« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の5件の記事

2012年8月31日 (金)

【時習26回3-7の会 0409】~「『時習26回生 卒業40周年記念旅行兼懇親会』に向けて」「『西原理恵子『生きる悪知恵〔正しくないけど役に立つ60のヒント〕』を読んで」

■今泉悟です。皆さん如何お過ごしですか。さぁ、今日も【2637の会】《会報》【0409】号をお送りします。

 さて、今日から08月31日は、立春から数えて210日目が所謂『二百十日』。そして、この二百十日・二百二十日前後に吹く暴風を『野分(のわき・のわけ)』という。江戸時代より昔には、「台風」という日本語は存在しなかった。
 中国福建省や台湾で「大風(【発音】タイフーン)」と言っていたのを西洋人が「typhoon」と音訳し、それが日本に逆輸入されたことに始まるという。
 明治時代になり風の直ぐ右に台をつけた一文字「『風台=(颱)』に風をつけて「颱風(タイフウ)」と呼んだ。その後1956年「台風」に統一された。
 だから、昔は「台風」を含めて秋の強い風は全て『野分』と言ったのである。
 現在では、「台風」の様な雨を伴うものは『野分』と言わず、ただ「野を吹き荒らす『疾風』を指す」ことが多い。

 野分先ず月の光を吹きはじむ  斎藤 玄

■さて、今日最初の話題は掲題・副題にある様に、来る09月09日に、『時習26回生 卒業40周年記念旅行兼懇親会』に向けて「豊橋支部幹事会」をいよいよ立ち上げることとした。
 そこで、小生がかつての「卒業周年記念旅行・懇親会」で幹事を務めたことのある有志の人達と、彼(女)等が新たに推薦した人達を、次回「卒業40周年記念旅行兼懇親会」(代表)に指名された小生が専権として「豊橋支部幹事」に指名させて戴いたのである。
 流石に「有志の方々」である。19名の方々に声をかけて、今日現在第一回幹事会に17名が「参加表明」してくれている。皆さんのmotivationの高さに本当に頭が下がる。m(_ _)m
 そして、その「幹事会」の席上で、議事が少しでも円滑に進む様にResumeを用意した。
 
 今日は、【2637の会】membersの皆さんにも当該resumeをご覧戴きたいと思い、以下に本文概略をpasteします。

 ※ ※ ※ ※ ※

      時習26回卒業40周年記念旅行兼懇親会に向けて

はじめに ~『豊橋支部幹事会』発足迄の経緯と幹事選出方法 ~
 ・略

《協議事項》
1.開催日
(1) 旅行の日数
 ・従来通り、一泊二日の旅行兼懇親会としたい〔理由:5年に一度の開催なので日帰りよりgorgeousに!!〕

(2) 開催日
【候補日】‥〔決定日:         〕
 2014年05月 ①10(土)~11(日) ~ 06月 ⑦21(土)~22(日) までの土日のいずれか
〔上記日程を候補とした理由〕
 ・前回開催日丁度満05年が経過
 ・この時期は、秋の行楽season程の混雑はなく、気候も温暖で比較的好天に恵まれる
 ・宿泊旅館の予約開始が1年前の応答日からが一般的

2.行き先
(1)京都〔 ← 代表幹事(案)〕
 ・現地集合・現地解散を原則とする〔但し、豊橋・名古屋組合計で25名以上集まれば観光busを貸切る〕
 ・料理旅館で懇親会(一次会):二次会は自由〔①旅館で寛ぐ ②外出組〔鴨川散策他〕
 ・二日目は、観光名所〔①案:嵐山 ②案:東山で昼食
〔京都とした理由〕
 ・過去3回は、25回:地元→30回:他地区→35回:地元→【40回:〔京都?〕】→ 45回:(?) → 50回:地元(?)
 ・2014年に満59歳を迎える〔自分の人生の慰労会を京都で豪華に!〕
 ・鴨川沿い五条の料理旅館の宴会場で、本場京都の舞妓の踊り等を堪能も出来る
 ・参加者の極大化を図るには、cost performanceある近場の温泉がbetter
  →しかし、前回に続き再び近隣温泉〔形原・西浦・湯谷温泉〕では魅力に乏しいと言わざるを得ない

(2)蒲郡(三谷・形原・西浦)温泉・湯谷温泉等、近隣温泉地に一泊二日
[1] 蒲郡温泉と蒲郡ラグ―ナ・伊良湖フェリー→鳥羽〔伊勢神宮参拝〕
[2] 湯谷温泉と鳳来寺山周辺散策
 ・近隣開催の長所:参加者数の極大化が図れる〔①地元在住の参加者増見込れる ②交通費・宿泊費が安価〕
 ・〃 短所:①前回(舘山寺)の二番煎じ ②蒲郡lugna/伊良湖ferry/鳳来寺周辺散策 ⇒ 荒天時催行困難

(3)その他


3.宿泊場所
(1)京都の場合
 ・略

(2)蒲郡(三谷・形原・西浦)温泉
 ・
 
(3)その他
 ・
 
4.貸切bus活用について
(1)京都の場合
 ・京都での開催は、東名阪で交通費にかなりの開きが発生する
 ・豊橋&名古屋地区からの参加者が25名程度以上になった場合、貸切bus利用を考えている
  ※ 観光bus利用により参加者が【 ワイガヤでbus旅行気分を満喫 】するのが同期旅行の醍醐味!?
 ・東京支部&関西支部参加者の中で、豊橋&名古屋支部のbus tourに合流したい人達が複数いる場合
  → 新幹線「米原駅」かJR東海道本線・大津駅にて豊橋&名古屋支部bus tour組と合流する
 ・JR米原駅か大津駅で、東京&関西組のbus tour参加者を乗せbusは夕方の宿泊場所までの間観光名所を周遊
 〔周遊course〕
 [案1] 大津周辺の社寺仏閣→比叡山・延暦寺→大原三千院方面
 [案2] 東山の社寺仏閣2~3箇所

5.諸幹事の選任
(1)会計:
(2)PC等Data管理者:

6.その他
 ・

7.おわりにあたって
 ・略
                                以上

 ※ ※ ※ ※ ※

【2637の会】membersの皆さんへ
 再来年春にやって来る『時習26回生 卒業40周年記念旅行兼懇親会』を少しでも楽しさを増やす為に、忌憚ない意見を頂戴出来れば幸甚の至りです。
 皆さんからのご意見をお待ちしています。m(_ _)m

