雄」展
107
108t_
1091941_
110








【後記】■今日の締め括りは、今月の《会報》【0272】号でもご紹介させて頂いた「細川護煕『私の履歴書」から、今日はその第28回目~小次郎は生きていた』から」です。では、どうぞ・・

 〔前略〕南北朝以来、幾たびも戦乱があったが、細川家はほとんど火災などに遭わなかったので、学術的にも価値のある古文書などが約8万点、枚数にすると数百万枚、美術品も約7千点余りある。
 国宝、重文なども相当含まれているが、そうしたものがほとんど今日まで残っているのは奇跡の様な話だ。〔中略〕随分と興味を惹かれる様な記録もある。
 例えば、三代・忠利が小倉の藩主だったとき、あの有名な巌流島の決闘が行われた。吉川英治さんの小説では、佐々木小次郎は、宮本武蔵の櫂を削って作った木刀で打たれて絶命するのだが、門司城代で、その後武蔵を城内に匿(かくま)った沼田延元の記録によると次の様だったという。
 武蔵に打たれた小次郎は、恐らく脳震盪を起こして気を失うが、暫くして蘇生する。師匠の果し合いの現場を見にやって来た武蔵の弟子達がそれを見てこれは大変だと止(とど)めを刺したということが書かれている。武蔵に関する記録は細川家に伝わるものが唯一の公文書だから、こうなると話が大分変わって来る。
 細川家は記録を大事にする家で、江戸時代265年間、担当者が毎日欠かさずつけていた日記もある。それによると、忠臣蔵の討ち入りの日、つまり元禄15年の12月14日は、歌舞伎や芝居、映画などでは必ず雪が降っているが、その日誌によると雪ではなく曇りだったとある。
 討ち入りの後、大石内蔵助ら17人は細川藩の下屋敷に預けられるが、他の藩が浪士達を犯罪人扱いしたのに対し、細川藩では武士の鏡として手厚く持て成した。三食とも二汁五菜のご馳走だったため、長い間食うや食わずで過ごして来た浪士達は、流石に胃につかえた様で、もう少しお膳を軽くして頂きたいという内蔵助の要望書が残されている。〔以下略〕

【小生comment】
 武蔵と小次郎の決闘の仔細、忠臣蔵の日の天候等々、今迄の常識とは違う新しい史実を発見した。 何か得した気分になる。こういうことってワクワクしますね。
 では、また・・。(了)

2010年1月24日 (日)

【時習26回3-7の会 0274】~「01月17日『ポーラ美術館』を観て」「藤原正彦『名著講義』から「新渡戸稲造『武士道』を読んで」」

■今泉悟です。 時節は二十四節気でいう『大寒』の真っ只中。皆さん体調は如何ですか。 さぁ、今日も【2637の会】会報【0274】号をお送りします。
 今日は、先週の日曜日に箱根仙石原にあるポーラ美術館に行って来ましたので、その模様についてご報告させて頂きます。
 今回も、【2637の会】や【時習26回】関連の記事はありませんので、小生の愚話に暫くの間お付き合い下さい。

■さて、まず最初の話題は、掲題・副題にあります様に、一週間前になりますが、01月17日(日)に神奈川県足柄郡箱根町仙石原小塚山にある「ポーラ美術館」に行って来ましたので、この件についてご報告致します。
[01]ポーラ美術館前にて
–––––––––––––––––––––[02]ポーラ美術館入口
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[03]ポーラ美術館・企画展・所蔵絵画・所蔵ガラス工芸品の図録
01_2
02
033

 今回は、2009年09月12日~2010年03月07日まで開催中の『ボナール(Bonnard)の庭、マチス(Matisse)の室内 ~ 日常という魅惑』展が観たくなり、drive を兼ねて行って来ました。入館料1,800円という水準は、東京にある国立西洋美術館や国立新美術館等の有名美術館より高い値段設定ですが、実際にポーラ美術館の所蔵作品群を観て「これは凄い!この中身でこの入館料なら本当に安い!」と納得・感激の90分でした。
 地下1階の展覧会会場に掲題の Bonnard と Matisse を中心とした「後期印象派とフォービズム」の傑作選、そして、地下2階の会場には、ポーラ美術館所蔵の全9500点の美術工芸品のうちの傑作選が目白押しで、驚嘆の一言でした。展示されていた作品の作者を、図録を元に振り返ってみると・・
 18世紀初頭の古典主義・ロマン主義のアングル、ドラクロアに始まり、写実主義のコロー、クールベ、印象派のシスレー、ピサロ、モネ、ルノアール、ゴーギャン、ロワゾー、セザンヌ、スーラ、ゴッホ、ルドン、アンリ・ルソー、モディリアーニ、ユトリロ、シャガール、パスキン、藤田嗣治、マリー・ローランサン、ルオー、ピカソ、ブラック、デュフィ、ミロ、カンディンスキー、ダリ、デ・キリコ、ルネ・マグリット、のシュール・レアリスムまで。
 そして日本の西洋画家&日本画家では、明治時代の小山正太郎、浅井忠、黒田清輝から、藤島武二、岡田三郎助、和田英作、青木繁、岸田劉生、佐伯祐三、荻須高徳、梅原龍三郎、安井曾太郎、岡鹿之助、熊谷守一、前田青邨、東山魁夷、杉山寧、平山郁夫、等々。
 さらに、工芸品では、エミール・ガレとドーム兄弟、そして、ルイス・C.ティファニーのガラス工芸品の名作の数々。
 小生、ガレのガラス工芸品は、写真では何度か観たことはあったが、本物の傑作群を目の前で見て、これまた感動・・!
 これらの絵画・工芸品の傑作の展示品の数々を観て感動したのは、過日、ブリヂストン美術館で観て以来でした。
 今日、その中からご紹介させて頂くのは、最初の『ボナール(Bonnard)の庭、マチス(Matisse)の室内 日常という魅惑』です。
 所蔵品展は、次回の《会報》【0275】号をお楽しみに・・。
 そして、また、絵画のご紹介枚数が『ボナール(Bonnard)の庭、マチス(Matisse)の室内 日常という魅惑』展だけでも30枚になってしまいました。じっくりとご覧下さい。

[04]コロー『家路につく牛飼いの少女』
–––––––––––––––––––––[05]コロー『森の中の少女』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[06]モネ『散歩』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[07]ゴーギャン『ポン=ダヴェンの木蔭の母と子』

04corot185055
05corot186570
06monet1875
07gauguin1886









[08]ピサロ『エヌリー街道の眺め』
––––––––––––––––––––––[09]ピサロ『エラニーの花咲く梨の木』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[10]ロワゾー『曇り、ネッスル=ラ=ヴァレー』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[11]ロワゾー『家の前の庭』
08pissarro1879
09pissarro1886
10loiseaunesleslavallee1898
11loiseau1890



[12]ゴーギャン『異国のエヴァ』
––––––––––––––––––––[13]アンリ・ルソー『エデンの園のエヴァ』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[14]ラプラード『風景』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[15]モネ『バラ色のボート』

12gauguinexotic_eve189094_2
13henri_rousseaueve_in_the_garden_2
14lapradelandscape_2
151890





[16]モネ『睡蓮の池』
–––––––––––––––––––––[17]モネ『睡蓮』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[18]ボナール『林檎つみ』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[19]ボナール『地中海の庭』
16monet1899_2
17monet1907
18bonnard1899
19bonnard191718







[20]ボナール『ル・カネの風景』
––––––––––––––––––––[21]ボナール『ノルマンディー風景』〔 blogに掲載 〕
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[22]ボナール『ヴェルノン附近の風景』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[23]ボナール『浴槽、ブルーのハーモニー』
20bonnardview_of_le_cannet1924
21bonnardlandscape_of_normandy1925
22bonnardlandscape_of_vernon1929
23bonnardwoman_in_the_tub_blue_harm







[24]ボナール『化粧室の裸婦』
–––––––––––––––––––––[25]ボナール『子供と猫』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[26]ボナール『室内の裸婦』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[27]ボナール『ミモザのある風景』
24bonnard1907
25bonnard1906
26bonnardstanding_nude_in_an_interi
27bonnardstair_with_mimosa1946









