« 【時習26回3-7の会 0501】~「時習26回生卒業40周年記念懇親会に向けて~第2回『案内状』response状況〔05月31日現在〕」「05月24日:国宝 茶室『如庵』を訪ねて」「05月24日:メナード美術館『シャガール版画展』を見て」「05月28日:松坂屋美術館〔日展 日本画部 春季展『第49回 日春展』〕を見て」「05月28日:愛知県芸術劇場concert hall『Maxim Vengerov指揮&violin/Polish Chamber Orchestra』演奏会を聴いて」「澤田秀雄著『運 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0503】~「時習26回生卒業40周年記念『懇親会in京都2014』開催報告〔その1〕 »

2014年6月 6日 (金)

【時習26回3-7の会 0502】~「時習26回生卒業40周年記念懇親会に向けて~第2回『案内状』response状況=最終版=〔06月06日現在〕」「06月01日:ライフポート豊橋『豊橋交響楽団 第114回定期演奏会』を聴いて」「06月03日:古川美術館『The 美人画』展を見て」「06月03日:電気文化会館 the concert hall『ラ・プティット・バンド(La Petite Bande)/original楽器で聴くBach』を聴いて」

■皆さん、お元気ですか?
 今泉悟です。【時習26回3-7の会0502】をお届けします。

 愈々明日「卒業40周年記念懇親会 in 京都2014」の開宴です。
 京都へのaccessは、水藤T詳君【3-6】の車で、榊原T君【3-1】、林K恭子さん【3-7】と小生の4人一緒に出かけます。
 この4人は、今回の豊橋支部幹事会membersで、3つのoptional催事に全てに参加する仲間です。
 A:初日tour「金閣寺」「龍安寺」course、B:二次会「ミュンヘン」、C:二日目tour「東福寺」「光明院」「伏見稲荷大社」「伏見の酒蔵」courseを同道します。

 明朝06時05分に水藤君が車で迎えに来てくれて、林さん→榊原君の順にpick up。
 今回は、水藤君の希望により豊川ICに入る前に故・山田裕則君【3-1】の墓参をします。
 山田裕則君とは、高校時代、旧【1-4】で水藤君・林さん・小生が、旧【2-8】でも水藤君と小生がclassmateで親しい仲でした。
 東名→名神高→京都東ICで降り、09時半過ぎには「鶴清」に到着予定です。
 そして、10時45分「鶴清」を出発、京阪本線「清水五条」駅から2駅(@150円)「三条」へ。其処から徒歩2分でbus terminal「三条京阪」へ。
 11時15分「三条京阪」発 京都市bus〔59系統@230円〕に乗車→11時51分「金閣寺前」着→徒歩4分(343m)→12時00分「権田呂 金閣寺店」にて〔昼食〕
 12時50分「権田呂金閣寺店」発→徒歩4分→12時55分「鹿苑寺 金閣」(拝観料@400円)14時05分発→京都市bus〔59系統@230円〕→
 14時10分「龍安寺前」着→(拝観料@500円)→15時06分「両案j前」発→京都市bus〔59系統@230円〕→15時45分「四条河原町」着→
 16時00分「鶴清」着‥→17時00分「受付」‥→18時00分「懇親会」開宴
 
 以上の様な段取りで懇親会が始まります。
 懇親会以降の模様は、次号《会報》にてご報告します。お楽しみに!
 今日06月06日現在確認出来ている参加者の状況はご覧の通りです〔詳細は添付資料「参加状況確定20140606」ご参照〕。
 ・A:初日optional tour ‥10人
 ・「懇親会」‥98人
 ※ 懇親会の華は、「舞妓2人・芸妓2人・地方(ぢがた)1人」の5人を招聘 ※
 ・B二次会「ミュンヘン」‥60人
 ・C二日目optional tour ‥45人

■さて、次の話題である。ライフポート豊橋にて06月01日午後14時開演の『豊橋交響楽団 第114回定期演奏会』を聴いて来たのでその模様をお伝えします。
 時習26回生の同期生で、旧【1-4】のclassmateであった安形S二君【3-1】から本演奏会のticketを2枚頂戴した。
 其処で、中嶋Y行君【3-2】を誘い、演奏会を聴いた。
 曲目は以下の3曲