■次の話題は、最近ある雑誌の書評にて紹介されていた西原(さいばら)理恵子『生きる悪知恵〔正しくないけど役に立つ60のヒント〕』をご紹介したい。

[01] 西原理恵子『生きる悪知恵〔正しくないけど役に立つ60のヒント〕』
 04601

 先ず西原氏の略歴から‥
 1964年高知県生まれ。高校中退後、大検を経て武蔵野美術大学視覚伝達design科卒。在学中から飲食店での皿洗いやmini-skirt pubでhostessのAlbeitをする傍ら、「ちくろ幼稚園」でdebut。1996年cameramanの故・鴨志田穣氏と結婚し、一男一女をもうける。97年「ぼくんち」で文藝春秋漫画賞受賞。05年「毎日かあさん」「上京ものがたり」で手塚治虫文化賞短編賞受賞。

 本書の「はじめに」をご高覧下さい。確かに成程と思いますね‥

 〔前略〕日本人って「正直であれ」とかよく言うけど、真面目過ぎると生き辛い。もっとウソつきでいいんじゃないかと思います。
 私がこれまで漫画家として生き残って来れたのは、正直じゃなかったから。ウソをつくのを悪いと思っていない。一番最初のお客さんである編集者を、如何にダマすかという処からは始まっています。〔中略〕
 もう一つ良かったのは、prideがなかったこと。私の仕事はお客さんを笑かしてナンボなので、自分の表現がどうとか関係ない。貰える仕事は何でもやって来た。身も蓋もないことを平気で出来るというのは大事です。Prideでご飯は食べられません。
 誰だって働けなくなる日は来るんだから、兎に角働けるうちは働いてお金を貯めておけ、と。だから、今でも仕事はどんどんと入れてる。国とか会社とかアテにしてたら酷い目に遭いますよ。〔中略〕
 生きるって、みっともないことだし、みっともなくていい。あの手この手で、どうにかして生き残った者が勝ち。その為には、ついていいウソがある。人のお金をくすねるとかいうのじゃなければ、ウソを上手く使えばいい。彼氏にだって、自分の過去を全部言うことないでしょう。相手を怒らせたり迷惑かけたりしたらウソになるけど、周りを楽しませたり自分を守る為なら、それは嘘じゃない。
 今、辛い思いをしている人は沢山いると思います。色んな事情があるでしょうけど、何でそんな生真面目にやっているのかなって感じることもある。
 この本では、そういう生真面目に悩んでいる人達に、私なりのadviceをしてみた。Adviceというか、悪知恵ですね。それが正しいかどうかは分からないけど、正しいだけでは生きていけないこともあります。こういう時代だからこそ、もっと悪知恵を働かせましょう。

 第1章【仕事編】[01]~[13]
 第2章【家庭編】[14]~[27]
 第3章【男と女編】[28]~[38]
 第4章【性格偏】[39]~[49]
 第5章【trouble編】[50]~[60]

 以上60のhintの中から今日は、第2章【家庭編】[27]いつまでたっても親と仲良くできません‥をご紹介します。

【質問】いい年して恥ずかしいのですが、未だに親と仲良く出来ません。特に家庭に問題があった訳ではありませんが、中学生位の頃って、親と口も利かなくなるじゃないですか。その儘大学で実家を離れ、正月も殆ど帰らない儘30年が過ぎ、もはや何を喋っていいか分からなくなりました。
 とは言え、ある年齢以降は「たまには親孝行を」と思って食事に連れて行ったりもするのですが、「一つも美味くなかったな」などと人の好意を無にする様なことを平気で言います。最初に就職した時も、確かに知名度は低い会社でしたが、「そんな会社は知らん」と言われ、ガックリしたこと覚えがあります。そんなことが積み重なって、親との間に微妙な壁を感じる様になって仕舞いました。最近は流石に親も年なので、たまに会った時は優しくしようと心掛けてはいますが、それでもキレそうになることがあります。どうすれば心穏やかに親と接することが出来るでしょう?(48歳・男・自営)

【西原】まるで私と母親の関係みたいですね。〔中略〕(私の)母親は〔中略〕何でも否定から入る人で、「そんなことしたら、みっともない」とか「アンタ達の為に我慢してあげているのに」みたいなことを言われて育ちました。〔中略〕
 今は一緒に住んでてshopping三昧で何不自由ない筈だけど、何不自由ない処が不満なんですね。何か文句言う処を見つけては言って来るので聞こえないふりしてるんですけど、やっぱり巧くかわせなくてバシンと当たって来る時がある。何か「聞こえる小言」を言うんですね。ウチの子背が低くて、「アンタが夜ずっと起こしてたから成長hormone出んかんったわね。アンタがいかん」とか、80歳のババアから医学的批判をくらうとか。
 でも、親と子は別の人間だし、別の人生なんですよ。仲良く出来ないものはしょうがない。日本人って「親孝行しなきゃいけない」と思いがちだけど、合わない人とは合わないし、それこそ早く死んじゃったほうがいいような親だって山ほどいるでしょ。それでも良心の呵責を感じるなら、季節毎に贈物するとか、仕送りを毎月3万円ずつでもしてあげるとか、そんなんでいいんじゃないですか。優しくしようとか思わなくていい。お金で解決しちゃいましょう。
 そうは言っても、「親も年だし、そろそろ介護のことも考えなきゃ」と思うかもしれません。でもそれこそお金で解決しなきゃいけない問題なんです。〔中略〕素人が面倒見れる訳がない。そんなの共倒れになるだけです。〔中略〕
 親孝行もいいけど、そのへんをちょっと履き違えて、優先順位を間違っている人が多いんですよ。家族のことを考えたら、姥捨て山に捨てなきゃいけない時があるんです。だから、本気で介護のことを考えるなら、早目にそういう施設を見つけておくこと。後は資金面でのbackup。家族がやるべきは後方支援です。週イチでもいいから、お花を持っていって「大好きだよ」って言ってあげる。そして、お金を出してあげる。
 だからもう、仲良くするとか親孝行するとか考えなくていいんです。無理なものは無理。こないだ80歳位で離婚したいって言い出したおばあちゃまがいて、周りは「あともうちょっとなんだから、いいじゃん」って言ったら、「あともうちょっとだから、残りの時間は自由でいたい」って。その気持ち、分かるよね。
 〔中略〕自分の親が嫌いな人は私も含めていっぱいいるので、そこにまたわざわざ近寄っていくことはないですよ。〔中略〕
 肉親だからって我慢していると、結局、そのイライラが子供に向かって、子供に同じ因子を継がすっていう負の連鎖になる。それが一番恐ろしい。
 という訳で、そもそも親と仲良く出来ないと悩むこと自体がムダ。親子仲良くなくてヨシ。困った時はカネで解決。その為に確り働きましょう。
【結論】★親子仲良くなくてヨシ★