[28]マチス『横たわる裸婦』
–––––––––––––––––––––[29]マチス『中国の花瓶』
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[30]マチス『紫のハーモニー』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[31]マチス『窓辺の婦人』
28matissewoman_in_repose1921
29matissechinese_vase1922
30matisseharmony_in_violet1923
31matissewoman_by_the_window1935









[32]マチス『襟巻の女』
–––––––––––––––––––––[33]マチス『リュート』
32matissewoman_with_a_scarf1936
33matissethe_lute1943


【小生comment】
 この『ボナール(Bonnard)の庭、マチス(Matisse)の室内 ~ 日常という魅惑』展について、ポーラ美術館図録では次の様に説明している。

 「庭」と「室内」は、私たちの日常生活と密接な関わりを持つ空間です。〔中略〕19世紀末になると、それらは画家自身の日常の一部として捉え直され、表現の探求の現場となっていきます。ジヴェ二ーの自邸の庭を見つめ続けたモネやヴュイヤール、モデルのいるアトリエを独自の装飾的な画面へと校正してマチスらに、その試みをみることができます。〔中略〕
 本展覧会では、ポーラ美術館所蔵作品46点と国内美術館所蔵の作品11点によって、画家たちが身を置き、その目で捉えた庭と室内の世界を、ボナールとマチスを中心に紹介致します。〔以下略〕

 皆さん、如何ですか? ポーラ美術館の着眼点もなかなかなものだと思います。「ボナールの庭とマチスの室内」いずれも見る者を魅了する素晴らしい色彩感覚の一端をご覧頂けたのではないかと思います。添付写真の絵は、色彩という面で実物より劣っています。ご興味ある方は、一度是非実物をご覧下さい。次号でご紹介する所蔵品の傑作の数々と合わせて、観て後悔しない素晴らしい美術館とその企画展です。久し振りに感激した美術館と企画展でした。
【次号予告】

 添付写真として、以下の3点を掲載しました。ポーラ美術館の所蔵品は必見ものです。

 シャガールの『私と村』。この作品は、私たちが小学校の図工か中学校の美術の教科書に載っていましたね。その現物がポーラ美術館にあるとは正直、ホント、ビックリ! そして感動しました。(笑)

[34]シャガール『私と村』
–––––––––––––––––––––[35]岸田劉生『麗子坐像』
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[36]エミール・ガレ『草花文耳付花器』
34chagalli_and_the_village192324
351919
36emile_galle1895











[37]藤原正彦『名著講義』&「新渡戸稲造『武士道』〔英文&日本語訳〕
37

■今日の締め括りは、最近読んだ「藤原正彦『名著講義』から「新渡戸稲造『武士道』を読んで」」をお送りします。
 まずこの本の巻頭にある文章からご紹介します。

 読み込まれた文庫本を片手に、感想を交わす女子学生たち――。
 お茶の水女子大学の名物授業、藤原正彦教授の「読書ゼミ」始業前の光景だ。
 毎週一冊、日本の名著を読んでレポートを提出し、討論を重ねて十年余り続いてきた。聴講資格は「毎週文庫一冊を読む根性、毎週一冊を買う財力」。
 「読書こそ人間の基礎」と考える藤原教授が、専攻にかかわらず抽選で選ばれた一年生二十人と、時に激論、時に人生相談、時に脱線し爆笑しながらの白熱の授業。
 さぁ、いよいよ開講である。

【第一回】
新渡戸稲造『武士道』〔明治32年刊行〕
〔前略〕
〔真の国際人となるために〕
【学生】私は、新渡戸の教養の深さに驚きました。「武士道」がどういうものなのかを、それに対応する欧米の事例や思想を、ギリシャやローマの故事から、シェイクスピアやニーチェ、ヘーゲルまで、次々と引用して説明しています。
【藤原】そこに新渡戸の戦略があるのです。こうして海外の人名や事例を出すことで、日本人独自の武士道が、欧米人の基準に照らし合わせても高い道徳的価値を有している、ということを訴えている。相手側の論理や文化を用いて自国の立場や正しさを説得するのは、無知からくる独り合点ではない、という印象を与えることとなり有効なやり方です。新渡戸はそれをこの本で実践したんですね。
 新渡戸にしても、次回読む内村鑑三にしても、当時の彼等の勉強量は凄かった、一日のうち、十八時間くらいぶっ通しで本を読んだりしていたそうです。彼等の抜きん出た人間観や大局観は、この圧倒的な教養にあるものと思ってよいでしょう。
 〔中略〕
 あなた方が海外に行っても、実際は、シェイクスピアやディケンズについて聞かれることはありませんから、安心してください。それより、祖国である日本についてきちんとした知識があるかどうかが評価される。日本のことについては、日本人なら知っていて当然と思われていますから。
 ケンブリッジでフィールズ賞の受賞者に会った時、彼が開口一番何と言ったと思いますか。「夏目漱石の『こゝろ』に出て来る先生の自殺と、三島由紀夫の自殺はどう関係があるのか」と。言わば、私をテストしている訳ね。『源氏物語』や能・狂言についてもよく聞かれたし、「碁は上流階級のもので将棋は庶民階級のものだったと聞いたがそれはどうしてか」等と問われたこともあります。向こうの知識人は当たり前にこういうことを尋ねてくる。ある商社マンは、ロンドンで取引所の家に招待されて「日本では士農工商と聞いたがどうして商が一番低かったのですか。ヨーロッパでは何処でも農でしたが」と聞かれたそうですよ。こういった質問は正確に答えられなくてよいが、何も自分の考えを述べられないと、この人は教養がないから話すに値しないと判断されてもう二度と招待して貰えない。すると商談も進まなくなる。
 だから国際人になるために大切なことは、まず自分の国について知る、教養を持つということです。日本が日本たる所以(ゆえん)を理解しなければいけない。その真髄が『武士道』には書かれていると思います。

【講義を終えて】
 このゼミが十数年前に始まって以来、第一回は常に『武士道』である。高校までの学習を通して、「日本は恥ずかしい国」と思い込んでいる学生達へ、たっぷりと冷水を浴びせようという意図からである。明治・大正・昭和は軍国主義・植民地主義・帝国主義によりアジア諸国を侵略した恥ずかしい時代、〔中略〕こう教えられてきた学生達に、それが一方的な見方であること、例えば、日本は武士道という道徳上の大傑作を生み出し実践し、類稀な道徳国家を形作ってきたことを知らせようと思うからである。
 〔中略〕
 武士道といってもその中身は当然のことながら時代によって異なる。〔中略〕太平の徳川期に入ると〔中略〕戦闘者から為政者へと変貌した武士に即して、荒くれ者の掟に儒教的色彩が大幅に加えられ面目を一新し江戸武士道となったのである。江戸初期の山鹿素行は、主君の後を追う殉死を否定し、人倫にもとる行為をした主君から立ち去ることさえ肯定した。それまでの武士道で最重要だった忠義の上位に人倫を置いたのである。〔中略〕
 山鹿素行等のお蔭もあって、兵の掟はエリートたるものの道徳と変わったのである。現代的に言うとノーブレス・オブリージュ(高貴な者に伴う義務)の様なものである。〔中略〕これが江戸260年の平和を通して、少しずつ洗練され庶民の道徳にまでなって行った。
 明治に入ると、身分制度の解消と共にこの様な道徳に特段の注意が払わなくなったが、中期になって再び脚光が当てられる様になった。〔中略〕
 有色人種として初めて近代化に成功した日本人に対する欧米諸国の言われなき冷眼視に対し、弁明し対抗する必要があったが、これ等の仕事は外国をよく知った愛国者達が自発的に請け負ってくれた。新渡戸稲造、内村鑑三、岡倉天心等であるが、中でも武士道についてはキリスト教徒の新渡戸や内村が活発に世界に向けて宣伝した。この武士道は江戸武士道に国際的視点を加えることで普遍的価値を与えようとした、「明治武士道」とでもいうものであった。これはイギリスの紳士道とよく似たものでもある。
 私は〔中略〕この明治武士道こそは今日の日本に、そしていずれは世界に流布すべき精神と思っているので、『武士道』を学生に学ばせるのである。
 学生の読後の反応はとても良い。〔中略〕この理解の良さは、明治武士道が、今も日本人の心に残像として残っている証左と言える。新渡戸は『武士道』の最後にこう述べた。
「武士道は一の独立せる倫理の掟としては消ゆるかもしれない。しかしその力は地上より滅びないであろう。・・・・四方の風に散りたる後も尚その香気を以って人生を豊富にし、人類を祝福するであろう」
 ※【小生注】「--」内を英語の原文で新渡戸はこう表している。

Bushido as an independent code of ethics may vanish, but its power will not perish from the earth; its schools of martial prowess or civic honor may be demolished, but its light and its glory will long survive their ruins. Like its symoblic flower, after it is blown to the four winds, it will still bless mankind with the perfume with which it will enrich life.