1. Tchaikovsky / スラブ行進曲(Slavonic March) Op.31
2. Tchaikovsky / Piano Concerto No.1 in B flat-minor Op.23
3. Dvorak / Symphony No.7 in d minor Op.70

 指揮者は、1曲目のSlavonic Marchが豊響concert master渡邉浩司氏、2&3曲目が下谷剛嗣氏。
 TchaikovskyのPiano Concertoのsoloistは、神永睦子氏。
 彼女は、programの「紹介」に‥「洗足学園音楽大学ピアノ専攻、同大学院を2008年首席で卒業。2010年、伊・ペスカ―ラ音楽院卒業‥」とあった。
 関係者に拠ると、師の市野あゆみ氏の推薦で今回の演奏会に独奏者として出演。
 間近に彼女の演奏を聴いたが、力強いなかなかの名演奏であった。
 今回の定期演奏会は3曲共に著名な曲であり、演奏もなかなか良かった。

[01]本演奏会program
 01program

[02]Piano独奏 神永睦子 氏
 02piano

■一昨々日06月03日、仕事で名古屋出張した折、仕事を終えたあと、池下にある古川美術館と伏見にある電気文化会館 ザ・コンサートホールに立ち寄った。
 先ず、古川美術館で現在開催中の『The 美人画』展からご紹介したい。

「美人画」に表現された女性の美しさには、画家達の個性が宿る‥と、本展leafletの解説にあったが、正にその通りである。
 本展では、古川美術館所蔵品から、美人画を確立した上村松園と鏑木清方に、伊東深水、伊藤小坡の4巨匠をはじめ近現代の日本画家に拠る美人画37点が展示されていた。
 今日はその中から、幾つかをご紹介したい。

[03]本展leaflet
 03leaflet

[04]伊東深水(1898-1972)『香衣』1927年
 04189819721927
 
[05]上村松園(1875-1949)『紅葉狩』
 0518751949

[06]伊藤小坡(1877-1968)『浴後美人』1940年頃
 06187719681940

[07]梶原緋佐子(1896-1988)『清香』
 0718961988

[08]寺島紫明(1892-1975)『舞妓』1965年
 08189219751965

[09]森田曠平(1916-94)『立美人』1973年
 091916941973

[10]松田文子(1927- )『夏』1947年
 101927_1947

【小生comment】
 上述の日本画の美人画家4巨匠以外では、梶原緋佐子と寺島紫明の作品が気に入った。

■古川美術館を後にして次に向かったのが、明後日訪問する京都ではなく、名古屋市内の「伏見」にある電気文化会館 ザ・コンサートホールである。
 シギスヴァルト・クイケン(Sigiswald Kuijken)が音楽監督を務める『ラ・プティット・バンド(La Petite Bande)/original楽器で聴くBach』を聴く為である。
 曲目は、J. S. Bach作曲の管弦楽組曲 全4曲とブランデンブルク協奏曲第5番。
 以下の順番で演奏された。

[11]本演奏会leafet
 11leafet

1. Orchestral Suite No.1 in C Major, BWV1066〔演奏者数:7人〕
2. Brandenburg Concerto No.5 in D Major, BWV1050〔同:9人〕
3. Orchestral Suite No.3 in D Major, BWV1068〔同:14人〕
4. Orchestral Suite No.2 in b minor, BWV1067〔同:6人〕
5. Orchestral Suite No.4 in D Major, BWV1069〔同:16人〕

【小生comment】
 本演奏会は、baroque音楽を演奏された時代その儘に、古楽器を使用して演奏するラ・プティット・バンドに拠る演奏会。
 ベルギー生まれのシギスヴァルト・クイケン(1944- )と、二年前に亡くなったcembalo奏者の泰斗グスタフ・レオンハルト(1928-2012)に拠り、1972年に結成されたbaroque orchestra。名称と構成は、ルイ14世時代の宮廷音楽家リュリのorchestraに因んでいる。
 1993年初来日。
 今回の演奏は、奏でる古楽器の音色が際立つ様に、演奏者の極小化していた。
 上記演奏曲目の夫々の末尾に〔演奏者数〕を記した。
 1曲目の第1番は7人〔七重奏曲〕、有名な第2番に至っては6人〔六重奏曲〕とこ締(ぢんま)り構成。
 極めて小規模だが、Bachが生きていた時代は、恐らくこんな風に演奏されていたんだなぁ‥と直観した。
 何となれば、当時の管弦楽団は、王侯貴族が個人的雇っていた楽士達の集団であった為、資金力から言っても然程大きいものは少なかったことは想像に難くない。
 本演奏会は、芳しい香りが漂って来る様な大変上品で上質な演奏会であった。