【小生comment】
 ちょっと辛辣な「悪知恵」かもしれないが、俯瞰して考えてみると核心をついていると思う。
 世帯主にとっての家族とは、世帯構成者たる「夫婦と子供達」であって、そこに肉親と言えども親は入っていない。
 また、もし客観的にみて立派な親であれば、少なくともその親に対し「畏敬の念」を持っても、「嫌悪」する迄にはならない筈である。


【後記】今日のお別れは、西原理恵子氏に影響を受けたので調子に乗って「狂歌」を一首‥。

 この世にはついていいウソ数多(あまた)あり T.P.O.にて生きる悪知恵  悟空

 ではまた‥。(了)

2012年8月26日 (日)

【時習26回3-7の会 0408】~「08月21日:名都美術館『涼風の頃』展を見て」「白澤卓二『100歳までサビない生き方~体の中からキレイになれる101の習慣』を読んで」

■今泉悟です。皆さん如何お過ごしですか。さぁ、今日も【2637の会】《会報》【0408】号をお送りします。

 さて、一昨々日08月23日から時節は『処暑』。「暑さがおさまる」という意味だが、地元豊橋は、流石に猛暑日はなくなったが、でもやはり暑い。(^^;)
 小生、ここ一週間程、夏バテで身体がどうもシャキッとしない。
 健康の為に毎朝筋トレを続けているが、最近数日間、やけにしんどく感じたので、ここ二日間training時間を1時間減らす一方、その分睡眠時間を延ばしてみた。するとどうだろう。身体がスッと楽になった。負荷が掛らなくなったから楽になるのは当然だが、やはり疲労が蓄積されていた様だ。若い時代と違い、回復力が落ちて来たのである。早い話、老化したということだ‥。(^^ )
 筋トレは身体を鍛える為のもの。「身体を壊して仕舞っては元も子もない」。だが「無理せぬ程度の負荷を掛ける」‥この匙加減が結構難しい、と思うこの頃である。

■さて、最初の話題は掲題・副題にある様に、08月21日、仕事で名古屋へ出張したついでに名都美術館に立ち寄った。
 同美術館にて同日から09月23日迄開催する「名都美術館collection『涼風の頃』展」を見る為である。
 日本画は、油彩画の様な豪華さはないが、そのgorgeousさと対極を成す清楚な雰囲気が気品あっていい。
 小生は、油彩画も日本画も大好きである。甲乙つけ難い魅力を夫々が持っている。
 以下に、leafletの伊東深水『踊子』以下の11枚をご紹介します。
 伊東深水・伊藤小坡の『美人画』→伊藤小坡・小倉遊亀は『女流画家』→小倉遊亀・安田靫彦・牧進の『静物画【花】』→横山大観・堅山南風の『風景画【富士山】』→高山辰雄・下田義寛の『風景画【海】』等々と、baton relayの如く続く名画の数々‥。
 原画の前に佇むと、心がホッと癒される。名画は実に素晴らしい‥。
 朝晩の涼風が秋の到来を告げ、日中の「暑さが処(おちつ)く」『処暑』という時節となった。
 本展は、正に『涼風の頃』という題の如く今の時節に相応しく、見る者に清涼感を与える日本画の名画展である。
 名古屋市周辺にお住まいの皆さん、一度是非「名都美術館」を訪れて、日本画の美を堪能して下さい。!(^-')b

[01]名都美術館『涼風の頃』展leaflet‥絵は下絵共に、伊東深水『踊子』1957年
 01leaflet19571_2

––––––––––––––––––––––––[02]伊東深水『ささやき』1961年
 021961_2

[03]伊藤小坡『落葉志ぐれ』1933年頃
 031933

––––––––––––––––––––––––[04]伊藤小坡『納涼美人』制作年不詳
 04_2

[05]小倉遊亀『鉢と菫』1960年
 051960_2

––––––––––––––––––––––––[06]安田靫彦『薔薇』制作年不詳
 06_2

[07]牧 進『夕顔』制作年不詳
 07_2

––––––––––––––––––––––––[08]横山大観『霊峰富士』1952年
 081952_2

[09]堅山南風『富士玲風』制作年不詳
 09_3

––––––––––––––––––––––––[10]高山辰雄『海と空』1989年
 101989_2

[11]下田義寛『潮騒』1990年
 111990_2

■次の話題は、前《会報》でご紹介した白澤卓二氏の著書の第二弾!『100歳までサビない生き方~体の中からキレイになれる101の習慣』についてである。
 この本も「『100歳まで』サビない生き方」という文句に釣られて買って仕舞った。(^^;)
 しかしよく読んでみると、この本は女性をtargetにした本であることが分かった。
 ‥んでもまぁ、「男にも役立つことが沢山書いてある」‥として、「良し!」とした。(笑)
 今日はその【101】の習慣術の中から5つをご紹介してみたい。

【001】「老けて見える人」「若く見える人」最大の違いは食生活
 多くの食材をbalance良く摂ることの実践が「若く見える人」に共通する基本。継続は力。翌日しか持たないface careより「『10年後の美』を目指してこそ、本当のcare」。

【002】「世界一の美女」&「一生健康でslimな体型を保つ」になれる食事の基本、それは「低GI(Glycemic Index=血糖指数)食」
 低GIの食品を摂ることで「血糖値を急に上げない」が基本。血糖値が上がれば膵臓からinsulinが出るが、これが重なると、身体は脂肪を貯め易くなり、当然糖尿病発症の危険性も増加。「血糖値を上げない生活」=「低GI食品(玄米・全粒粉(=whole wheat flour):小麦の表皮、胚芽、胚乳を全て粉にしたもの)・蕎麦・Yogurt・大豆・orange等)を取り入れ、必ず朝食を摂ること。綺麗になりたい人はまずこれを覚えておくと良い。

【009】毎食「腹七分目」で確実なdiet
 常に「腹七分目」を心がけて、毎食「少し控えめ」にするだけでも、数ヶ月単位で見れば大きなcalorie downになる。

【085】恋して痩せる、も女性hormonの応援があるから
「恋すると痩せる」。これも事実。(中略)恋をして、estrogenが分泌されると、何と同時に視床下部の満腹中枢の方も刺激されて、少し食べると直ぐに「満腹感」を感じる様になるからだ。恋をすると、estrogenをはじめadrenalinもdopamineも分泌される。心拍数が上がり、体温が上昇すれば代謝が促進され、幸福感から日常の動作や活動も活発になって更にenergyを消費。この様にして女性は恋するとみるみる綺麗に痩せるのである。