 本書を読んだ学生達を見ていると、いまだこの香気を感じる力を持っている様である。武士道が神仏や儒教と調和するのは生い立ちから当然だが、新渡戸はキリスト教とも調和することを本書で明らかにした。いつか、武士道がイスラムやヒンドゥー教とも調和することを明らかにする著作が出ないものかと思う。この数世紀の世界を覆ってきた手に負えぬ功利主義、唯物主義を観ると、単一の宗教だけでは人類の諸問題に対処できないことが立証されていると言ってよい。心は伝統の宗教で、形は武士道で、というのが世界の常識とならないものかと私(【小生注】藤原正彦)は夢見ている。

【小生comment】
 現代日本に欠けているもの、その一つが新渡戸が述べた処の『武士道』に代表される高い倫理観であろう。
 「「学校教育はサービス業」だと自己中心的な要求をする『Monster Parent』」の存在や、「『長幼の序』を軽視」する傾向とか、これ等は、昔の良き日本の社会制度・家族制度を崩壊させてしまった戦後教育の大きな罪過であろう。
 戦前の修身に戻れとは言わないが、世界の人々から尊敬される様な高い倫理観を、我等日本人は確り身につけないといけない。決して今からでも遅くはない、と思う。
 では、また・・。(了)

2010年1月16日 (土)

【時習26回3-7の会 0273】~「01月11日:『ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団:2010年ニュー・イヤー・コンサート』を聴いて」「01月15日:山種美術館『東山魁夷と昭和の日本画』展を観て」「冬の草花:『我が家に咲いた万両と水仙』」

■今泉悟です。 皆さん如何お過ごしですか。 さぁ、今日も【2637の会】会報【0273】号をお送りします。
 《会報》前号は超長文になってしまい反省しています。
 そこで、今日は短くカッコ良く参ります。(笑)
 とは言っても、今回は【2637の会】や【時習26回】関連の話題はありません。
 暫く小生の愚話にお付き合い下さい。

[01]
01_symhonieorchester_der_wiener_vol

■さて、まず最初の話題は、掲題・副題にあります様に、01月11日15時半から、名古屋の愛知県芸術劇場コンサートホールにて開催された『ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団(添付写真[01]参照):2010年ニュー・イヤー・コンサート』についてです。

[02]––––––––––––––––[03]––––––––––––––––[04]
02_symhonieorchester_der_wiener_vol
03_symhonieorchester_der_wiener_vol
04_symhonieorchester_der_wiener_vol

 添付写真([02]~[04]参照)の program にある様に、J.SraussⅡ「オペレッタ『ジプシー男爵』序曲」に始まり、Lehar 「オペレッタ『メリー・ウィドウ』から愛のワルツ『ときめく心に唇は黙し』」、J.SraussⅡ「無窮動(←【小生注】「常動曲」。昔、作曲家山本直純氏司会の「オーケストラがやってきた」の theme music に使われていた曲)」、同「ワルツ『ウィーンの森の物語』」、Rossini「オペラ『ウィリアム・テル』序曲」、J.SraussⅡ「ワルツ『美しく青きドナウ』」、J.SraussⅠ「ラデツキー行進曲」等々、定番の名曲ばかりの15曲。ウィーンの芳しい香りいっぱいの、素晴らしい午後の憩いのひとときでした。
 余談になりますが、ウィンナ・ワルツは、「4分の3拍子の1拍目と2拍目の間隔が短く、その分2拍目と3拍目の間隔が長く引き摺る様な拍子」が特徴です。ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団は、「ウィーン・フィルと並び、世界最高の『ウィンナ・ワルツ』を聴かせてくれる」という評判に違わない素晴らしい演奏でした。

[05]––––––––––––––––[06]
05100115_2
06100115

■続いては、小生、昨日01月15日、仕事で上京する機会があり、その仕事を終えた後、JR山手線恵比寿駅より徒歩10分程のところにある「山種美術館」(添付写真[05][06]参照)で現在開催〔2009年12月05日~2010年01月31日〕中の『東山魁夷と昭和の日本画』展を観て来ましたので、その一部をご紹介させて頂きます。昨年が東山魁夷の没後10年にあたり、これを記念して企画されたものである。
 「山種美術館」には、著名な日本画家の傑作が数多く所蔵されており、今回はその所蔵品の中から、東山魁夷の19作品を中心に、彼の東京美術学校時代の師、結城素明と同じく日本画科の教授であった川合玉堂の昭和03(1928)年の作品「竹生嶋山」から昭和61(1986年)年の東山魁夷『秋彩』まで全52作品が展示されている。
 今日は、その展示作品の中から、8作品をご紹介します。

 [07]川端龍子(りゅうし)『松竹梅』より《梅(紫昏図)》1955年
 –––––––––––––––––––[08]川合玉堂『松竹梅』より《松(老松)》1957年
 ––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[09]東山魁夷『白い嶺』1964年
 –––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[10]東山魁夷『年暮る』1968年
071955
081957
091964
101968







 [11]杉山寧『曜』1970年
 –––––––––––––––––––[12]東山魁夷『緑潤う』1976年
 ––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[13]上村松篁『閑鷺』1977年
 –––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––[14] 東山魁夷『秋彩』1986年
111970
121976
131977
141986


【小生comment】
 小生、名作を見ていると、日本画でも西洋画でも、時間が暫く止まった様な錯覚を起こすことがある。時空の中を彷徨する感覚だ。その絵の世界に引き込まれる様な、得も謂はれぬいい気分になるのである。

[15]
15

【後記】
■今日の締め括りは、まず名指揮者オトマール・スイトナーの訃報についてである。添付写真(2010年01月12日付日経新聞夕刊)[15]をご覧下さい。氏は、1973年から1989年まで足掛け16年に亘り、NHK交響楽団の名誉指揮者として tact を振った。地味な演奏だが確りした演奏で、小生は好きな指揮者であった。主に旧東ドイツのベルリン国立歌劇場管弦楽団やドレスデン国立歌劇場管弦楽団を率い、Mozart、Beethoven、Brahms の演奏は評価が高かった。2010年01月08日逝去。享年87歳。冥福をお祈りする。(合掌)

■締め括りの大取りは、小生の拙宅の庭に咲いた水仙の花と今が見頃の万両の赤い実です。なかなか綺麗でしょう。

[16]拙宅の庭に咲く『万両』
 –––––––––––––––––––[17]同じく『水仙』--[18]同 左
16100116
17a100116
18b100116


 水仙や寒き都のこゝかしこ  蕪村 〔1777(安永6)年の作〕

【鑑賞】底冷えの寒さが厳しい京都の街のここかしこに群れ咲く水仙の花。白い花が細身の緑色の葉に映えて美しい。凛として・・。

 一年中で一番寒いと言われるのは、「小寒」→「大寒」→「立春」の頃。まさに今の時節である。
 皆さん、お風邪を召しませぬ様に。ご自愛下さい。では、また・・。(了)

2010年1月 9日 (土)

【時習26回3-7の会 0272】~「01月04日:『市川君からのmail』」「【2637の会】members皆さんからの年賀状」「齋藤真嗣『体温を上げると健康になる』を読んで」「1月03日:『時習26回ミニ同期会』開催報告」「01月08日:『細川護熙(もりひろ)私の履歴書』から」