【後記】「懇親会in京都2014」への心境を拙句にしてみました。

【詞書】明日と明後日は、京都五条の鴨川で40年前の青春時代に暫しtime slip!(^-')b♪

 薫風や 鴨川河畔に 「青春(はる)」来たる  悟空

 では、また‥。(了)

« 【時習26回3-7の会 0501】~「時習26回生卒業40周年記念懇親会に向けて~第2回『案内状』response状況〔05月31日現在〕」「05月24日:国宝 茶室『如庵』を訪ねて」「05月24日:メナード美術館『シャガール版画展』を見て」「05月28日:松坂屋美術館〔日展 日本画部 春季展『第49回 日春展』〕を見て」「05月28日:愛知県芸術劇場concert hall『Maxim Vengerov指揮&violin/Polish Chamber Orchestra』演奏会を聴いて」「澤田秀雄著『運 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0503】~「時習26回生卒業40周年記念『懇親会in京都2014』開催報告〔その1〕 »

コメント

 まったく部外者の者です。
 突然の書き込み、お許しください。

 わたくしは、一宮東部小学校で、山田裕則先生に2年間担任をしていただいた者です。
 豊川市内で教員をしているので、山田先生がお亡くなりになった時にはお通夜にも行って参りました。

 そのとき、山田家墓所の場所を確認してこなかったので、現在、お墓参りに行けないのです。

 ご遺族の方に連絡申し上げて場所を聞こうかとも思ったのですが、ひょっとして悲しい思い出を蘇らせてしまうのではと懸念され、果たせずにいます。

 もしよろしければ、山田家墓所の場所など、教えていただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【時習26回3-7の会 0501】~「時習26回生卒業40周年記念懇親会に向けて~第2回『案内状』response状況〔05月31日現在〕」「05月24日:国宝 茶室『如庵』を訪ねて」「05月24日:メナード美術館『シャガール版画展』を見て」「05月28日:松坂屋美術館〔日展 日本画部 春季展『第49回 日春展』〕を見て」「05月28日:愛知県芸術劇場concert hall『Maxim Vengerov指揮&violin/Polish Chamber Orchestra』演奏会を聴いて」「澤田秀雄著『運 | トップページ | 【時習26回3-7の会 0503】~「時習26回生卒業40周年記念『懇親会in京都2014』開催報告〔その1〕 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近の記事

05【時習26回3-7の会】【2008年8月16日】《クラス会》於:ブラウンズ&トライ・アゲイン

  • Dsc_0217
    ■2008年8月16日【時習26回3-7の会】《クラス会》を豊橋市内にある『ブラウンズ(一次会)』と『トライアゲイン(二次会)』にて開催しました。T三先生をはじめ全国から15名が集い大変楽しい5時間を過ごしました。 ■名残惜しいなか、23時すぎ、来年の再会を誓って散会しました。

101【2007年6月2~3日】■「千手院」でお会いした皆さんへ←clickでalbumへ

  • Cimg1428
    ■朝護孫子寺にて撮影した写真のほとんとを追加しました。ご高覧下さい。 ■2007年6月2~3日、「賢人会」のmember谷山・中嶋両氏と大和七福神・八宝廻りをしました。 ■七福神の一つ毘沙門天を祭る「信貴山朝護孫子寺」の宿坊【千手院】で一泊。 ■そこで、ご一緒した皆さんとの楽しかったひとときをアルバムにしました・・。      * * * ■瀬尾君、浅田さんとそのお供達の皆さんへ、「感想をお聞かせ」頂ければ幸甚です。 ▼『【時習26回3-7の会】のブログ画面』の【左上欄外】の「メール送信」を左clickして頂くと、今泉宛のmail address ~ < si886@nifty.com > ~ が開きます。 どうぞ、ご気軽に感想をmailにてお知らせください。 ▲【2637の会】のURL・・・  → URL: http://jishu2637.cocolog-nifty.com/blog

最近のコメント

無料ブログはココログ