【100】イタリア料理・地中海料理でhealthyに痩せる
 Italia料理の「調味料」と言える真っ赤なtomatoは正にリコピン(Lycopene)の宝庫。発酵食品の一つであるバルサミコ酢(Aceto Balsamico)には美肌作用の他に強い抗酸化作用がある。またolive oilは飲む美容液と言っても過言ではない。
 魚介類のmenuが豊富で、健康的なdietにはピッタリ。Colorfulな野菜や魚介類をお酢に漬けるmarineのrecipeは健康的でslimな身体づくりに最適。また果肉迄真っ赤なblood orange juiceは、アントシアニン(anthocyanin)が非常に豊富。Pastaとcheeseの食べ過ぎだけは要注意。Italia料理と同じことが地中海料理全般に言え、和食同様大変healthyである。

[12]白澤卓二『100歳までサビない生き方~体の中からキレイになれる101の習慣』
 12100101

【小生comment】
 白澤卓二氏の説明は、理に適っていて、かつ実行し易いことが長所である。
 『100歳までサビない生き方』の101の食生活を中心した生活術。実践可能なことを少しずつ継続して行えば元気に100歳迄生きることが出来る‥かもしれない。
 ご興味ある方は一読をお薦めします。


【後記】今日のお別れも、俳句で‥。
 二十四節気、『処暑』の次は『白露』。「露」と言えば、次の名句が二句浮かぶ。
 実に写実的・絵画的で気品のある名句である。
 特に前者は、地元三河一宮出身のホトトギス俳人、富安風生〔←氏は、前から何度かご紹介しているが、時習館高校美術科教諭であった冨安昌也先生の大叔父にあたる〕氏が1964(昭和39)年に著した「大正秀句」の中で「芋の露‥」の歌を次の様に紹介している。

 (飯田)蛇笏が遺した大きな句業績のうちから、強いて代表的な一句を挙げねばならぬとしたら

 芋の露 連山影を 正うす  飯田蛇笏

 とすることに、何人も異存はないであろうし、全く頭の下がる一代の秀句である。(大正03年作)

【概意】秋、里芋の葉上に露がある。これが近影。その里芋畑の見霽かす遠方に連山が山影を際立たせて見える。これが遠影。
 遠近の対象物がいずれもくっきりと見えることに、詠み手の心もピシッと引き締まる。

 金剛の 露ひとつぶや 石の上  川端茅舎

【概意】金剛(=diamond)の様に輝く大きな白露が一粒、輝きを放って石の上にある。これは恰も「金剛界の大日如来」の様である。

 これ等の名句の後に小生の拙い句はどうかと思いますが‥
 訓練・訓練!(笑) 歴史的名句を幾つも詠んで勉強を重ねればいつかは一句くらい名句と呼ばれる作品が生まれるかも‥(^^;)

 露一つ 微風に撓(しな)ふ 薄の穂  悟空

【概意】薄(ススキ)の穂先に朝露が一粒‥。すると何処からともなく微風が吹いて来た。朝露の重みに耐え切れなくなった薄の穂が風の力に負けて大きく撓(たわ)み揺らいだ。

 残暑は確かに厳しい毎日ですが、早朝庭先に出ると、涼風がとても気持ちの良い時節になりました。
 ではまた‥。(了)

2012年8月18日 (土)

【時習26回3-7の会 0407】~「白澤卓二著『寿命は30年伸びる』&ジェームズ・アレン著『「原因」と「結果」の法則』を読んで」

■今泉悟です。 皆さん如何お過ごしですか。 さぁ、今日も【2637の会】《会報》【0407】号をお送りします。
 楽しかった【2637の会】《クラス会2012年 Part1》が終わって、もう一週間が経ちました。
 参加してくれた皆さん、どうも有難うございました。m(_ _)m

 さて、小生はこの一週間は夏休みを貰い、専ら自宅で『晴耕雨読』ならぬ『晴除草雨読』三昧の毎日を過ごしている。(^^;)
 時節は『立秋』。早朝などは、藤原敏行朝臣が詠んだ「秋来ぬと目にはさやかに見えねども/風の音にぞ驚かれぬる」の通り、涼風が秋の訪れを知らせてくれる。
 が、日中の残暑はまだまだ相当にキツい。

 そこで、『晴除草雨読』の『除草』についてである。
 地続きである拙宅と親父の家の庭は、気温が高いので雨が降った翌日など、雑草がたった一日で一斉に繁茂する。
 そこで仕方なく『草取り』する訳であるが、事後は必ず、①炎暑下に於ける長時間労働から来る「疲労感」、同じく、②長時間屈んだ恰好から生ずる「腰痛」、そして、③蚊の大群に襲われた結果の「痒み」、の『負の三重奏』が小生を悩ませる。

■さて、最初の話題は『雨読』の一つ、白澤卓二著『寿命は30年伸びる』をご紹介してみたい。

[01]白澤卓二『寿命は30歳延びる』
 0130

 本著の副題に「長寿遺伝子を鍛えれば、みるみる若返るシンプル習慣術」とある。
 小生の人生目標「百歳まで『現役』!」を、白澤氏は正に「人生100年の時代を生涯現役で生きる」と題した処でこう述べている。
 以下、概略を列挙する。

 老化を遅らせる為のapproachは、本書で紹介する様に「食事」「運動」「睡眠」「stress対策」等幾つも考えられますが、共通のkey wordが『長寿遺伝子』と『生活習慣』です。

 そして白澤氏は、【第三章 寿命は長寿遺伝子が指揮をとる】の処で、長寿遺伝子が老化を抑えているが、一方で老化を促す遺伝子も存在し、両遺伝子のせめぎ合いで寿命が決まって来るという。
 更に氏は、【第四章 長寿者が実践する長寿遺伝子をonにする生活術】で、pro skier &登山家、三浦雄一郎氏の実父、三浦敬三さんや、聖路加国際病院理事長、日野原重明さん等『super百寿者の食習慣は、血糖値が上昇しない、結果的にインシュリン(insulin)分泌を低く抑えることとなる、‥これが長寿に深く関わっている』と述べている。
 氏は更にいう、「百歳以上の人に『糖尿病の人はいない』」「メタボ体型の人は長寿遺伝子のswitchがonにならない」と。
 【第五章 健康長寿になる為のsmartな生活術】では、『酸化や糖化を防いで長寿遺伝子をonにする』『長寿遺伝子をonにする食事』以下で、老いない身体をつくるには『食生活』が大切と述べ、幾つかの食材を例示して紹介している。項目を列挙すると以下の通りである。