■【2637の会】membersの皆さん、今泉悟です。今年は元旦から本当に寒い日が続いていますね。先週01月05日が二十四節気でいう「小寒」。今年の気候は暦通りの寒さです。我儘な小生には、「地球温暖化」が叫ばれる中でも暖冬のほうがいい(笑)です・・。
 さて今日(01月09日(土))も、通常より一日早いですが、「善は急げ」で頑張って2010年01月第2回目の《会報》【0272】号をお送りします。
 まず、【2637の会】members皆さん宛へ、嬉しいお知らせです。
 先日お送りしたDVDですが、出席者皆さんのところにも届いたものと思います。その中から、市川Y○郎君が「お礼」mail を下さいましたのでご紹介させて頂きます。
 では、どうぞ・・ ※当該mail掲載に際して市川君から事前了解を頂戴しています〔為念〕※

From: 市川Y○郎  To: 今泉悟
Sent: Monday, January 04, 2010 10:26 PM
Subject: お礼

 明けましておめでとうございます。
 夏のクラス会のDVDがお正月に届きました。
 相変わらず顔を真っ赤にした小生の姿を見て
 改めてメタボから脱出しなければいけないという思いを強くしました。
 DVDお送りいただき、ありがとうございました。
 また明日から仕事です。今年もお互い頑張りましょう。

【小生comment】
 市川君、お礼mailありがとう! DVDをつくった甲斐がありました。(^o^)/
 今年の夏も、第5回〔《プレ・クラス会》を含めると6回〕目の《クラス会》を、08月14日(土)を第一候補に現在検討中です。
 今年は、何とか15名以上の、且つ女性3名以上の参加を目論んでいます。奮ってご参加下さい。

2637members2010

■続いての話題は、【2637の会】members皆さんからの年賀状についてご紹介させて頂きます。今日01月09日(土)までに小生のところに届いた【2637の会】members皆さんからの年賀状総数は24枚。本当にありがとうございます。頂戴した方々のお名前と一言をご紹介させて頂きます。
 尚、紹介文は「自筆」を原則とし、印刷された文章でも、近況を記されている方のものは掲載させて頂きました。
 また、自筆でも定型文は割愛させて頂きました。悪しからずご了承下さい。
 更にまた、年賀状に書かれた自筆の一言につきましては、事前のご了解をとっていません。従いまして、文章の一部を「○○○」等を使いカットして掲載させて頂いた方がありますことを、念の為申し添えます。
 上記の頂戴した年賀状を一覧にしてみました・・一枚一枚は小さくなって見難いですが24枚揃うと壮観ですね、皆さん有難う・・じっくりご覧下さい。

【石田(Y)】君
【市川】君
【伊東】君~元気にしています 長男と長女がそろって就活の年になりました
【井上】君
【伊庭】さん~国際学級担当で、外国籍児童に日本語指導をすることになりました 〔中略〕 授業の終わりに、にわか学習で覚えた"Ate amanha (また、明日ね)"ににっこりの笑顔が励みになります ~ 新しい世界に向けて頑張っていますが、体力が・・
【太田】君~いつもお葉書ありがとうございます
【金子(T)】君
【河合】君~航空貨物は自動車の○○の影響を○○に受け○○○です 〔以下略〕
【小久保】君~メールは毎回楽しく読ませてもらっています 〔中略〕 まだまだ楽をさせてもらえない私ですが、みなさんの様子にはげまされます
【下浦】さん~新しき年を迎えるたびに時の流れの早さを実感します 今年はじっくり、ゆったりをモットーに過ごしたいと思います 〔以下略〕
【鈴木(J)】君
【鈴木(Y)】君
【田中】君~ご無沙汰しております 年明けからは玉川まで遠距離通勤することになりました
【内藤】君~単身赴任中のため、多々ご迷惑をお掛けしています
【二橋】君
【中村】君
【林(恭)】さん~いつもミニ同期会にお誘いいただきありがとうございます 〔以下略〕
【原田】君
【彦坂】君
【牧野】君~12月に10日ほど○○していました
【峯田】君~お世話になります クラス会楽しみにしています
【山中】さん
【山田】君
【渡辺】さん~末娘も4月より社会人 子育ても一段落です 今年も楽しいブログよろしくお願いします 2月に〔【小生注】お孫さんの〕2人目が生れます
〔以上24名、五十音順〕

【小生comment】
 小久保君からの comment 「メールは毎回楽しく読ませてもらっています 〔中略〕 みなさんの様子にはげまされます」には特に感激しました。小生も励まされます。
 小久保君、ありがとう! 落ち着かれたら夏の《クラス会》に是非参加して下さい。
 新しく国際学級担当になられた伊庭さん、航空貨物業界での河合君、この年明けより自宅の我孫子から玉川まで遠距離通勤の田中君、皆さん奮闘されています。
 【2637の会】membersの皆さん元気なご様子で何よりです。でも、我々若くはありません。くれぐれも健康に留意して下さいね。その上で今年も頑張って参りましょう。そして、8月に元気な姿でお会いしましょう。

■そこで、次の話題は『健康増進』のお話をお伝えしたいと思います。
Photo

 小生、最近、齋藤真嗣著『体温を上げると健康になる』を読み、また同氏の講演テープを聴きました。大変解り易く、納得性の高い健康法であり、anti-aging 読本&講演内容でありました。そこで今日は、その中から幾つかをご紹介させて頂きます。

【第1章 体温を上げると病気は治る】
●体温が上がるだけで内臓脂肪の解消に絶大な効果がある●
 メタボリック・シンドロームの解決策は、アディポサイトカインを生産する内臓脂肪をなくすことです。〔中略〕
 私に言わせれば、同じ食べすぎと運動不足でも、テストステロンが充分に出ていれば内臓脂肪はつきにくいのですから、真っ先に改善すべきは男性更年期障害です。
 では、どうすればテストステロンの分泌を正常にすることができるのでしょう。
 そ〔中略〕〔~のためには~〕、まず副腎という臓器の説明から〔中略〕・・
 〔中略〕副腎の主な働きは、脳からの指令に応じて様々なホルモンを生産・分泌することです。
 その副腎の機能が低下してきたことが、私達の健康に大きな影響を齎す様になったと言われています。〔中略〕
 副腎皮質でつくられるホルモンの一つに、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)と呼ばれる性ホルモンがあります。
 〔中略〕このホルモンは〔中略〕「長寿のマーカー」として注目を浴びているものなのです。何故なら、DHEAの多い人ほど長生きすることが判って来ているからです。
 〔中略〕プロスキーヤー三浦雄一郎さんの父親・三浦敬氏は、〔中略〕2006年1月101歳で天寿を全うされましたが、生前に検査したところ、彼のDHEAの値はとても高いものだったそうです。
 三浦敬三氏に限らず、百歳以上の健康な方の血液を検査すると、皆さん共通してDHEAの値がとても高いのです。〔中略〕
 「ストレス → 副腎機能低下(アドリーナル・ファティーグ) → DHEA減少 → テストステロン(男性ホルモン)減少 → 男性更年期障害(PADAM)」・・
 この〔中略〕男性更年期障害を改善〔中略〕〔~するには~〕生活習慣の改善とライフスタイルの見直し、それと共に、体温を恒常的にアップさせることをすればいいのです。
 この場合、体温を上げるメリットは免疫力を高めることだけではありません。何故なら体温が恒常的にアップするということは、体温をつくり出すためにより多くのエネルギーを消費する身体になるということなので、内臓脂肪の解消にも絶大な効果を齎すからです。
 私達が一日で消費するエネルギーの大半は、基礎代謝といって生命活動をするために必要なエネルギー量で占められています。体温が上がるということは、この基礎代謝のエネルギー量がアップすることなので、極端なことを言えば、体温が上がると、ただ寝ているだけでも多くのエネルギーを消費する身体になるのです。