 ①紫外線に負けない、colorful〔強い抗酸化作用を持つカロテノイドを含む〕野菜
 ②缶ジュースを飲むなら代表的カロテノイド、リコピンを含む100%トマトジュース(tomato juice)
 ③高い抗酸化作用を有するブロッコリー(broccoli)
 ④鮭の鮮やかなオレンジ色(←抗酸化カロテノイドの一種アスタキサンチンの色‥)が老化を予防
 ⑤良質なタンパク質を含む鶏の胸肉
 以下、納豆・ヨーグルト・牛乳・赤ワイン・アボガド・リンゴ・バナナ・胡桃・chocolate・olive oil・ウコン等々を推奨している。

 氏は、食生活の他に、【長寿遺伝子をonにする『運動』】【快眠】【stressをcontrolする】【『冒険』『恋愛』『芸術』等のドキドキ・ワクワクの『ときめき回路』が長寿の秘訣】【『笑い〔‥βエンドルフィン(endorphin)〕』がstressを排除】について述べている。
 そして、氏は最後にこう言って本書を締め括っている。

 Stressとの付き合いが上手になれば、人生はより楽しく豊かなものになります。
 いつまでも若々しく、QOL(quality of life)が高い健康長寿を達成出来れば最高です。その為には、super百寿者の様に、自分の生活習慣を意識的に組み立ていくことが何より大切なのです。(了)

【小生comment】
 白澤氏の言うことは尤もである。共感出来る。「百歳まで『現役』!」「PPK(ピン・ピン・コロリ)!」を目指し頑張って行きたい。!(^-')b

【後記】今日は、ジェームズ・アレン(James Allen(1864-1912))の『「原因」と「結果」の法則』(坂本貢一訳)をご紹介してお別れしたいと思います。
 訳者の坂本氏が「訳者まえがき」で次の様に紹介している。

[02]James Allen
 02james_allen

––––––––––––––––––––––––[03]James Allen(坂本貢一訳)『「原因」と「結果」の法則』
 03james_allen

 本書は、英国が生んだ謎の哲学者、James Allenによって、ほぼ一世紀前の1902年に書かれたもののですが、世界中で今尚着実に売れ続けているという驚異的なlong seller(←但し「和製英語」(以上【小生注】))書です。この世界の歴史上最も多くの読者を獲得して来た自己啓発書だと言って間違いないでしょう。

 読んでみると確かに「How to本」の先駆けの雰囲気が漂う。著者Allenが「はじめに」の処で、「自らの手で、『自分こそが自分の人生の創り手である』という真実に気づくのを促すことにある」と述べ、以下「思いと人格」「思いと環境」「思いと健康」「思いと目標」「思いと成功」「ビジョン(vision)」「穏やかな心」という7つの項目に分け説明している。
 【vision】ではこう述べている。
 気高い夢を見ることだ
 貴方は、貴方が見た人間になるだろう
 貴方の理想は貴方の未来を予言する

 「夢」は「現実の苗木」。現世で達成された偉業の全てが、最初は単なる夢に過ぎなかった。
 あらゆる「成功」が「『努力』の結果」である。
 そして、「『努力』の大きさ」によって「『結果』の大小」が決定する。そこに如何なる偶然も介在しない。
 「物質的・知的・精神的『達成』」の全てが、「『努力』の果実」なのである。
 それらは、「成就した『思い』」であり、「達成された『目標』」であり、「現実化された『vision』」である。
 貴方の『vision』にしたがって、貴方の人生は形づくられる。それこそが、貴方がやがて成るものなのである。

【小生comment】
 「不断の努力の積み重ね」が「原因」。そしてその「原因」により良い「結果」が齎される。
 正に『「原因」と「結果」の法則』である。
 小生、本書を読んだら、同時代を生きた米国の哲学者でプラグマティスト(pragmatist)の代表者、ウィリアム・ジェームズ(William James(1842.01.11-1910.08.26)の有名な格言を思い出した。

[04]William James
 04william_james

 小生、とても気に入っている言葉である‥

 「心」が変われば「行動」が変わる
 「行動」が変われば「習慣」が変わる
 「習慣」が変われば「人格」が変わる
 「人格」が変われば「運命」が変わる

 『宿命』は、「前世から定まっている『運命』」であり、変えることは不可能である。しかし‥
 『運命』は、「将来の成り行き」であり、William Jamesも言っている通り、変えることが出来る。
 「不断の『努力』の積み重ね」により、「より良い『運命』」を創り上げ、「より高いQOLを造り上げたいものである。
 では、また・・。(了)

2012年8月12日 (日)

【時習26回3-7の会 0406】~「【時習26回3-7の会】《2012年 クラス会 Part1》開催報告」

■皆さん、今泉悟です。《会報》【0406】号をお届けします。
 日本選手等の活躍が連日茶の間を沸かせてくれているLondon 五輪ですがいよいよあと1日で閉会ですね。
 今日08月12日はOlympic開催第16日。今朝の新聞各氏を見るとmedal獲得数は、金medal:06個、銀medal:14個、銅medal17個、計37個。
 これは、前回の北京五輪の25個〔金09、銀06、銅10〕を超え、過去最高であった前々回のAthens五輪の37個〔金16、銀09、銅12〕に並びました。
【後注】その後wrestling66キロ級で金メダルを獲得。金07、medal合計38個、史上最多を更新!
 Olympic競技で、日本人選手が活躍すると沸々と応援したくなる自然な昂揚感‥これが『愛国心』なのでしょうか。
 なでしこJapanが米国との決勝戦で魅(見)せてくれた感動的熱戦等、sportsの祭典での日本選手の活躍に日本中が沸き立つ中で、ここ一週間だけでも、国内外では色々な事象が起きていましたね。 例えば次の様な具合で‥。
 08月06日、内戦状態のシリア(Syria)で、首相が家族や政府高官とともにヨルダンに亡命。
 08月10日、韓国の李明博大統領が、日韓で領有権をめぐる対立がある竹島(韓国名・独島)を訪問。
 08月10日、参議院は本会議を開き、社会保障と税の一体改革の柱となる消費税の税率引き上げに関する法案を民主、自民、公明3党等の賛成多数で可決。消費税の税率は2014年4月に8%、'15年10月に10%に引き上げられ‥等々
 これ等3件の事柄だけでも色々とcommentしたくなる処ですが、今回は差し控えて、掲題の話題一本に絞ってお伝えしたいと思います。

■と言うことで、さて皆さん、今日の《会報》は、昨日08月11日に開催されました【時習26回3-7の会】《2012年クラス会 Part1》についてご報告させて頂きます。
 先ずそ前に、前《会報》から開催前日までに届いたmailや電話についてお伝えします。

 まずは朗報から‥
 08月08日午前08時過ぎに牧野M孝君から「出席」表明の電話を頂戴しました。

 牧野君へ、
 《クラス会》にはいつも参加して下さって本当に感謝しています。
 電話と「出席」表明を有難う!
 11日は楽しいひとときを過ごしましょう!