●一日一回、体温を一度上げなさい●
 〔中略〕体温を上げていくことは可能です。〔中略〕「体温アップ健康法」は大きく分けて二つ・・
 一つは、一日一回、体温を上げる生活を送ることです。〔中略〕例えば、朝起きてウォーキングする、〔中略〕お風呂に入る等です。〔中略〕
 〔~この恩恵は~〕一日一回、免疫力が活性化することです。
 ただ、もっと望ましいのは、もう一つの方法、〔中略〕平熱が徐々に上がっていく様な生活を送ることです。〔中略〕
 〔~その為には~〕「『筋肉』を鍛えていく」ことです。筋肉を鍛えていくことで体温が恒常的に上がっていく仕組みが、近年判って来ました。〔中略〕
 
●低体温は病気の元凶、高体温は健康の源●
 体温が一度上がると、免疫力は500~600%上昇すると、この章のはじめに申し上げました。
 でも、体温上昇のメリットはそれでけではありません。〔中略〕
 まず、血行が良くなります。〔中略〕結果的に、血流量が増えることになります。
 血流量が増えると、身体を構成する細胞に充分な酸素と栄養が供給されるので、同じ運動量でも筋肉の修復がスムーズに行われ、筋肉が増え易くなります。
 更に、筋肉の場合と同じ理屈で骨も丈夫になります。つまり〔中略〕骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防になるということです。
 また、血流量が増えると、胃腸等消化器系の臓器にも良い影響が出ます。〔中略〕 胃腸が内容物を送るための蠕動運動が活発になるのです。
 蠕動運動が活発になると、腸の中で発生する硫化水素や活性酸素といった毒素が素早く排泄されるので、便秘の解消や大腸ガンの予防に繋がります。
 体温が上がると、身体だけでなく同時に脳の血行も良くなるので、脳の活性化が進みます。特に、「海馬」という記憶能力に関わる場所の血行が良くなると、記憶力の低下や痴呆症の防止に効果があります。
 そして、体温が上がると血行が良くなるでけでなく、酵素が活性化するので〔中略〕新陳代謝が活発になる、〔中略〕〔~すると~〕細胞が若返ります。新陳代謝が活発になると、見た目では肌が美しくなり〔中略〕、同時に身体の中の細胞も若く美しく変化しているということなので、身体全体にメリットがあるのです。
 勿論、こうした恩恵は〔中略〕、恒常的に体温が一度上昇した場合に得られるものだと考えて下さい。
 そして、体温が恒常的に上がると、自律神経の乱れそのものが改善されていくので、その情報量が体温中枢のある脳の視床下部に行き、視床下部の負担が軽減されることによって、同じ視床下部から分泌される生殖腺刺激ホルモンが整い、男性更年期障害にも良い影響が現れます。〔以下略〕

【第2章 これが「体温アップ健康法」だ】
●体温が上がれば、すべてがうまくいく●
 細胞の damage を回復させたくても体の機能が低下して回復させられない。そんな低体温が齎す「負の spiral 」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです。
 体温を恒常的に上げることには、絶大な健康効果があります。〔中略〕低体温はstress が齎した結果でもあります。その結果を意識的に変えることで、身体の機能を回復させ、stress に対する抵抗力をつけることが出来るのです。〔中略〕
 体温が上昇するだけで血流は良くなります。すると、stress によって damage を受けていた細胞に糖(グリコース)という energy 源が供給されます。と同時に、体温 up によって酵素活性も上がるので、energy を効率良くつくり出すことが出来る様になります。
 こうして細胞が stress から回復すると、その情報が脳に行き、脳の視床下部から下垂体へ、そして自律神経、ホルモン( hormone )へと伝達されて行きます。こうして良い情報が伝達されて行くことによって、身体全体の機能も正常に整って行くのです。
 つまり「負の spiral 」が、体温を上げることによって、「正の spiral 」へと転換されるということです。
 お風呂や温泉、サウナ( sauna )等で身体を芯から温めると〔中略〕細胞の stress 状態が回復〔中略〕〔~しますが~〕長くは続きません。身体が冷えると、またもとの低体温状態に戻ってしまうからです。
 身体を常に best の状態にするためには、外から温めるだけでなく、常に体温の高い状態を keep 出来る身体づくりをすることが必要です。
 私達の日々の生活から stress をなくすことは簡単ではありません。でも、高体温の身体を維持することは、日々のちょっとした努力の積み重ねで誰でも出来ることです。是非今日から、体温を上げる習慣を生活の中に取り入れて頂きたいと思います。

●なぜ五十代を過ぎると病気になりやすくなるのか●
 低体温は、あらゆる人にとって良くありません。なかでも、特に risk が高くなるので気をつけて頂きたいのが、50代以上の人の低体温です。
 同じ低体温でも、20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありませんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。
 脳の血流障害が原因で起こるパーキンソン病( Parkinson's disease )も、発症する人の殆どが50~60代です。〔中略〕多くの病気が50代を境に発症率が急増します。〔中略〕
 それは、50代を過ぎると、殆どの人に加齢による動脈硬化が起こって来るからです。
 動脈硬化とは、読んで字の如く動脈の血管壁が硬くなることです。〔中略〕〔~更に悪いことに~〕血管の内側に悪玉コレステロール( low density lipoprotein cholesterol )がこびりついて「プラーク( plaque )」と呼ばれる脂肪の塊が出来、血の流れが悪くなると共に血液が詰まり易くなってしまうのです。
 加齢によって、こうした動脈硬化が酷くなって行くのが、だいたい50代前後。ですから50代の人は、年齢的な問題でどうしても動脈硬化が起きてしまうので、例え体温が高い人であっても、その人が若かった時よりは血流が悪くなっていると考えなければなりません。〔中略〕ですから、そこに低体温が加わると、発病の risk は跳ね上がります。
 想像してみて下さい。動脈硬化によって硬く狭くなった血管の中を、低体温によってドロドロになった血液が流れることになるのです。しかもその低体温が交感神経の過緊張によるものであれば、血管は収縮するので更に細くなります。こうなると、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症等、深刻な病気を招くことにもなりかねません。
 こうした怖い動脈硬化も、これから申し上げる四つの危険要因に気をつければ、かなりの年齢まで防ぐことが出来ます。
 事実、私の患者さんの一人であるオノ・ヨーコさんは、この四つの risk factor に抵触しない生活を実践されているので、血管は見るからにプリンプリン、76歳の今も血管年齢は40代の若さを誇っています。
 動脈硬化を招く危険要因は、anti-aging の世界では昔から良く知られているものなのですが、risk の高い順に言うと、「高血圧」「喫煙」「糖尿病」「高cholesterol 」の四つです。
 ここで注目して欲しいのは二番目の「喫煙」です。
 その他の三つは、健康診断で要注意と言われると、多くの人が食生活を見直したり、薬を服用したりすることで control しようと努力されるのですが、risk が二番目に高いにも拘らず、喫煙を止める方は実際には多くありません。その為、いくら血糖やcholesterol を control しても、煙草を吸い続けていたのでは効果はありません。喫煙している限り、動脈硬化はどんどん進んで行きます。
 50歳以降も健康でいる為には、まずは動脈硬化を招く四つの危険要因を全て取り除くことです。その上で体温を恒常的に上げる努力を続けて行けば、血流が改善されるので、硬くなった血管細胞の damage も徐々に回復し、動脈硬化は改善されて行きます。動脈硬化が改善されれば、それだけ病気を発症しにくくなるのです。