 続いては、鈴木Y次君からmailを頂戴しました。
 今回は残念乍ら「欠席」だそうです。
 以下に、Y次君からのmailをご紹介させて頂きます。

 Sent: Sunday, August 05, 2012
 今泉様
 お誘い有難うございます。
 申し訳ありませんが、今回も欠席でお願いします。
 横田君とも長い間会っていなく残念ですが、よろしくお伝え下さい。
    鈴木Y次

 Y次君へ
 了解しました。横田君へは今度連絡あった時宜しくお伝えしましましょう!(^-')b
 今回の《クラス会》「欠席」の件、了解しました。
 貴君の「欠席」は大変残念ですが、今秋11月も開催予定です。
 都合がついたら、是非《クラス会 Part2》に参加して下さい。

 続いては、峯田H幸君からもmailを頂戴しました。
 今回は、11日は岡山へ出張だそうで「欠席」だそうです。
 08月の《クラス会》は2006年から昨年迄毎年、連続6回参加してくれていました。
 これまでのご協力に深謝申し上げると共に、都合がついたら、今秋11月開催予定の《クラス会 Part2》に是非参加して下さい!
 宜しく!

 ※ ※ ※

 以上の結果、【2637の会】《クラス会》に「参加」して下さった皆さんは次の08名
の方々です。
※【出席】横田、渡辺、千賀、伊東、彦坂、林(恭)、牧野、今泉〔08名〕〔以上、mail当着順・敬称略〕

《林K子さん、渡辺さんへの御礼》
 classmatesにお声をかけて下さったお二人のご尽力に心より感謝申し上げます。
 お声をかけて下さったお陰でより多くのclassmatesの皆さんとcommunicate出来ました。
 返事が来ない状態ばかり続いたり、「欠席」のお返事が続くと、「何でもない!」と頭で理解していても、motivationが下がって仕舞います。
 一人でも多くのclassmatesが参加してくれる様にお声掛けして下さったお二人のお心遣いを本当に嬉しく思います。
 心より御礼申し上げます。m(_ _)m

《「欠席」のお返事を下さった皆さんへの御礼》
 今回の《クラス会》には「欠席」されることについては大変残念に思います。
 が、mailを下さったこと自体、幹事としては大変嬉しく思います。
 ご協力有難うございました。

※【欠席】石田(義)、今井、伊庭、山中、菰田、中山、守田、井上、犬飼、鈴木(雄)、峯田〔11名〕〔以上、mail到着順・敬称略〕

 今回は、上記にてご紹介させて頂いた総勢8名のうち、都合がつかなかった横田君を除く7名の皆さんが参加してくれました。
 尚、担任の鈴木T三先生にには《クラス会》開催日の三日前の08日に電話を入れ、お誘い申し上げました。
 残念乍ら先生は「体調が優れないので欠席させて貰う。皆に宜しく!」とのことでした。
 先生から、電話を切る前に「毎年ご苦労なことだな。これからも宜しくな!」と不肖幹事への労いの言葉も頂戴し、感激しました。

■それでは、【時習26回3-7の会】《2012年 クラス会 Part1》開催報告をさせて頂きます。
 この日は、【2637の会】membersの7人の他、二次会から、渡辺さんの仲良しのお友達、前田(平松)T子さん【3-4】、槇田(大須賀)H枝さん【3-10】、山田Y○りさん【3-6】の3人が助っ人で参加してくれました。更に、07月07日の【1-4】ミニミニ《クラス会》参加者の水藤T詳君【3-6】も、同じく二次会から応援に駆けつけてくれました。
 実はこの日、従前にお話しました様に、午後03時に時習26回の同期で【1-4】【2-8】のclassmateであった故・山田H典君宅を訪れ、初盆のお参りをして来たのですが、渡辺さん、前田さん、槇田さん、山田さんも故・山田H典君の墓参に参加してくれたのです。
 山田H典君が如何に人気者であったかが偲ばれます。

 以下、【2637の会】《クラス会 Part1》の模様である。
 《クラス会》は、開始予定の午後06時10分過ぎ、やや遅れてstartした。
 名古屋から参加の千賀君が乗った東海道本線が大雨の為、一時運転を停止。
 その為、「彼は到着が07時半頃に大幅に送れる」旨の電話が彼の奥様から会場のトライアゲインにあった。
 彦坂君は、「08時半過ぎの東京行き新幹線に乗る」ということで、08時半に中座した。
 二次会を含む都合4時間半に及ぶ《クラス会》での話題は、国内外の政治経済から歴史、London五輪、もうあらゆる分野に及んだ。
 二次会参加者の4人は、08時半過ぎから09時にかけて、水藤君、ついで前田さん・槇田さん・山田さんの3人が相次いで加わってくれた。
 女性陣が5人参加というのは、【2637の会】《クラス会》始まって以来の最高記録である。渡辺さん、お声かけを有難う!
 お陰で、楽しい《クラス会》がとても華やいだ雰囲気となった。
 添付写真についてである。
 [01]は、彦坂君が中座する直前に撮影した一次会参加者の全体写真。
 同じく[02]は、山田さんが名古屋へ帰られるということで中座される前に撮影した二次会での全体写真。
 [03]が、一次会参加者の寄書き。
 [04]は、その寄書きをgetされた林K子さんのsnap shotである。
 寄書きでは、牧野君が「毎年恒例のクラス会、いつまでも続くことを願っています」と書いてくれました。
 ホント、嬉しいですね。
 それからその牧野君が「中村H章にも声をかけたんだが、今日は先約があって参加できないそうだ。今度はクラス会に連れてくるよ」と言ってくれました。
 これまたホント! 嬉しいですね。中村君、今秋11月には是非参加して下さい!