●筋肉量を増やせば、体温は自然と上がる●
 体温を恒常的に上げる最も良い方法は、基礎代謝を上げることです。
 基礎代謝というのは、何もせずにじっとしていても、身体が消費する energy のことです。
 私達の身体は、生命を維持するだけでかなりの energy を消費しています。
 成人が一日に必要とする energy 量は、男性で2000~2200 kilocalories、女性で1800~2000 kilocalories 程度と言われています〔中略〕が、この、一日に必要とする energy 量の60~70%は、実は基礎代謝なのです。〔中略〕
 食べても太らない人は、〔中略〕「基礎代謝が大きい」という体質を『後天的』に獲得して来た人なのです。基礎代謝が大きいと、何もしなくてもより多くの energy を消費するので、同じ calorie を摂取しても太りにくくなるという訳です。
 「体温」と「基礎代謝」は正比例の関係にあります。これは基礎代謝の多くが体温維持に使われているからです。同じ年頃、同じ体型、同じ環境では、体温の高い人の方が基礎代謝は多く、体温の低い人ほど基礎代謝は少なくなります。〔中略〕体温が一度低下しただけで、基礎代謝は約12%も低下してしまうのです。
〔中略〕体温が一度高くなると、寝ていても毎日30分間 walking する以上のcalorie を消費する身体になるということです。
 さて、ここからが本題です。
 では、どうすれば基礎代謝を上げることが出来るのでしょう。
 ヒントは、基礎代謝は〔中略〕女性より男性の方が多い・・〔中略〕この差は、男女の筋肉量の差です・・筋肉の量が多い為、自然と基礎代謝が多くなるのです。
 筋肉量と基礎代謝は、体温と基礎代謝と同じく正比例の関係にあります。何故なら、私達の身体の中で「熱(=体温)」を最も多くつくり出しているのが筋肉だからです。
 つまり、〔中略〕筋肉を増やせば基礎代謝は自然と上がり、基礎代謝が上がれば体温も自然と上がるということです。

【第4章 低体温を防ぐ理想の生活習慣】
●体温アップ健康法が教える理想の一日●
 〔前略〕まず先に、私が考える理想的な一日の過ごし方を大まかな time schedule でご紹介しましょう。
【理想の一日】
 午前05時 起床 ~ strech、筋トレ、戸外を walking、又は jogging
 午前06時 朝食
 午前08時 仕事開始
 午後00時 昼食 ~ 昼食後は15~20分程度の昼寝〔【小生注】=仮眠〕
 午後01時 仕事再開
 午後05時 終業・退社
 午後06時 夕食
 午後09時 筋トレと入浴
 午後10時 就寝
 
 如何でしょうか、朝早くから働く現代人には、かなり実現するのが難しい time schedule に感じられたのではないでしょうか。
 かく言う私も、こうした生活を目指していますが、なかなか実現出来ていないのが実情です。
 私達の日常生活は、様々な事情によって、常にいいことばかりを優先出来る訳ではありません。時には身体に悪いと解っていても無理をしなければならない時もあります。
 それでも、何が身体に良くて、何が悪いのか知っておくことはとても大切です。〔以下略〕
 
●神様が定めた人間の体温は37度●
 〔中略〕全て目的は、最低でも一日一回、体温を37度に上げる習慣をつけることです。それと合わせて、体温を恒常的に上げるべく、筋肉を鍛えることに目を向けて欲しいと思います。
 何故なら、体温を上げることによって、病気になりにくい健康な身体になり、人生の質を高められるからです。
 人間は幸せを手に入れようと、色々なことに頑張り乍らここまで進化して来ました。でも、ちょっと頑張り過ぎてしまった様です。
 私には、その歪みが低体温になって、人間に本来の幸せに立ち返る様に教えてくれている様な気がしてなりません。
 頑張って働いて、stress に耐えて、あなたの身体はもう悲鳴を上げています。その悲鳴が「低体温」なのです。
 人間の体温は、本来、37度が自然なのです。
 鳥の体温は42度と人間よりずっと高く、豚や牛の体温は38度と人間より少し高めです。生き物はもともと、その動物に即した適温が定められているのです。その適温が、人間の場合は37度なのです。
 私達人間は、様々な文明の利器を発明し、生活を豊かに便利にして来ました。でもその結果、自分達の生活環境を自然から大きく引き離してしまいました。
 低体温は、私達が自ら自然の摂理からはみ出してしまった結果なのかもしれません。
 太陽の rhythm に合わせた規則正しい生活を送り、太陽が昇っている間は身体はきちんと動かし、太陽が沈んだらちゃんと身体を横たえてゆっくり休む。私が本書で述べて来たのは、そんな自然の摂理に立ち返った生活を現代社会で送る為の hint だと言えます。
 神様が定めた人間の体温は「37度」。
 一日一回、その体温を意識して、体温を上げる努力をすることは、自然を尊重した生き方をすることに他なりません。
 人は昔、車や電車に乗ることなく、全て自分の足で歩いて、今では考えられないくらい大きな距離を移動しました。
 つい百年前まで、ほぼ全ての仕事は肉体労働によって良く、パソコンの keyboard を打つのが仕事の大部分という今の時代は、人間という生き物にとって、自然ではないのです。
 昔に比べ、人間の運動量は明らかに落ちています。低体温の人が増えて来たのは、stress に人間が対応できなくなったことに加え、筋肉の質と量が低下したせいです
 一日一回、体温を一度上げる努力をする。
 筋肉を鍛えて、体温が少しずつ up して行く様な生活をする。
 原始時代の生活に戻れない私達人間は、自分自身の責任で、それをやって行くしかないのです。
 「体温を上げると健康になる」。延いてはそれが幸せに繋がる。
 私が本書でお伝えしたかったことは、この一言につきるでしょう。(了)

【小生comment】
 如何ですか? かなり長文の説明になってしまいましたが、納得できる内容で、とても解り易いお話でしたでしょう。 「筋肉を増やし」て「基礎代謝を増やせ」ば「体温が上がり」、「免疫力が増え」、「長生きできる」。
 その為には、「毎日少しずつでも筋トレしていく」。そして、「早寝早起き」に努めて行けばいい。
 小生、「毎朝の腹筋2000回」を継続して行くことに意を強くしました。
 ただ斎藤氏は、「筋肉はただ付ければ(=太くなれば)いいという訳ではない。質を高めなければならない」と言うことも強調されていましたが、更に長文となってしまいますので今日は説明を割愛します。 

262010010301_2
262010010302_2

■さて、続いての話題です。掲題・副題にあります様に、01月03日(日)、昨年06月に開催した「時習26回卒業35周年記念旅行」を取り仕切った名古屋支部幹事(当時)の仲間が、豊橋支部・東京支部の仲間有志を誘い、『ミニ同期会』を開催しました。会場は、【2637の会】《クラス会》の第01~03回会場として利用した「ブラウンズ」。
 添付写真の2枚は、その一次会での全体写真です。参加者は総勢22名。写真は、所用で途中退席した山田(高沢)Y子さんを除く21名です。
 二次会は、松葉町にあるスナック「司」。これも【2637の会】《クラス会》の二次会会場として利用した場所です。
 この「同期会」には【2637の会】からは、小生のほか、名古屋支部幹事であった菰田君が参加しました。
 一次会・二次会ともに大変盛況でした。 ただ、小生は、翌日仕事があった為、二次会途中で失礼させて頂きました。
 尚、4年後に我等時習26回豊橋支部が幹事の当番となる『卒業40周年記念旅行』に向けての集いを、来る4月17日(土)に、昨年夏【2637の会】《クラス会》会場として使用した「トライ・アゲイン」にて開催する方向で小生考えております。
 豊橋市及び豊橋近隣(含む遠州)地区在住の【2637の会】membersの皆さんには、改めて案内を差し上げますので、是非とも参加ください。お願いします。 


【後記】
Photo_2

■さて、今日の締め括りは、昨日01月08日の日経新聞『私の履歴書~細川護熙氏⑦』に護熙氏の御祖父護立(もりたつ)氏について思い出を語っているが、流石に旧肥後熊本藩当主・侯爵だけあり、文芸面における人脈が素晴らしい。その祖父のもとで、幼少時の護熙氏がその形骸に接す(【小生注】お目にかか)る模様を次の様に述べている。

 祖父は禅画だけでなく、中国の古陶磁、仏像から刀剣、近代画に至るまで幅広く美術への関心があった。たまたま学習院で同窓だった志賀直哉さん、武者小路実篤さんらと白樺派の創立に関わったことが機縁となって当時の日本画壇の主だった人たち、横山大観、下村観山、小林古径、
菱田春草〔http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/26-020291750-d4.html〕等と親交を結ぶ様になり、洋画の方でも、梅原龍三郎〔http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/26_01619_2834.html〕、
安井曾太郎〔[01]http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/26_01755172118_6dfa.html
[02] http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/26-02651113-36e.html 〕さん等と親しく付き合った。〔【小生注】〔 〕内のURLは「菱田春草」「梅原龍三郎」「安井曾太郎」各氏を紹介した【2637の会】blog の back number です ・・ ご参照下さい〕
 祖父の家には、いつもこれ等の人たちの絵が代わる代わる掛けられていたので私は見るともなく見ていたし、また祖父がこれ等の画家たちの所を訪ねたりする時、私も祖父について、大画家たちの形骸に接する恩恵に浴することができた。
 国士の様な風貌の大観さんは朝から酒臭かったこと、湯河原の安井さんのアトリエに置いてあったモチーフの鯛が腐って異臭を放っていたこと、梅原さんの浅間のスケッチに同行させて貰って鉛筆を動かす傍らでトンボを捕っていたことなど、いずれも懐かしい思い出だ。(了) 

【小生comment】
 日本画・西洋画いずれも絵画が大好きな小生にとって、護熙氏の画壇泰斗達との『懐かしい想い出』は夢の様な話である。
Photo_3
25

 因みに、骨董に造詣の深い作家、白州正子氏も細川護立氏の所を訪ねた時のことを自身の著書「いまなぜ青山二郎なのか」で次の様に語っている。(添付写真「白州正子著『いまなぜ青山二郎なのか』」&「壺仲居にて小林秀雄と青山二郎」ご参照)
*                                 
 小林(【小生注】秀雄)さんはそんな風に骨董については全くの白紙から出発したが、私(【同】白州正子)の場合は逆だった。私は子供の頃から大名家の売立て等に連れて行かれ、大いに迷惑を感じていたものの、おぼろげ乍ら骨董の何たるかは承知していた。父の友人に、益田鈍翁、原三渓、大谷尊由、細川護立の様な大茶人や蒐集(=収集)家がいたこと、お能が好きだったことも幾らか関係があるかも知れない。私の生家はそんな金持ちではなかったから、自分で買うことなんか夢想だにしなかったが、それでも好奇心はあり過ぎる程あった。
 ある日ゴルフ場の帰りがけに、大谷さんが車の中で茶碗について雑談をしていた時、「茶碗なんてものは触っているだけで解る。盲人でも解る」と、茶碗をいじくり回す様な手付きで言われたのが耳に残った。そんな変な女の子に興味を持ったのか、おじ様達は色んなことを教えて下さり、中でも細川(【同】護立)さんの殿様は、「家へ遊びにおいで、私が教えてやろう」と、先生を買って出て下さった。
 幾ら遊びに来いと言われても、精々父のお供で見物に行く程度だったが、それが御縁で大人になってからは始終訪ねて行く様になった。周知の通り細川家は幽斎・三斎の子孫で、本来なら茶道具が多い筈だが、細川さんは、白樺派の人達と同年輩で、志賀(【同】直哉)さんや武者小路(【同】実篤)さんと親交があったから、しぜん古美術の上でも新しい物の見方をされており、その蒐集も中国の書画骨董が主だった。今「永青文庫」と称されているのがそれで、その中の一部は現在、熊本の美術館に移されている。ついでのことに言っておくと、我々の間でトノサマと言えば細川さんのことで、事実何処から見ても「殿様」らしい風格の人物であった。(以下略)

 では、また・・。(了)

2010年1月 3日 (日)

【時習26回3-7の会 0271】~「大河ドラマスペシャル『坂の上の雲』から「文藝春秋2010年01月号~『子規こそ明治の日本人』藤原正彦×香川照之」より・・」「塩野七生『ローマ人の物語~最後の努力[中]』~巻頭のコメントより」「大伴家持:新しき年の始めの初春の今日降る雪のいや重け吉事」

■【2637の会】membersの皆さん、明けましておめでとうございます。今泉悟です。2010年が明けて3日目になりました。今年中には、一日も早く景気が回復して欲しいですね。 さぁ、今日も頑張って【2637の会】《会報》【0271】号をお送りします。
 まず、【2637の会】members皆さん宛への2010年の年賀状出状のお知らせです。
 小生、今年も【2637の会】の皆さん宛に年賀状を出状させて頂きました。この年賀状には、昨年08月15日に開催した《クラス会》での全体写真を掲載してあります。今年08月も第5回目の【2637の会】《クラス会》を開催する予定ですので、皆さん、是非参加して下さい。日程の詳細はまだ未定ですが、これまで「お盆近くの土曜日」ということでやって来ましたので、従来通りとすると今のところ8月14日(土)が最有力候補日であります。ハイ。
2637members2010
2637090815

 添付写真をご覧下さい。まず出状した年賀状ですが、この年賀状に掲載されている全体写真は、中座された井上君が帰られる直前に撮影した第一回目の全体写真であるため、伊東君が写っていません。伊東君、ゴメンなさい。そこで、添付写真ではもう一枚、伊東君と助っ人の谷山【3-3】・中嶋【3-2】両君が加わった13名で《クラス会》一次会終了近くに撮影した全体写真を添付しました。
 さて続いては、DVD発送のお知らせです。【2637の会】members皆さんで、昨年08月15日開催の《クラス会》に参加して下さった、石田(Y)・市川・伊東・井上・金子(T)・千賀・林(K)・原田・牧野・峯田の各氏とT三先生、そして助っ人の谷山・中嶋両君の皆さん宛に、story仕立ての記念DVDを作成し、大晦日に宅配便で発送させて頂きました。収録時間は14分強です。今日辺り到着している頃と思われます。昨年08月開催であり乍ら、今迄遅れてしまいましたことをお詫び申し上げます。四ヵ月半も遅れた理由は、不況下にあり乍ら、仕事が予想外に多忙であったうえ、昨秋10月に宅建試験があり、その受験勉強等に追われ、DVDを制作する時間がなかなかとれなかったためであります。


■さて、続いての話題・・、文藝春秋2010年01月号に、お茶の水大学名誉教授藤原正彦氏と俳優香川照之氏の対談『子規こそ明治の日本人』が載っていました。大変面白かったのでご紹介したいと思います。(添付写真ご参照)
201001

 では、どうぞ・・

〔1〕「文藝春秋2010年01月号~『子規こそ明治の日本人』藤原正彦×香川照之」より・・」
 〔前略〕
【僕の体を子規に貸した】
【藤原】 撮影は、まだ続いているのですか?
【香川】 いえ、2007年の11月に始まり、今年の初めに子規が亡くなるシーンを撮って、僕の撮影は終わりました。ただ『坂の上の雲』全体の撮影は三年間の予定なので、まだ続いています。〔中略〕
【藤原】 子規は形骸化していた俳句や短歌の世界を否定し、写生というリアリズムを入れて近代化させることに精力を注ぎました。「万葉いらい、実朝いらい、和歌は不振であります」「(紀)貫之は下手な歌よみにて、古今集はくだらぬ集に有之(これあり)候」等、鋭い言葉で批判を重ねています。それまでの世界を批判するため、子規は旧来の歌や俳句についてもの凄い量の勉強もしていました。〔中略〕今もこれだけ多くの人が短歌や俳句に親しんでいるのは、子規のおかげと言えるかもしれません。〔中略〕

【子規は誰より武士だった】
 〔前略〕
【香川】 34歳で死ぬ間際の子規を、碧梧桐等弟子が囲んでいる絵を見ると、まるでキリストの最期を描いている様で子規のカリスマ性を感じました。
 僕も17キロ減量して、子規の死の撮影に臨みました。菅野美穂さん演じる妹の律に背中を撫でられるシーンで、骨が浮き出た僕の背中の感触に、菅野さんが後で「子規そのもので涙が出た」と言ってくれました。〔中略〕
【藤原】 これだけ役にのめりこんで演じてくれる俳優さんは、めったにいないんじゃないですか。〔中略〕
【香川】 今回は特にのめりこみました。死の間際に子規が書いた絶筆三句を完璧に再現しようと、時間があれば句や子規のサインを台本の裏などに筆で練習していたので、最後はまるでお経でも書いてあるかの様に真っ黒でした(笑)。
「糸瓜(へちま)咲て痰のつまりし仏かな」「痰一斗糸瓜の水も間に合わず」「をとゝひのへちまの水も取らざりき」という三句です。当時は糸瓜が咳止めに効くと言われていて、子規庵にも植えられていたんです。
 本番で僕が書いたものと子規の書いた実物とを比べると、本物かと思うくらい似ていましたね。〔中略〕
【藤原】 司馬さんの死後に新たな資料が出てきたこともあって、乃木(希典)の再評価等司馬史観への批判もあります。しかし最初の三分の一、子規が死ぬ辺りまでは文句なしに素晴らしい。何度読んでも夢中になる、永遠に残る文学です。