 再来年の晩春から初夏にかけて予定している「時習26回卒業40周年記念旅行」について意見を聞いてみました。
 小生の現状の素案は、最近京都に詳しい中嶋Y行君【3-2】とimageを合わせた‥「京都旅行」‥について概略を説明。
 ①京都での現地集合・現地解散を基本とする
 ②①が原則だが、豊橋・名古屋からの参加者が30名を超えたら貸切busをcharterする
 ③宴会場・宿泊場所は、五条の鴨川縁にある料理旅館「鶴清」を第一候補とする〔一泊朝食付@8,500円+夜宴7500円~〕
 参加者の極大化を図るとするならば、地元三河の西浦温泉や湯谷温泉での開催の方がいいかもしれない。
 「代表幹事として、参加者の極大化を摂るか、旅行の中身を摂るか、悩んでいる」と打ち明けたら、皆は「豊橋支部の幹部とよく相談するのがいい」とadviceをくれた。
 小生もその通だと思う。
 ついては、来月を目処に豊橋支部での、幹事会なるもを立ち上げ、有力者の面々に意見を聞いてみたいと思っている。

[01]【2637の会】《クラス会 Part1》20120811一次会の記念写真
 012637_part20120811_2

––––––––––––––––––––––––[02]【2637の会】《クラス会 Part1》20120811二次会の記念写真
 022637_part20120811_2

[03]【2637の会】《クラス会 Part1》20120811寄書き
 032637_part2012811a

––––––––––––––––––––––––[04]寄書きをgetした林恭子さん
 04get_2

【後記】
 《クラス会》で、日本の現状の厳しさの話は沢山出ました。
 少しでも明るい話題を‥ということで、日本の強みについて今日の《会報》の最後に考えてみました。
 それは『団結力(teamwork)』だと思います。
 なでしこJapanの決勝戦での米国との試合でのpass work等の上手さ!
 団体競技では女子soccer以外でも、「男子fencing」「男女水泳medley relay」「女子卓球」「女子volleyball」等々、個々の肉体力ではAnglo-Saxonや黒人に劣っていても、得意なcombinationで立派な結果を出せるのが日本の底力の強さである。
 これ等は、日本が英独仏の西洋先進諸国の様な「一部の者へのelite教育」ではなく、「須らく大多数の国民への比較的高水準な教育」を施して来た、戦後教育の成果であると思われる。
 この平均的に知的水準の高い国民を大量生産し続けて来たことが、日本を米国に次ぐ世界第二位の経済大国にした原動力だったと言って過言ではあるまい。
 「日本人よ! まだまだ底力はある。もっと元気を出そう!」と言いたい。

 さて、お別れに《クラス会》で川柳が一句浮かびました。
 拙い句ですがご覧下さい‥

 あな楽し! 永久(とわ)に続けむ 《クラス会》  悟空

 今回もちょっと平凡でしたね‥('。';)‥

 では、また‥。(了)

2012年8月 5日 (日)

【時習26回3-7の会 0405】~「【時習26回3-7の会】《2012年 クラス会 Part1》「出欠」表明状況〔その6〕」「07月28日:豊田市美術館『Carpe Diem( Seize the day = 今日を生きよ)展』を見て」「Mike Brown著『冥王星を殺したのは私です』を読んで」

■皆さん、今泉悟です。《会報》【0405】号をお届けします。
 London Olympicの熱戦が連日茶の間を沸かせてくれています。
 大会8日迄で、金medalこそまだ2個と少ないですが、銀medal8個、銅medal11個、計21個を獲得。
 総じてニッポンは頑張っていると思います。
 それにしても茹だる様な猛暑が続いていますが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。
 小生も流石にバテ気味です。(笑)(汗)(汗)(汗)‥(^_^;)‥

■さて今日はもまず、前号に引続いて08月11日開催予定の【2637の会】《2012年クラス会 Part1》「出欠」表明状況〔その6〕をお伝えします。今回の〔その6〕が《クラス会》前の公式最後のご案内となるかもしれません。

 まずは朗報から‥
 林K子さんから「出席」表明のmailを頂戴しました。

 林さんへ
  いつも《クラス会》への参加並びに都度々々のご協力本当に有難うございます。万年幹事として大変嬉しくそして心強く思っています。
 限られた時間ですが、楽しいひとときを過ごしましょう!
 今の処、女性人は林さんと渡辺さんのお二人参加して頂けるので正直ホッとしています。(笑)

 それでは、林さんからのmailをご紹介します。

 Sent: Saturday, July 28, 2012
 今泉様
 いつもメールありがとうございます。
 同窓会は、出席させていただきます。
 お返事が遅れて申し訳ありません。
 よろしくお願いいたします。
   林 K子

 続いては、井上N生君からmailを頂戴しました。
 今回は残念乍ら「欠席」だそうです。

 井上君へ
 今回は「欠席」との由、大変残念です。
 今秋11月も開催予定です。勿論、来年の08月も‥!
 都合がつく時があったら是非参加して下さい。
 その時、貴君からの朗報を心よりお待ちしています。

 それでは、井上君からのmailをご紹介します。

 Sent: Tuesday, July 31, 2012
 今泉悟様
 今回は出席することができません。残念です。
   井上N生

 それからもうお一方、林K子さんが犬飼R子さんにお声をかけて下さいました。
 が、犬飼さんは「ご主人の実家に(名古屋)帰省されるとの事」で「欠席」だそうです。
 残念ですね。
 林さん、犬飼さんへのご連絡有難うございました。

 ※ ※ ※

 以上の結果、08月04日(土)23時00分現在、【2637の会】《クラス会》「出欠」表明状況は以下の通りです。
※【出席】横田、渡辺、千賀、伊東、彦坂、林(恭)、今泉〔07名〕
※【欠席】石田(義)、今井、伊庭、山中、菰田、中山、守田、井上、犬飼〔09名〕〔以上、mail到着順・敬称略〕
 繰り返しになりますが、念の為、開催要領を以下に記します。

【開催要領】
1.日時:2012年08月11日(土) 18:00~
2.場所:トライアゲイン
     豊橋市駅前大通2丁目33-1 開発ビル地下1階
3.会費:一次会・二次会合算で5~6千円程度〔金額はまだ未確定です〕

 今年も、懐かしく楽しいひとときを故郷豊橋で過ごしましょう! 皆さんからの朗報をお待ちしています。

■続いては、掲題・副題にあります様に、07月28日に豊田市美術館にて開催中の『Carpe Diem( Seize the day = 今日を生きよ)展』を見て来ましたのでその模様についてご紹介させて頂きます。
 本展のtheme『Carpe Diem』とは、Latin語で「今日を生きよ」という意味。
 古代ローマの共和制末期から帝政最初期を生きた詩人、クィントゥス・ホラティウス・フラックス( Quintus Horatius Flaccus, 65.12.08.b.c.-08.11.27.b.c.)が(『詩集』第1巻第11歌)で使った言葉。
 本展のleafletは、‥《 Carpe Diemの「Carpe(摘め)」は、ローマ時代には花を対象に使われる言葉でした。しかし、詩人ホラティウスは、花の代わりに「今日」を意味する名詞「Diem」を詩に用いました。このことからホラティウスは、『「今日」という日を花摘みに例え、その限りある時間を有意義に生きよ』と伝えたかったと言われています 》と説明している。

【小生comment】
 本展は、「厳然と存在する「死」を確り受け止めることによって、「生」の尊さを実感できる」ということがThemeであった。
 我々も五十路の半ばを過ぎた‥。
 既に、級友や会社の同僚の何人かの「死」を見聞きしている。
 となると、この先どれ程の人生が残されているか解らない中で、充実した人生を全うするには‥
「この世に存在している『今』をどれだけ『○○』に生きて行くか」という訳である。
『○○』の中に、「懸命」「真摯」「誠実」「元気」「明朗」等々‥の言葉が入ればほぼ満足出来ることは相違ないであろう。

[01]豊田市美術館『Carpe Diem( Seize the day = 今日を生きよ)展』leaflet 20120728
 01carpe_diem_seize_the_day_leaflet_

––––––––––––––––––––––––[02]荒木経惟『堕落園』2012年
 022012

[03]福田美蘭『Two bouquets』1991年
 03two_bouquets1991

––––––––––––––––––––––––[04]藤田嗣治『美しいスペイン女』1949年〔~常設展cornerから~〕
 041949

[05]速水御舟『菊に猫』1922年〔~常設展cornerから~〕
 051922

■さて、今日最後の話題は、最近読んだ本から、マイク・ブラウン(Mike Brown)著『冥王星を殺したのは私です』についてご紹介させて頂きます。
 小生がこの本に出会ったのは、先月のこと。ある雑誌の書評に載っていたのである。
 本書の著者 Mike Brownは、冥王星より大きい太陽系天体を冥王星より外側で見つけることに成功した。
 その天体に彼はジーナ(Xena)というnicknameを付けた。最終的には、準惑星(dwarf planet)「エリス(Eris)」となる〔添付写真[09]参照〕。
 ジーナ(=エリス)の発見者が、カルテック(California工科大学)教授のマイク・ブラウン(添付写真[06](1965-))である。
 そして、その彼が太陽系第9惑星「冥王星」に続く同第10惑星ジーナ(=エリス)の発見者となるべき処、「「ジーナ(=エリス)」は惑星ではない。だから「冥王星」も惑星ではなくなった‥惑星「冥王星」は死んだのである」と主張し、国際天文学連合(IAU)が2006年08月24日、「冥王星」を「惑星」から「準惑星」へと降格した決定を下したのである。
 それでは、何故「冥王星」が「惑星」から「準惑星」に降格されたのか?

 実は、IAUが、2006年08月24日に「惑星の『定義』」を定める迄、明確な定義がなかったのである。
 「惑星の『定義』」をつくらせる大きな原因となったのが、当時第9惑星の位置を占めていた「冥王星」。
 「冥王星」は、1930年、米国の天文学者クライド・トンボーによって発見された。
 「冥王星」が発見された当時は正確な情報が少なく、地球と同じ位の大きさと考えられていたが、実際は地球の五分の一の直径しかないことが後になって判明。

 ホルスト作曲の組曲『惑星』が「水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星」迄で「冥王星」がないのは、同曲が作曲されたのが1914~16年であり、「冥王星」が発見される前であった為。‥以上は余談‥

 その後、1992年、海王星より遠い場所(‥エッジワース・カイパーベルト‥)に、「太陽系外縁天体」と呼ばれる小天体が初めて発見された。
 爾来、同領域に続々と小天体が発見され、その中に「冥王星」より大きい、Mike Brownが発見した「エリス」等の、「冥王星」と同じ範疇に入る小天体が出て来たのである。
 そこで2006年08月IAUは改めて、「惑星の『定義』」を定めた。
 その内容を以下に記す。

【国際天文学連合(IAU)が定めた惑星の定義】
 ※ IAUは此処に、我々の太陽系に属する「惑星」及び「その他の天体」に対して、「衛星」を除き、以下の三つの明確な種別を定義する:

[1]太陽系の惑星(注1)とは、(a)太陽の周りを回り、(b)十分な質量を持つもので、自己重力が固体に働く他の種々の力を上回って重力平衡形状(殆ど球状の形)を有し、(c)その軌道の近くでは他の天体を掃き散らして仕舞い、それだけが際立って目立つ様になった天体。

[2]太陽系の準惑星とは、(a)太陽の周りを周り、(b)十分な質量を持つもので、自己重力が固体に働く他の種々の力を上回って重力平衡形状(殆どが球状の形)を有し(注2)、(c)その軌道の近くで他の天体を掃き散らしていない天体であり、(d)衛星でない天体。

[3]太陽の周りを公転する、衛星を除く、上記以外の他の全ての天体(注3)は、太陽系内小天体と総称する。

 (注1)「惑星」とは、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の八つである
 (注2)基準ギリギリの所にある天体を「準惑星」とするか他の種別にするかを決めるIAUの手続きが、今後、制定されることになる
 (注3)これ等の天体は、小惑星、殆どの太陽系外縁天体、彗星、他の小天体を含む

【冥王星についての決議】
 IAUは更に以下の決議をする:
 「冥王星」は上記定義によって「準惑星」であり、太陽系外縁天体の新しい種族の典型例として認識する

[06]Mike Brown
 06mike_brown

––––––––––––––––––––––––[07]Mike Brown『冥王星を殺したのは私です(How I killed Pluto and Why It Hand It Coming)』2012年05月刊
 07mike_brownhow_i_killed_pluto_and_

[08]太陽系天体の分類一覧図~Newton別冊「みるみる理解できる太陽と惑星(新訂版)2009年07月刊」
 08

––––––––––––––––––––––––[09]同上~準惑星《冥王星型天体》
 09

【小生comment】
 弟10惑星の発見者になってもおかしくないMike Brown自らが、「ジーナ(=エリス)と冥王星は惑星ではない」と理路整然と主張し、「冥王星」を惑星の座から引き摺り下ろした、
 新惑星の発見者となる栄誉を捨てても真理を主張するという、Mike Brownの科学者としての良心に敬意を評したい。
 本書を読んで、小生初めて「冥王星」が惑星から準惑星に降格した理由が解ったのである。
 人間、幾つになって新しい発見がある。
「えっ、冥王星が準惑星になった話って6年も前のことを今頃知ったの? 遅いねぇ!」
「はいっ、小生の不勉強を平にお赦し下さい!」 m(_ _)m

【後記】「惑星」で今日は川柳が一句浮かびました‥

 冥王星 惑わす星の 座を降りぬ  悟空

 では、また‥。(了)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