 〔中略〕

【ボールは遠くまで飛ばせ】
【香川】 日本にはない、アメリカやヨーロッパの優れた部分を取り入れようとする動きは当時も勿論あったけれど、同時にそれを上回る熱意で「日本をどうにかしたい」「この大好きな国をより良くしよう」と国民みんなが思っていたと感じるんです。ところが今はその「日本が好き」という気持ちが稀薄になって、日本を否定はするけれど、めったに肯定しないことが気にかかっています。
【藤原】 確かに明治の人は、西洋のものをほとんど狂乱状態で取り入れましたが、単に取り入れるのではなく、日本に合った形にアレンジします。真之もアメリカに留学したとは言え、アメリカの戦法をただ真似してはいません。武田信玄や織田信長といった日本の古い戦法を研究して、より良い戦術を編み出しています。〔中略〕真之は〔中略〕夢をかなえるためにとことん頑張り〔中略〕信念を持って、自ら歩む世界をひっくり返そうとします。
【香川】 しかも子規や真之たちは、実際に日本を動かしてしまったのですから。
【藤原】 大学で教えていても、今の学生たちは大きな夢がありません。大学を出て、就職して・・なんて、小さい夢ばっかり(笑)。
【香川】 なんでもそうですが、ボールを遠くまで飛ばしてやろうと思っても、手前に落ちてしまって目標の半ばまでしか到達できなかった、というのが常ですよね。それが最初から「ここまで飛ばせばいいや」とボールを投げたら、更に手前にしか届きません。子規や真之たちはあれだけ大きな夢を持っていたからこそ、世の中を動かすことが出来たのだと思います。当時の時代性でしょうか。
【藤原】 ええ、明治時代は言ってみれば、日本の歴史上の特異点の様なものです。誰もが飢えと戦い乍らも、自らや国家の明るい未来を夢見て、無邪気にひたすら突き進んでいくという、気持ちのいいロマンチックな時代です。前にも後にも、日本にそんな時代はほとんどありません。日露戦争くらいまでが、一番いい時代でしょう。〔中略〕
【藤原】 最終章「雨の坂」で、日本海海戦から帰って来た真之が主を失った子規庵をひっそり訪ねるところなどは、子規に対する司馬さんの思いや、真之と子規との深い絆を示す名場面と思います。
 明治時代というのは日本の青春時代です。その真っ只中にいた人々の熱い魂の震えを上手く映像化出来れば、それだけで80%は成功と言えるのではないでしょうか。香川さんの話を聞いていると、ところどころ、原作を凌駕している様な部分も感じました。三年間、楽しみに見るつもりです。〔了〕

【小生comment】
「明治時代は日本の青春時代」とは言い得て妙である。新しい時代の枠組み(paradigm)がこれから出来つつある時代。古くは「戦国から安土桃山時代」「明治時代」そして「第二次世界大戦後から高度成長時代」が日本の『青春時代』だったのだろう。秋山好古・真之兄弟や正岡子規が活躍出来たのは、そうした時代背景があったからだと言える。冷めた言い方で換言すれば、彼等が現代の様に経済の衰退期に出現しても活躍の場はなかったかもしれない。そういう観点から、示唆を与えてくれるのが次にご紹介する塩野七生氏のcommentである。

〔2〕「塩野七生『ローマ人の物語~最後の努力[中]』~巻頭のコメントより」

 ローマ人の物語の著者塩野七生氏は、「一国家の誕生から死まで扱う通史を書いていて痛感することの【第一】は、人間にとっての幸不幸は、自分にあった時代に生まれたか否か、にかかっているということだ」として、続けてこう述べている。
 資質も才能も努力する意志も、この一事を前にしては価値が薄れる。だから私も、成功の条件とか失敗の教訓などと銘打った書物を書く気になれないのである。成功も失敗も、そうそう簡単には定義できないという気がして。
 【第二】は、如何なる改革も当事者たちの本質に基づいていない限りは失敗に終わる、ということだった。
 ディオクレティアヌスもコンスタンティヌスも、衰退する一方のローマ帝国を再起させるための努力は尽くしたのである。だがそれは、軍事を偏重しようとキリスト教に頼ろうと、「ローマ的なるもの」ではなかった。 とは言っても、この種の転向こそ、国家の老いを示すものではないだろうか。〔2009年初夏、ローマにて〕

【小生comment】
 となると、現代の日本に求められる人材とはどういう人であろうか?
 現代日本を「老いを示す」【衰退期】と捉えるか、それとも「次の新しい時代への激動の」【変革期】と捉えるか? 無論、今が安定期でないことは衆目の一致するところではあろうが・・。(笑)


【後記】■さて、今日の締め括りは、年の初めに相応しい歌を一首ご紹介してお別れしたいと思います。

 三年春正月一日、因幡国庁(いなばこくちょう)にして、饗(あへ)を国郡の司等(つかさら)に賜ふ宴の歌一首

 新(あらた)しき年の始めの初春の 今日(けふ)降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)

                                  大伴家持 万葉集 二〇巻4516

【訳】 天平宝字三年正月一日、因幡の国の庁舎で、食事を国や郡の役人に賜った宴での歌一首
 新しい年の初めの新春の今日降る雪の様に、益々重なってくれ、良いことが。
【解説】 『万葉集』第二〇巻の最後を飾る歌。天平宝字三(759)年の元日、因幡の国庁(鳥取県岩美郡国府町)で催された宴での歌。家持が因幡の守に任命されたのは前年6月。赴任して初めての正月であった。
 歌は、四句目まで「の」を重ねて調子を整え、年頭の「今日」の目出度さを強調している。また、四句目の「今日降る雪の」の「の」は比喩の働きをなし、結句の「いや重け吉事」を導く。「いや」は、いよいよ、益々の意。また、「重け」は次々と続く(重なる)ことを意味する。年頭に当たり、国庁の外に降り積もる雪と重ねて、目出度い出来事の重なりが言祝(ことほ)がれたのである。
 とりわけ年頭の雪は、当時吉兆とされた。『万葉集』は〔中略〕この歌をもって閉じられる。巻尾にこうした歌が伝わるところに、『万葉集』の歌集としての本質と意義を考えることができよう。〔万葉集を知る事典〕
【小生comment】
 昨今の不景気な時代こそ、この様な歌で吉事を呼び込みたいものである。そう言えば、大晦日から元旦にかけて日本列島は寒波に見舞われ、愛知県でも尾西地区は大雪警報が発令された。これは今年の我国日本の姿を予見する吉兆かもしれない。いや、是非そうあって欲しいものである。
 また、「歌は、四句目まで「の」を重ねて調子を整え」で言う「の」については、佐佐木信綱の薬師寺東塔を歌った著名な歌「ゆく秋の/大和の国の/薬師寺の/塔の上なる/一片(ひとひら)の雲」を想起する。

 ここで大伴家持について少々解説しよう。家持は、万葉集第四期の歌人で、大伴旅人の長男。
 生まれは養老二(718)年が通説。延暦四(785)年8月従三位中納言で没した。万葉集における作品は、長歌46首、短歌425首、旋頭歌1首、連歌1首の計473首(短歌を431首とし、計479首とみる説もある)。個人の歌としては、万葉歌人中最も多い。

追伸
 今日1月3日の夜、時習26回卒業35周年記念旅行の名古屋支部前幹事の面々と豊橋支部の有志合わせて二十数名が、【2637の会】の第1回~第3回の会場であった「ブラウンズ」にて新年会を開催する。そこで次回の「時習26回卒業40周年『幹事』」に指名されている小生も参加させて頂く次第である。
 この模様については、《会報》次号にてご報告させて頂きます。乞うご期待! では、また・・。(了)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